« 中小企業の資金調達と診断士に期待される役割(No.3864) | トップページ | 「『日本の普遍性』を問う」(No.3866) »

2016年3月25日 (金)

留学生を活かして、大阪をグローバルに活性化(No.3865)

成27年度明誠舎早春セミナー

時間:3月25日(金)18:30~20:00

場所:産業創造館5F研修室

演題:「留学生を活かして、大阪をグローバルに活性化しよう」

講師: 長谷川 恵一先生   エール学園理事長
              心学明誠舎副理事長

内容:①日本に滞在する外国人212万人(2014年)
    留学ビザ18.4万人(2014年)中国、ベトナム、ネパールの順。
    ベトナム留学生の新規入国者数は増加している
    ・2011年:1864人、2012年:4372人、2013年:14098人、2014年:14862人
    多くの日系企業のベトナムへの進出も留学をあと押し。
   ②外国人との共生社会づくりが両国の発展に寄与する。
   ③「自利利他」「先義後利」「先もたち我もたつ」「つくす自分」の理念をボランティア活動で理解することによって、社会貢献を実感させる。

■関連WEB:エール学園
■関連WEB:『大阪を留学生パラダイスに』 エール学園 長谷川恵一理事長20160325

|

« 中小企業の資金調達と診断士に期待される役割(No.3864) | トップページ | 「『日本の普遍性』を問う」(No.3866) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。