« アイルランドフェスティバルin大阪2016(No.3856) | トップページ | 中小企業がECで中国を攻める理由(No.3858) »

2016年3月17日 (木)

事業戦略策定支援(No.3857)

◆◆◇桑蓬会 3月の研究会 第358回
日 時:3月18日(木)18.30~20.30
テーマ:「企業調査(価値算定)----デューデリジェンスの限界とコンサルティングの可能性」
講 師:南井 保利 氏  

■内容
1)デューデリジェンスは不動産投資やM&Aの際に企業の資産価値を適正に 評価する手続き、企業の収益性やリスクなどを総合的かつ詳細に調査して その価値を査定することです。
2)株価算定のやり方
 ①修正純資産法
 ②DCF法
 ③類似企業(上場会社)比準法
3)M&Aの流れ
 ①交渉(第1フェーズ)
   ↓
  LOI(趣意書)締結
 ②DD(デューデリジェンス)実施
   ↓
 ③最終交渉(第2フェーズ)
   ↓
  Contract(契約書)締結
4)経験しがたい貴重な事業戦略策定支援の問題を提起していただきました。

■大商の「中小規模事業者のためのマイナンバーの集め方と管理セミナー」では紙の管理がお勧めだった。
■関連WEB:SATO社会保険労務士法人
■関連WEB:マイナンバーキッド販売開始(SATO社会保険労務士法人)
20160318_9


20160318_3


20160318_2


20160318_6


20160318_7

|

« アイルランドフェスティバルin大阪2016(No.3856) | トップページ | 中小企業がECで中国を攻める理由(No.3858) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。