« 「『日本の普遍性』を問う」(No.3866) | トップページ | ライン河、モーゼル河の船旅(No.3868) »

2016年3月27日 (日)

TPP時代に勝てる 農産物ジャパン(No.3867)

日経ビジネスの最新号・2016年3月28日号の特集は下記です。

特集 発表! TPP時代に勝てる 農産物ジャパン

発表! TPP時代に勝てる 
農産物ジャパン(028p)

●PART1.
日本農業は物凄く伸びしろがある(030p)
 [自民党農林部会長]小泉 進次郎氏

●PART2.
今夜の接待の薀蓄にも使える 
発表! 世界と戦う 「農産物ジャパン」 農産物ジャパン
あまおう、松阪牛、常呂産ホタテ貝、サンふじ、十勝産チーズ、 「獺祭」 (036p)
十勝川西の長いも、九条ねぎ、さらさらゴールド、気仙沼のサンマ、魚沼産コシヒカリ(043p)

●PART3.
海外攻略、国内堅守へのカギ 
勝つために必要な 「10の戦術」(044p)
【海外市場をどう守る】
・現地生産の推進、ICT活用も
・輸送費を削減、地域連携も有効
・高付加価値化進め、価格競争と一線
・市場ニーズに即した商品展開
・国、地方、農協もスクラム
・販路開拓、ブランド化に企業の知恵

【国内市場をどう守る】(048p)
・大規模化で生産コストを削減
・販路を複数に
・生産現場の人手確保
・企業の参入障壁引き下げ

●PART4.
日本の農業は まだ本気出してないだけ(050p)Fullsizerender

|

« 「『日本の普遍性』を問う」(No.3866) | トップページ | ライン河、モーゼル河の船旅(No.3868) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。