« 事業戦略策定支援(No.3857) | トップページ | 江戸時代の朝鮮通信使(No.3859) »

2016年3月18日 (金)

中小企業がECで中国を攻める理由(No.3858)

日経ビジネス3.21号の特集は「100兆円市場、中国にはネットで売れ!」です。
▼PART1:世界のトップブランドが殺到
▼PART2:必要なのはトップの覚悟
”3つの壁”に腐心、日本も戦略転換へ
生産の壁、販路の壁、組織の壁
▼中小企業がECで中国を攻める理由
ヒト・モノ・カネのリソースが乏しく、これまで中国を攻めあぐねていた中小企業にとっては、ECは未開の巨大市場を開拓する突破口になり得る。そのポイントは、「高速物流」「確実な資金回収」「販路見える化」の3つだ。
▼PART3:ECをアジア戦略の本丸に
中国で起きているECの急拡大は、新たなグローバル競争の幕開けであり、それは中国だけにとどまらない。世界の消費者からの日本ブランドへの関心をテコに、今こそECを経営の柱として位置付けるときだ。
■多額の投資や拠点設置を伴わずに日本に居ながらにして海外の消費者や企業と直接取引でき、中小企業が海外展開を図るにあたって有効な手段です。20160321


20160321_2

|

« 事業戦略策定支援(No.3857) | トップページ | 江戸時代の朝鮮通信使(No.3859) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。