« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月30日 (土)

大河ドラマ「真田丸」片桐且元役(No.3902)

大河ドラマ「真田丸」の舞台 ~大阪城ファミリーフェスティバル2016~

日 時:4月30日(土)14.00--14.40

場  所:天守閣前・本丸広場

ゲスト:俳優・小林隆さん(大河ドラマ「真田丸」片桐且元役)

    大阪城天守閣館長・北川央さん

▼大河ドラマ「真田丸」に片桐且元役でご出演の俳優・小林隆さんをお迎えし、大坂の陣勃発のキーマンである片桐且元の人物像やドラマへの意気込み、撮影秘話などについて、大阪城天守閣館長・北川央さんとのトークでした。
▼豊臣家重臣。 石田三成や大谷吉継と並ぶ、豊臣政権の中枢を支える官僚。 秀吉の死後,対徳川の交渉役となるが、 家康の圧力を苦しむことに。

2016043022



| | コメント (0)

2016年4月29日 (金)

アイルランドフェスティバルin Osaka 2016(No.3901)

アイルランドフェスティバルin Osaka 2016
天候に恵まれ、良かった!! 
アイルランドのエールビールのキルケニー(Killkenny)と
マーフィーズ(Murphey's)飲みやすく美味しい。
2009年のアイルランドの旅では、お世話になりました。20160429in_osaka_201620160429


20160429_2

| | コメント (0)

2016年4月28日 (木)

小規模製造業の課題は(No.3900)

大阪府中小企業診断士協会 技術向上研究会の4月例会は チリのサンティアゴから三輪会員がネット参加。世界は狭いですね。
▼「販路開拓・マーケティング、事業計画」が小規模製造業の課題。20160428


20160428_2

| | コメント (0)

最近の大阪経済の動向(No.3899)

 「平成28年度第1回大阪府・大阪市経済動向報告会」に参加しました。

【日 時】 平成28年4月28日(木) 午後1時30分~4時35分
【場 所】 大阪産業創造館 4階 イベントホール

【内 容】 第1部(午後1時30分~2時50分)
               『最近の大阪経済の動向』
      

      第2部(午後3時00分~3時30分)
       『インターンシップ等、大学との連携による人材育成に
        関する調査』

      第3部(午後3時35分~4時35分)
       『国内繊維産地の活性化戦略に関する調査』
       『小規模製造業の課題と公的支援策の活用に関する調査』                                     

       『商業集積と地域の連携事例』
       『人口減少社会における地域ブランド戦略について』

■最近の大阪経済の動向は「回復が減速した大阪経済、まだら模様の緩やかな回復」。20160428

| | コメント (0)

2016年4月27日 (水)

「関西から世界へ――大阪・関西の日本における立ち位置――」(No.3898)

関西大学 3研究所(東西学術研究所、経済・政治研究所、法学研究所)合同シンポジウム開催のご案内

 

2016年04月25日

東西学術研究所、経済・政治研究所、法学研究所では下記のとおり平成28年度3研究所合同シンポジウムを開催します。

日 時:平成28年5月20日(金)13:20~18:05

場 所:関西大学千里山キャンパス尚文館1階マルチメディアAV大教室

テーマ:「関西から世界へ――大阪・関西の日本における立ち位置――」

司会 高瀬武典(経済・政治研究所長、社会学部教授)

13:20~13:30 開会挨拶 吉田栄司(関西大学副学長)

●基調講演

13:30~14:30 「関西の世界一~スーパーコンピュータ「京」とはなにもの? 」

 井上 愛一郎(理化学研究所 計算科学研究機構 統括役)

●講  演

14:40~15:20 「世界都市・大阪の可能性 ― 大阪都(大阪市廃止)構想を超えて」

 村上 弘(立命館大学法学部教授)

15:20~16:00 「大阪における自娯の精神~文人意識の再評価をもとに~ 」

 明尾圭造(大阪商業大学准教授兼主席学芸員)

16:00~16:40 「近代関西の都市社会~国際性・先進性の再評価 」

 永井良和(関西大学社会学部教授)

16:50~18:00  総合討論

18:00~18:05   閉会挨拶 岡本哲和(法学研究所長、政策創造学部教授)

160408 合同シンポジウムポスター.pdf

●聴講自由 多数のご来場を歓迎いたします。

●問合せ先 関西大学研究所事務グループ

〒564-8680 吹田市山手町3-3-35

TEL:06-6368-1179/ FAX:06-6339-7721

E-mail:kenkyusho@ml.kandai.jp

主催:東西学術研究所、経済・政治研究所、法学研究所

| | コメント (0)

2016年4月26日 (火)

エレベーターリニューアル工事の検討(No.3897)

午後7時から第4回エレベーターリニューアル検討員会を開催、7人の委員が出席し、9社の見積書が揃ったので検討しました。
▼28日に,もう1社が提出される予定。▼本日は今回の「工事内容」を検討し決定しました。

■26日の新聞記事から
▼クラウドファンディング、昨年523億円、ネット小口融資広がる。
▼不適正検査90年代から、三菱自、数十車種が対象か

■三菱自動車は以前2度にわたって組織的なリコール隠しが明るみに出て、消費者の反発で経営危機に陥った経緯がある。それに懲りずに、新たな不正が発覚し、三菱自の企業体質に深刻な疑問が突きつけられた。(途中省略--)日本の自動車産業全体にとっても今回の不正はマイナスだ。昨年は独フォルクスワーゲンのディーゼル不正が話題になったが、三菱自の不正発覚で「日本車はまじめで信頼できる」というブランドイメージが傷つかないか心配だ(日経、4月22日社説)。▼五輪周期の三菱自の不正、VW並みの悪質さ(日経ビジネス4月22日)

| | コメント (0)

2016年4月25日 (月)

IoTが変える世界 勝機はセンサーにあり(No.3896)

日経ビジネス2016年4月25日号は

【シリーズ】「IoTが変える世界 勝機はセンサーにあり」を特集しています。

実社会の様々な情報を測定し、収集する「センサー」。全てのモノがインターネットにつながる「IoT時代」は、センサーがもたらすデータ抜きには成立しない。データが価値を生み、経済を動かす原動力になる。シリーズ特集「IoTが変える世界」の第1弾は、虎視眈々と勝機を狙う企業の最前線に迫る。

▼PART1.「1兆個」センサー時代
    千差万別の新ビジネス     p.26

▼COLUMN あなたならどう使う?
     最新 ”変わり種”センサー p.31

▼PART2.センサービジネスにこそ生きる
    日本製造業の「特技」     p.32 

▼PART3.投資額は1000分の1に低減
    業界地図を塗り替える刺客   p.38  

▼PART4.トリリオンセンサー時代の勝ち方
    「ドル箱」はすぐそこにある  p.42

20160425
  

| | コメント (0)

2016年4月24日 (日)

100km,70km完破、大阪ウルトラマラニック(No.3895)

第8回 大阪ウルトラマラニック
▼4月新緑の大阪城極楽橋を6.30スタート。
▼944人が参加。
▼コースは大川、淀川河川敷、枚方大橋。
▼エイドは約5kmごとに1箇所、全部で約21回あります。
たこ焼き、ミックスジュース、おにぎり、カレー、うどん、羊羹、煎餅
▼100km,70km完破、お疲れ様です!!
▼スタートから10時間です!
 まだ元気にゴールされています!
▼関連WEB:第8回 大阪ウルトラマラニック
▼関連WEB:銭湯情報「疲れきったカラダには、やっぱりお風呂とビールですかね~?! 20160424_1


20160424f_1

| | コメント (0)

2016年4月23日 (土)

家族会で高槻に集まった(No.3894)

家族会で高槻に集まった。▼長女が自慢の料理でもてなしてくれた。自家製の燻製品がいろいろと出て、美味しかった。中でもゆで卵の燻製が割と好評であった。▼私が77歳になったことでもあり、最後の時の過剰な延命治療は不要であることを告げておいた。▼それをきっかけに、お葬式の話、お墓の話など、日ごろ疑問に思っても、聞く機会のなかった事柄について、皆の率直な会話があったのは良かった。20160423


20160423_2

| | コメント (0)

2016年4月22日 (金)

フォードのもの作りの思想と原理(No.3893)

坂本清 (著) 「フォードシステムともの作りの原理
2016年4月15日刊行
2,052円(税込価格)
四六判 208頁
学文社


ヘンリー・フォードが構築した生産システムであるフォードシステムを以下の三つの基本命題にそって論じていく。
「何のために作るのか、誰のために作るのか」「何を作るのか、どのようにして作るのか」「どこで作るのか、誰が作るのか」
フォードのもの作りの思想と原理を、現代の企業経営、もの作りのあり方に投射したときに何が見えてくるのか、何が問題となるのか、そのヒントを提供する1冊。
▼3つの基本命題、社会機能体と市場機能体、フォード資源循環論、ヘンリー・フォードの一世紀先をも見通す洞察力、その先見性を実現する決断・実行力する経営者としての能力、非常に興味深い内容と読みやすい文章、その素晴らしいお力がこうして一冊の形となったことに敬意を表すると共に改めましてお喜び申し上げます。
この書物に書かれた内容を常に心に留め日々読み返し、己を高めるための手引きとして愛読させて頂きたいと存じます。

■目次

▼第一章 フォーディズムと企業の社会的責任論
 一 現代企業経営と社会的責任
 二 企業目的と社会的責任および経営者倫理
 三 フォーディズムと社会的目的論・社会的責任論
  ⒧ フォーディズム形成の背景
  ⑵ フォーディズムの根本思想
  ⑶ フォードの経済思想
  ⑷ フォードの企業観
  ⑸ 企業目的論・社会的責任論
 四 フォード社会的責任論の歴史的意義

▼第二章 フォードシステムと生産原理の革新
 一 フォードシステムと大量生産体制
 二 先行研究とフォードシステム研究の意義
 三 フォードシステム形成の論理
  ⒧ フォードシステムの目的
  ⑵ T型フォードの製品競争力
  ⑶ フォードシステムの論理
  ⑷ コスト削減の理念と事例
 四 フォードシステムと生産原理の革新
  ⒧ フォードシステムの展開 
  ⑵ フォードシステムのシステム原理
 五 熟練・分業の機能とフォードシステム
  ⒧ 熟練の機能と分業の機能
  ⑵ テイラーシステムと熟練の機能の科学化 
  ⑶ フォードシステムと分業の機能の科学化
 六 フォードシステムの歴史的意義

▼第三章 フォードシステムと資源循環論
 一 大量生産体制のパラドックス
 二 資源循環の意義
  ⒧ もの作りとは何か
  ⑵ 資源循環の意義
 三 フォードシステムと資源循環論
  ⒧ 資源循環の諸事例
  ⑵ フォード資源循環論の意義

▼第四章 戦後日本のもの作りとフォードシステム
 一 戦後経済の再編とフォーディズム 
 二 フォーディズムと日本的経営
 三 フォードシステムとトヨタシステム 
  ⒧ トヨタシステムの原点
  ⑵ 大野耐一によるフォードシステムの「先見性」評価  
  ⑶ トヨタシステムと生産原理の革新
 四 おわりに

あとがき

■関連WEB:フォードシステムともの作りの原理20160420

| | コメント (0)

2016年4月21日 (木)

中小企業と国際標準化の動きについて(No.3892)

桑蓬会第359回例会

1.日時 4月21日(木)18.30--20.30

2.場所 エルおおさか 608号室

3.講師 加藤慎祐 さん

4. 議題 『中小企業と国際標準化の動きについて』

5. 内容
本来、中小企業には直接関係なかった国際標準化への取組みについて、経産省の後押しにより、参画できる制度ができたことのご紹介。
国際会議メンバーとして活躍された舞台裏のお話もお聞きでき、活発な意見交換で貴重な勉強ができありがとうございました。

1)国際標準化とは

2)新市場創造型標準化制度について

3)質疑応答
 
 成長戦略と国際標準化、特許制度と国際標準化など、

20160421


201604211


201604212


20160421_1


20160421_2

| | コメント (0)

2016年4月20日 (水)

平和・愛・共存を求めるイスラームのもうひとつの顔(No.3891)

京都大学春秋講義「宗教と平和」の3回目のテーマは

「平和・愛・共存を求める
 イスラームのもうひとつの顔」

今日の講義のねらいは

1)過激派でないイスラームの姿を知っていただく

2)日本人の宗教感にもっとも近いスーフィズムをしっていただく

▼スーフィズムとは
スーフィズムの語源=スーフィー(元来羊毛[スーフ]の粗衣を着て
修行に励んだ清貧な修行者)+ イズム

→スーフィズム=清貧に甘んじ、心の浄化を目指す修行者たちの営為20160420_3


20160420

| | コメント (0)

2016年4月19日 (火)

ノルディックウォーキングの効果(No.3890)

ノルディックウォーキング体験会に参加しました。

■ノルディックウォーキングとは
 膝や腰にも負担が少なく、かつ効果的な有酸素運動として世界中から今、注目を集めるポールを使った簡単なウォーキング。

■ノルディックウォーキングの効果

1)正しい歩行姿勢に!

2)90%の筋肉を使う全身運動!

3)誰でも簡単に楽しめる!

4)リハビリやシエイプアップに!

◆関連WEB:日本ノルディックウォーキング協会

201604191


201604192



| | コメント (0)

2016年4月18日 (月)

脳を若々しく保つには好奇心をもつこと(No.3889)

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから「プラスαの魅力」をいただきました。いつもありがとうございます。 言葉の花束「3524.15.doc」をダウンロードしてご覧ください.
☆脳を若々しく保つには好奇心をもつこと――「ほら、あれだよ、あれ」がなくなる本(徳間書店)茂木健一郎 20160418

| | コメント (0)

2016年4月17日 (日)

夏目漱石の伝言(No.3888)

没後 100年記念「夏目漱石の伝言」

■日時:4月17日(日)13.30~15.30

■場所:よみうり天満橋文科センター

■講演:林 和清氏 現代歌人協会会員
    
    漱石の生涯と作品をわかりやすく解説

■朗読:辻 ひろ子 フリーアナウンサー

    「夢十夜」「坊ちゃん」「吾輩は猫である」「こころ」「明暗」「草枕」などの名場面を朗読で紹介。

■内容
数々の名作文学を残し、日本文化の近代化を推し進めた天才作家・夏目漱石。その生涯は、不幸な幼少期や苦難の留学生活など波乱に満ちたものでした。そこからいかにして「坊ちゃん」「吾輩は猫である」「こころ」の傑作を書き上げたのか。漱石の生涯を講演と朗読で再現します。記念の年に、漱石が日本人に残した伝言を紐解いてみませんか。
夏目漱石は近代化していく日本の中で,どのように自我(じが)を持ったらいいのかという問題に正面から取り組んだ。この問題は現代の私たちにもあてはまる。

■NHK土曜ドラマ「夏目漱石の妻」
 2016年9月下旬放送スタート<連続4回>
▼夏目漱石の作品は人々に愛されているが、実はその多くは、妻・鏡子との夫婦生活を下敷きに描かれている。▼頭脳明晰で几帳面、しかしとんでもなく気難し屋の漱石。▼一方、大らかで、自分の考えをすぐ口にする鏡子。▼正反対の二人は、時にぶつかり合い、時に支え合いながらも、やがて、かけがえのない家庭を築いていく。▼明治という激動の時代を駆け抜け、夫婦として成長していく二人の姿を、妻・鏡子の視点から、生き生きとユーモアを交えながら描くエンターテイメント・ホームドラマ。20160417


20160417er


20160417_2

| | コメント (0)

2016年4月16日 (土)

新入会員勧誘(No.3887)



マイドームおおさか2階ホールで開催の「新歓フェスタ2016」に参加しました。
昨年の参加者数279名、今回は未加入会員の入場者が昨年より少ないように感じた。
■プログラム:
▼第1部・・14:00~16:30   
   登録研究会(22)、交流会、業種別交流会、青年部等の活動紹介
▼第2部・・16:30~17:20 
   懇親会20160416_2


20160416_3

| | コメント (0)

2016年4月15日 (金)

白内障手術(No.3886)

【第6回】大手前健康講座に参加しました。

日時 2016年4月15日(金) 13:00~15.00

場所 大手前病院 6階 会議室

演題
  ・ 大手前病院での眼科手術の実際

 ・ 肝がんにならないために

 ・ 白内障手術について

年をとれば誰もがなると言われる白内障。症状が進むと水晶体を取り出して、替わりに「眼内レンズ」を入れる手術が必要になることが多い。「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」があり、長所と短所を理解して、どちらを選択するか、よく検討すること。

■関連WEB:大手前病院 眼 科白内障手術機器(インフィニティー Alcon社)
■関連WEB:三井記念病院 眼 科
■関連WEB:赤星医師の受診をご希望の皆さまへ ~よくあるご質問~20160415

| | コメント (0)

2016年4月14日 (木)

オポチュニティからクオリティへ(No.3885)

2016年度前期「夕学五十講」

楠木 建氏
「長期利益の源泉を考える:
   オポチュニティとクオリティ」

講師:一橋大学大学院国際企業戦略研究科
   楠木 建 教授

◆課題は単純:事業の「稼ぐ力」

◆オポチュニティー企業

・稼ぐ力の源泉は外部環境のオポチュニティ
 ー早く速く強い握力でデカいオポチュニティをつかむ

・本社のレベルの戦略的選択がカギ
 ー事業立地の選択とポートフォリオの組み替え

◆経済の「青春期」の主役はオポチュニティ企業

・経済成長による外部環境の追い風
 次から次へと新たな収益機会が生まれる

◆クオリティ企業

・成熟経済の主役

・稼ぐ力の源泉のシフト
 -外部環境のオポチュニティから企業が内部で
  創るクオリティへ

・事業内部の腰が据わった価値創造
 ー独自の立ち位置と戦略ストーリーの一貫性

・差別化された顧客価値
 -単なる製品・サービスの「質」ではない

◆成熟経済下にある日本企業は
「クオリティ企業」を目指すべき

◆オポチュニティからクオリティへ

 「良し悪し」から 「好き嫌い」へ

 20160414


20160414_2


20160414_3

| | コメント (0)

2016年4月13日 (水)

 「禅」-心をかたちにー(No.3884)

臨済禅師1150年
白隠禅師250年遠諱記念

 「禅」-心をかたちにー

4月12日から5月22日まで、京都国立博物館

20160411_1およそ1,500年前,菩提達磨によってインドから中国へ伝えられたとされる禅宗は、その一派である臨済宗・黄檗宗の宗祖、臨済義玄によって広がり、我が国には鎌倉時代にもたらされました。武家のみならず、天皇家や公家、さらには民衆にまで広く流布し、日本の社会と文化に大きな影響を与えました。
最近では欧米の人々の中にも「ZEN」の思想が広がっています。

■京都大学公開講座・春秋講義

「『戦争と平和』の時代とキリスト教」

講師:芦名 定道氏
   京都大学文学研究科教授

概要
 1)はじめにー「戦争と平和」の時代ー
 
 2)キリスト教と戦争

 3)日本キリスト教の事例から―内村鑑三ー

 4.むすびー平和のために宗教は何をなし得るか


20160411_2

| | コメント (0)

2016年4月12日 (火)

ISO 9001:2015改訂版への移行(No.3883)

アイソス5月号の特集は「口語訳 ISO9001:2015」です。

興味ある記事は下記です。
1)JSA主催「ISO/DIS45001開発動向説明会」
 向殿政男 国内審議委員会委員長 講演録 
 「ISO 45001開発とJIS化への期待」(P.1)

2)第4回JABマネジメントシステムシンポジウム開催
 日本適合性認定協会主催シンポジウム
 テーマは「2015年改訂に対応するマネジメントシステム構築」
 リスクへの対応/製造業のEMSへの対応/認証の価値向上を議論(P..34)

3)中小企業向け
  ISO 9001:2015改訂版への移行を
 どのように進めていくか?(P.60)201604125

■全国書店員が最も売りたい本を選ぶ「2016年本屋大賞」の発表会が12日、

東京都内で行われ、宮下奈都さんの「羊と鋼の森」(文芸春秋)が大賞に選ばれた。20160412

| | コメント (0)

2016年4月11日 (月)

「禅」-心をかたちにー (No.3882)

臨済禅師1150年
白隠禅師250年遠諱記念

 「禅」-心をかたちにー

明日・12日から京都国立博物館20160411_1


20160411_2

| | コメント (0)

2016年4月10日 (日)

京の「大仏殿」 (No.3881)

方広寺は京都市東山区にある天台宗の寺院。天正 14 (1586) 年豊臣秀吉によって創建され,木造の大仏(盧舎那仏)を安置した。慶長1 (1596) 年の大地震で倒壊,慶長7(1602)年に炎上。
慶長17(1612)年徳川家康のすすめにより,秀頼が再興したが,  慶長19(1614)年落成供養の際,鐘銘の「国家安康,君臣豊楽」の文句を徳川家康が曲解し,「家」と「康」の字を分断しているのは徳川氏への呪いの文句であるといい,大坂の陣を引起したことは有名 (鐘銘事件) 。
大仏殿の境内は,現在の方広寺・豊国神社・京都国立博物館の3か所を含む広大なもので,各種の洛中洛外図屏風に描かれています。現存する石垣から南北約260メートル,東西210メートルの規模であったと推定されています。
創建以来約400年の間に、大仏は5回潰れ大仏殿は3回倒壊。方広寺の大仏殿や大仏がまるで魔物にとりつかれているか、何者かに呪われているかのような歴史。
釣鐘は有名で、奈良の東大寺・知恩院・方広寺と日本三釣鐘(重要文化財)に指定されています。
■関連WEB:方広寺 - Wikipedia
■関連WEB:東大寺の大仏よりもはるかに大きかった方広寺大仏とその悲しき歴史
■関連WEB:都市史19「大仏殿」201604098


201604099


20160409

| | コメント (0)

2016年4月 9日 (土)

春の京都のお花見ヨガ(No.3880)

春の京都のお花見ヨガ。
秀吉ゆかりの寺「方広寺」。日本三大名鐘。
ヨガ・座禅に、さくら吹雪が舞う、鳥が鳴き、雅楽あり。
YOGA、座禅、問答法話(ご住職 X 心理カウンセラー)
ランチ(ご住職 X 今中先生による健康談議)20160409_2


20160409_1

20160409_5



20160409_4

| | コメント (0)

2016年4月 8日 (金)

造幣局「桜の通り抜け」(No.3879)

「大阪春の風物詩」、造幣局「桜の通り抜け」が始まりました。 今年の花は「牡丹(ぼたん)」です。 「牡丹」は、大島桜系の里桜で、花はふっくらした牡丹の花を思わす ような淡紅色の優雅な大輪で、花弁数は15枚程あります。 今年の桜は133品種349本です。 まだ少し早いですね。20160408_2


20160408_6


20160408


201604083

| | コメント (0)

2016年4月 7日 (木)

第362回NHK上方落語の会(No.3878)

NHK大阪放送局大阪ホールでの<公開収録>の第362回NHK上方落語の会の抽選に当たり上方落語を楽しみました。前から三番目の良い席でした。
◆出演者と演目は下記でした。
桂 そうば「十徳」、
桂 吉坊「足上がり」
桂 枝光「なにわの芝浜」
桂 楽珍「島の医者」
笑福亭鶴光「五貫裁き」20160407



 

| | コメント (0)

2016年4月 6日 (水)

仏教は平和に寄与しうるか(No.3877)

平成28年度春季講義は、「宗教と平和」をテーマです。

▼と  き:2016年4月6日(水曜日)18時30分~20時00分

▼ところ:京都大学 百周年時計台記念館 百周年記念ホール

▼テーマ:仏教は平和に寄与しうるか?ブータンの事例を中心に

▼講  師:熊谷 誠慈氏 こころの未来研究センター 特定准教授

▼内  容:1)仏教とは
     
       2)平和を仏教思想を的に考える
      
      仏教は内的平和から外的平和のベクトルまでが内在する。
      平和=外的平和 + 内的平和 + α
      仏教的な平和とは内的平和が中心。
      内的平和は本質的な解決につながる可能性がある。     

      3)ブータンの事例について

      4)展望及び総括(仏教は平和に寄与しうるか?)
      
      仏教は限定的ではあるが平和に寄与可能である。
      内的平和から外的平和ヘという流れ20160406

| | コメント (0)

2016年4月 5日 (火)

目に見えない人物の心の動き(No.3876)

日本とイタリアの国交樹立150周年を記念し、 イタリアが生んだ天才レオナルド・ダ・ヴィンチの展覧会が江戸東京博物館 1階特別展示室で 4月10日(日)まで開催されています。 目玉は、人間観察・自然研究を通じて真理に近づこうとしたレオナルドの挑戦を 油彩画「糸巻きの聖母」と直筆ノート「鳥の飛翔に関する手稿」です。 レオナルドは目に見えない魂(人物の心)の動きについて、指の動きをみて入念に研究しました。 20160406_2

| | コメント (0)

2016年4月 4日 (月)

「感謝を味わう」(No.3875)

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから「プラスαの魅力」をいただきました。
いつもありがとうございます。 言葉の花束「351.4.1.doc」をダウンロードしてご覧ください.
☆今すぐ幸せになる方法の1つ目は、「感謝を味わう」です。――「めんどうくさい」がなくなる本(フォレスト出版)鶴田豊和20160401

| | コメント (0)

2016年4月 3日 (日)

満開の桜、能「田村」観賞(No.3874)

桜まつりお茶会

日 時:4月2日(土)11.00~14.00

場 所:中大江公園東屋付近

演 目:能「田村」

演 者:能楽 観世流   山本 章弘先生
    財団法人山本能楽堂(国登録文化財指定) 代表理事

▼大阪城公園ほかの桜はが見ごろを迎え、2日は朝からマンションの有志で大阪城公園や桃園へ花見に向かった。桃も見ごろ。
▼近くの中大江公園、満開の桜の中で、能「田村」を楽しんだ。20160402_2


20160402_7


20160402_4


20160402_6

| | コメント (0)

2016年4月 2日 (土)

英国と日本、「島国同盟」のススメ(No.3873)

◆◆◇第1015回武藤記念講座
演題:「地政学と日本の大戦略」
講師:キャノングローバル戦略研究所研究主幹 宮家邦彦氏
日時:4月2日(土)13.30~15.00
場所: 大阪 國民會館 武藤記念ホール

【要 旨】:日本は将来の東アジアにおけるパラダイムシフトを如何に生き延びるか。▼そのため日本は国際情勢を如何に理解し、いかなる戦略を考えるべきか。▼中東、欧州、東アジア、朝鮮半島などの情勢を具体的に取り上げ地政学的手法でこれら世界各地の現状を分析し、適切な政策オプションを考える。 ▼英国と日本、「島国同盟」のススメで結ばれた。20160402r_7_2


20160402_5


20160402

| | コメント (0)

2016年4月 1日 (金)

株価終値 短観の悪化受け600円超下落(No.3872)

新しい年度に入って最初の取り引きとなる1日の東京株式市場は、日銀の短観で大企業の製造業の景気判断が2期ぶりの悪化となったことから全面安の展開となり、日経平均株価は一時600円を超える大幅な値下がりとなりました。
■景況感、2期ぶり悪化=中国経済の減速、円高響く―3月日銀短観
▼日銀が1日発表した3月の全国企業短期経済観測調査(短観)によると、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)は、大企業製造業がプラス6と昨年12月の前回調査を6ポイント下回り、2四半期ぶりに悪化した。▼消費税増税直後の2014年6月調査(5ポイント)を上回る下げ幅となった。▼中国をはじめとする新興国経済の減速や円高を受け、「鉄鋼」や「電気機械」、「自動車」などの輸出関連を中心に幅広い業種で企業心理が冷え込んだ。(時事通信)

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »