« コッヘム城(No.3912) | トップページ | 「ベルンカステル・クース」(No.3914) »

2016年5月10日 (火)

ルクセンブルクの国内経済は世界でもトップレベル(No.3913)

5月10日(火)
メーリング入港から8.30出発。バスで約1時間でルクセンブルグへ。
▲午前:世界遺産ルクセンブルク市内観光、憲法広場から観光スタート。
▲大公宮殿やルクセンブルグ市内で最も古い教会サン・ミッシェル教会、洞窟住居の跡である穴がたくさん開いたボックの砲台などを見学しました。
▲人口は56万人。ルクセンブルクの国内経済は世界でもトップレベル。1992年以降は、一人当たりのGDPにおいて世界首位の座を維持し続けている。一人当たりの国民総所得(GNI)では世界第4位だが、購買力平価ベースでは世界首位(2009年度現在[7])。
▲戦後にグッドイヤー、デュポン、モンサントなどを誘致したのを足がかりに、1960年代よりアルセロールに代表される鉄鋼業が経済を牽引し、経済大国の基礎を築いた。アルセールは、鉄鋼業において世界首位の売り上げを誇る巨大企業に成長することになる。▲インドに本拠地を置くミタルスチール社がアルセロールを買収(2006年)し、本社はルクセンブルグに。
▲13時帰船、昼食はルクセンブルグの伝統料理。13時30分出港
▲午後から、プロ奏者トミー・テマーソンさんによる「チター・コンサート」。映画「第三の男」のテーマ音楽ほか、優しい音色でゆったりとしたクルーズにはぴったり。
▲夕食は旬のホワイトアスパラガスのフルコース・ディナーでした。
▲20時ベルンカステル・クース停泊・船中泊です。

■関連WEB:ルクセンブルク:ウィキメディア
■関連WEB:ルクセンブルク大公国(Grand Duchy of Luxembourg)基礎データ
■関連WEB:ルクセンブルク 観光 Luxembourg City
■関連WEB:ルクセンブルク 旅行

20160510_2


20160510


20160510_3

|

« コッヘム城(No.3912) | トップページ | 「ベルンカステル・クース」(No.3914) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。