« 有機ELの破壊力(No.3933) | トップページ | 癒しホルモンのオキシトシン(No.3935) »

2016年5月31日 (火)

「消費増税の2年半先送り」(No.3934)

政府・与党は30日、安倍晋三首相が「消費増税の2年半先送り」を決断したのを受け、焦点となる財政健全化で基礎的財政収支を2020年度に黒字にする目標は維持する方針を固めた。
■民進党の岡田克也代表は不信任決議案の提出理由について「消費税率を引き上げられる経済状況にないのは、安倍晋三首相の経済失政によるものだ」と語った。岡田氏は消費増税の再延期は「2020年度の基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)の黒字化目標を放棄するということだ」と指摘した。
■一方、自民党の松本純衆院議員は「企業収益が過去最高となるなど、日本経済は着実に回復している」と語り、決議案への反対理由を示した。安倍内閣は国民から支持を得ているとも説明した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕20160522

|

« 有機ELの破壊力(No.3933) | トップページ | 癒しホルモンのオキシトシン(No.3935) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。