« 消費増税は、なぜ経済学的に正しいのか(No.3925) | トップページ | データ資本主義(No.3927) »

2016年5月23日 (月)

グローバルに動き始めたサスティナビリティの枠組み(No.3926)

環境経営学会 2016年度研究報告大会

「グローバルに動き始めたサスティナビリティの枠組み」

1.日時:2016年5月28日(土)・29日(日)9:30~17:30
2.会場:日本大学商学部砧キャンパス

■第1日目:5月28日(土)10.00~19:30
A1「カーボンプライシングに関する国際比較」
A2「環境法から見た壱番屋食品廃棄物横流し事件」
B3「ISO14001:2015年改訂の意義と活用策~BCPの導入」
▼第16回定期総会
基調講演①「グリーン金融の最新動向」
基調講演②「トヨタ環境チャレンジ2050」
AS「サプライチェーン・マネジメントへの新たなアプローチ」
▼懇親会

■第2日目:5月29日(日)10.00~16.45
D1「COP21パリ協定採択における日本の電力業界への影響考察」
D2「長期企業価値創造力を投資家に示す価値創造ストーリーAtaGlance
  ~地球環境問題における企業の責任と環境経営のあり方を踏まえて~」
D3「企業のレジエンス定量評価に関する研究」
SB1「サプライチェーンのCSRデューディリジェンス・ツールの開発」
SC1「第2世代サスティナブル経営診断を中心としたESG評価ツールの展開」

|

« 消費増税は、なぜ経済学的に正しいのか(No.3925) | トップページ | データ資本主義(No.3927) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。