« 大阪・関西の日本における立ち位置(No.3923) | トップページ | 消費増税は、なぜ経済学的に正しいのか(No.3925) »

2016年5月21日 (土)

森と山と川でたどるドイツ史(No.3924)

岩波ジュニア新書
「 森と山と川でたどるドイツ史」

「内容説明」
豊かな森、そびえ立つアルプス、縦横に流れる川―その自然を抜きにドイツという国は語れません。なぜ魔女狩りやユダヤ人迫害が起きたのか? 工業で栄えた理由や音楽が盛んな背景は? どうして名物がビール・ジャガイモ・ソーセージ? 自然を切り口に歴史をたどれば、こうした謎が解けてきます。 歴史や国民性の概観に最適!(裏表紙より)

第1章 ゲルマンの森とその支配
第2章 山と川に拠る生活
第3章 宗教改革と自然の魔力
第4章 ハプスブルク帝国からドイツ帝国へ
第5章 産業発展と山の賜物
第6章 自然崇拝の明暗
第7章 経済大国からエコ大国へ20160521

|

« 大阪・関西の日本における立ち位置(No.3923) | トップページ | 消費増税は、なぜ経済学的に正しいのか(No.3925) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。