« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月30日 (木)

チームづくり(No.3964)

大商夕学
■日時:6月30日(木)18.30--20.30
■講師:原 晋 氏
    青山学院大学陸上競技部監督
■演題:東京オリンピックに向けての陸上改革
■案内文    
並み居る強豪を抑えて箱根駅伝連覇を遂げたチームは従来の常識を覆す監督のもとで生まれた。実業団の挫折や伝説の営業マン時代の経験を生かし大きな成果を上げている原監督が選手の自主性とモチベーションの醸成方法、東京五輪に向けた社会人選手育成計画の抱負を語る(案内文より)
■話の内容
1)私のあゆみ
2)青山学院大学陸上競技部について
3)東京オリンピックに向けての挑戦
4)「無駄を学ぶ」を考える
もくじ
プロローグ
ビジネスというグラウンドには、「人と組織」を強くするノウハウが埋まっている
第1章 チームで結果を出し続ける
1 「業界の常識」を疑え
2 誰がやっても強い組織をつくりなさい
3 土壌が腐っていたら、いくらいい種でも芽が出ない
4 「目標管理ミーティング」で成長を促せ
5 コーチングの前に、ティーチングあり
6 「いちばんつらいときに明るくなれる人」がリーダーである
7 エースを育てよ、エースに頼るな
8 迷ったら「基本」に立ち返れ
9 「情報遮断で忍耐させる」のは、もはや通用しない
10 「相談してくる人」に育てよ
11 答えを出すな、出るまで待て
12 「顔つき」「しぐさ」で使う選手、使えない選手がわかる
13 怒るより、諭しなさい
14 管理職の仕事は「管理することじゃない、感じることだ」
15 常識を破れ! 「2区はエース」ではなく「3区がエース」だ
第2章
16 スカウティングのポイントは粘り勝ちできる「強さ」があること
17 能力を開花させる人材は「オーラ」を放っている
18 自分のことを自慢しなさい
19 「体育会流のいい返事」をする人間は伸びない
20 「チャラい」は最高のほめ言葉である
21 本当にとりたいなら、ビジョンを理屈と情熱で伝えろ
22 「来てください」とお願いするな 2016063047

| | コメント (0)

2016年6月29日 (水)

ICTでリードするコマツの「ダントツ経営」(No.3963)

<第1回中小企業のためのビジネス講演会>
 GPS搭載で世界中の建機稼働状況を把握!
 ICTでリードするコマツの「ダントツ経営」
◆日 時:平成28年6月29日(水)15:00~16:10
◆場 所:ナレッジキャピタル・コングレコンベンションセンター ルーム(1~3)
◆テーマ:「ICTでリードするコマツの『ダントツ経営』」
◆講 師:コマツ(株式会社小松製作所)相談役  坂根 正弘氏
■ダントツの極意は、何かを断念すること。
■「コマツでないと困る度合い」をどう高めるか。
■ダントツの強みを磨け,「IoT」でコマツが変わる! 
コムトラックスの標準装備で「機械の見える化」を実現したコマツが、無人ダンプトラックに続き、ドローン、ICT建機で「施工の見える化」に挑む! さらなる競争力の向上とビジネスモデルの変革を目指す、ダントツ経営の原点を語る。
<目次>
【序章】 ダントツの強みを磨け
【第1章】 ICTで進化する製造業
【第2章】 ピンチをチャンスに
【第3章】 日本企業の強さと弱さ
【第4章】 稼ぐ力を取り戻せ
【第5章】 生い立ち
【第6章】 コマツの教訓とこれからの日本
■経営も行政も改革の出発点は見える化です。人は物事の状況が見える化されると自ら動き出すものです。
1)経営とは、限られた経営資源いかに有効に使って顧客価値を高め、その成果として継続的に収益を生み出し、それをバランスよくステークホルダーに分配するかである。
2)経営資源の強みを磨くことに集中して、過度な「自前主義」と無難な「平均点主義」から脱却し,ダントツを目指すこと。
3)コマツという北陸出身の企業がいかにグローバル化の道を歩んできたかを通してみると,まさにコマツがこの国の縮図であることがわかる。20160629Fullsizerender_1

| | コメント (0)

2016年6月28日 (火)

スクワット(No.3962)

20160628 雨の朝、大阪城へ、50人(?)、少ないですが、6.30を待ち切れず、雨の中で体操が始まっています。10.30からノルディック・ウオーキングの講習へ。
■本日の歩数は19816歩。
■スクワットのやりかた
1)まっすぐに立ち,肩幅に足を開きましょう。
2)両手を前に突き出し、膝を曲げて腰を落としましょう。
3)太ももが床と平行になるところまで下ろしたら、数秒その態勢をキープする。
4) 3秒~5秒ほどキープしたら,腰を上げて元の態勢に戻しましよう。
5)これを,10回をセットほど行いましょう。
■関連WEB:スクワット

| | コメント (0)

2016年6月27日 (月)

設計・開発の記録(No.3961)

SO9001:2015の設計・開発の記録のことを話し合った。
▼8.3.3設計・開発へのインプット
▼8.3.4設計・開発の管理
▼8.3.5設計・開発からのアウトプット
▼8.3.6設計・開発の変更
■ 8.3.2の設計・開発の計画は、お客様に提供する製品の設計・開発やサービスの企画などを計画する際に、考慮するべき要求事項が規定されています。
■設計・開発・企画は計画をたてて行うこと。
■その計画では、次の内容を決めること。
■実施体制
■管理方法

| | コメント (0)

2016年6月26日 (日)

英EU離脱(No.3960)

26日の日本経済新聞及び産経新聞の記事から「英離脱」の記事の見出しを抽出しました。
英離脱後に包括協定、EU検討通商や規制めぐり(日経)
英離脱、結束か亀裂か、欧州の岐路(日経)
市場.リスク回避の波(日経)
「英なきEU]課題山積(日経)
英首相、後継選び始動(日経)
英国民投票、若年層、大半が「残留」(日経)
中ロ首脳会談、英のEU離脱念頭「世界経済の試練に対応」(日経)
英国事業前提揺らぐ、日系サービス業の投資、EU離脱で(日経)
英離脱ショック、世界経済に影響は(日経)
瀬戸際の自由民主主義、英国民投票が映す(日経)
英EU離脱、観光地、円高にやきもき(日経)
EU6カ国「結束」確認、離脱連鎖阻止へ外相会合(産経)
相次ぐ危機、EU信頼失墜(産経)
EU懐疑派各国で勢い(産経)
円高株安、介入は困難、英離脱(産経)
EU離脱選択「米国民も変革のチャンス」
トランプ氏、英国に便乗(産経)

■「英国で起こったこと(離脱)と私の選挙戦には、大きな共通項がある。英国民は政治と国境、経済を取り戻すため、EUからの独立を宣言した。米国民も独立を再宣言し、変革を手にするチャンスがある」
■トランプ氏が英国の離脱を利用する戦略に出た背景には、自身の支持層と英国のEU離脱派との間に多くの類似点があるからだ。
その代表的な要素をあげれば
①政府と既成の政治勢力、エスタブリッシュメントへの不信感
②反移民感情
③既存の貿易ルール等に対する不信感
④孤立主義と復古主義
などであろう
■世論調査の類似点を示している。米紙ワシントン・ポストによると、トランプ氏の支持層と英国のEU離脱派には、
65歳以上、低学歴者、男性、保守層などが多いことだ。

 

| | コメント (0)

2016年6月25日 (土)

難波屯倉(なにわのみやけ)と古代王権(No.3959)

大阪歴史博物館の栄原永遠男・館長の館長講座でした。
▼テーマは「難波屯倉(なにわのみやけ)と古代王権-難波長柄豊碕宮の前夜-」。
▼大化~白雉年間に「難波長柄豊碕宮」が造営される以前、難波には「難波屯倉(なにわのみやけ)」がありました。「難波屯倉」は「難波長柄豊碕宮」の重要な前提であったとみられます。ただ、これについては史料が1つしかなく20160625_1謎に包まれた「難波屯倉」です。20160625_2

| | コメント (0)

2016年6月24日 (金)

事務所の整理(No.3958)

東京・台東区谷中のオフイスを閉鎖のため、書類や情報機器を片付けててきました。
平成8年から20年間、大変お世話になり、ありがとうございました。20160624_2

| | コメント (0)

2016年6月23日 (木)

ものづくり補助金について(No.3957)

技術向上研究会は、発表・森口さん、「ものづくり補助金」申請書作成支援体験をもとに、申請書の作成方法に関する発表があった。
1)募集要項を熟読し、申請要件と審査項目を漏れなく記載すること。
2)27年度補正の採択率は32%と、低率であった。20160623

今回もチリ・サンティエゴからWEBで会員が参加された。

| | コメント (0)

2016年6月22日 (水)

グローバル化戦略(No.3956)

セミナー『成長戦略の切り札TPPとビジネスチャンス』
◆日 時:2016年6月22日(水曜)14時30分~17時05分
◆場 所:帝国ホテル大阪 3階 エンパイアルーム
     (大阪市北区天満橋1-8-50)
◆主 催:りそなアジア・オセアニア財団
◆第一部:TPP-動き始めた我が国の通商政策
     
     講師:経済産業省 通商政策局
        通商機構部長 渡辺哲也氏
◆第二部:関西ペイントのグローバル化戦略
     ~グローバル中堅後発メーカーの
         チャレンジャーとしての戦略~
     
     講師:関西ペイント㈱
        代表取締役社長 石野 博氏
20160622_2 ▼グローバル化への経緯
▼ビジネスモデル変化
▼社内改革
▼真のグローバル企業となるための取組み

| | コメント (0)

2016年6月21日 (火)

その医者のかかり方は損です(No.3955)

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから「プラスαの魅力」をいただきました。
いつもありがとうございます。
言葉の花束「3566.15.doc」をダウンロードしてご覧ください.
☆「総合病院ならオールマイティ」は本当?――――
☆「とりあえず大学病院」で大丈夫?――「その医者のかかり方は損です」(青春出版社)長尾和宏

| | コメント (0)

2016年6月20日 (月)

第1019回 武藤記念講座:「日米同盟の行方」(No.3954)

◯第1019回武藤記念講座
日時: 7月 16日(土)午後1時30分~3時30分
演題:「日米同盟の行方」
講師: 杏林大学名誉教授      田久保忠衛氏
20160620_2
 

| | コメント (0)

2016年6月19日 (日)

「少子化対策、労働力不足への対応は?」(No.3953)

20160619_14 日本小集団協会の6月例会は各自20分の持ち時間の中で最新情報を報告しました。
後半は統一課題の「少子化対策、労働力不足への対応は?」などについて意見交換をしました。
■場所:大阪府立労働会館
■日本小集団協会の創設期について
いま勉強会がブームですが、今日の例会は三浦啓親先生が創設され、「日本小集団協会」として、「QC活動を進めるための啓発・研鑽の資料の検討・作成」からスタートし、研鑽研究暦は20年を超えています。
■本日も貴重な情報を皆さんから多数いただきました。
・統一課題について、「少子化」「労働力不足への対応」
・「回想法への招待」
・電通マン36人に教わった36通りの「鬼」気配り、
・電力システ改革について、
・電力システム改革の電気料金への影響の詳細分析 
・名古屋市の億ションで施工不良、
・追跡熊本大地震・揺らぐ木造住宅の耐震性
・民泊の新法16年度中に制定へ
・「深層学習」AI自ら賢く、
・「IOT」日独連携へ、
・自動車メーカーは置き去り
・GEの変身イメルトCEOに聞く、
・アルフレッド・アドラー、
・勇気づける心理療法、
・部下に活力「勇気づけ」
・心理学に勇気もらう
・経営に活かす心理学~「社員を勇気づける~
・ドイツに学ぶ「スローライフ」
・CO2排出ゼロ、
・出生率上昇                          

                        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

始める経営、終わる経営、そして今は?(No.3952)

20160618_7 6月18日(土)は桑蓬会の6月研究会(第361回)、総会、懇親会。
■テーマは「始める経営、終わる経営、そして今は?」
■講師は仁禮さんです。
■内容
1)経営を始め、経営を終わる、そして今。
2)信用保証機関の利用
20160618_5 3)定期貸借法
4)フランチャイズチェーン加盟

| | コメント (0)

2016年6月17日 (金)

ISOは「仕事の見える化」を求めていますNo.3951)

ISO9001:2015構築のお手伝いでした。
ISOは「仕事の見える化」を求めています。
7.5文書化した情報
7.5.1一般
QMSは、次の事項を含むこと
a.この規格が要求する文書化した情報
b.QMSの有効性のために必要な文書化した情報
注記:QMSのための文書化した情報の程度は、次のような理由に
   よって、それぞれの組織で異なる場合がある。
   --組織の規模、並びに活動、プロセス、製品及びサービスの種類
   --プロセス及びその相互作用の複雑さ
   --人々の力量

| | コメント (0)

2016年6月16日 (木)

「高野山夏季大学」No.3950)

大正時代から毎年夏に開いている伝統講座「高野山夏季大学」(毎日新聞社、総本山金剛峯寺主催)は今夏、第92回。
世界遺産に登録されている「紀伊山地の霊場と参詣道」の一角で、各界から迎える8人の講師の貴重な話に耳を傾けるひと時は、心を豊かにしてくれると共に、「一期一会」の新たな出会いを演出してくれます。
日時:8月5日(金)から7日(日)までの3日間
会場:高野山大学松下講堂黎明館(和歌山県高野町)
【第1日】
▽受 付(12時)
▽開講式(15時)
▽「夢は、努力でかなえる」スキージャンプ最年長メダリスト・葛西紀明
▽「認知症 ともに暮らそうこの街で」認知症の人と家族の会代表理事・高見国生
【第2日】
▽お授戒 
▽「短歌の魅力、言葉の魅力」歌人・俵万智(聞き手、歌人・松村由利子)
▽「よそ事ではすまされない」前高知県知事・橋本大二郎
▽山内見学、阿字観入門、写経会
▽「心とからだの健康―西野流呼吸法」女優・由美かおる
▽「国難に備える」関西大学社会安全研究センター長・河田恵昭
【第3日】
▽「笑いは健康の入り口」喜劇俳優・大村崑
▽「密教的生き方」高野山真言宗教学部長・小籔実英
▽写経奉納式、閉講式、修了証書授与(12時半ごろ終了)

| | コメント (0)

2016年6月15日 (水)

ユアサ炭寿会大阪支部(No.3949)

平成28年ユアサ炭寿会大阪支部 
創業350周年記念総会に出席しました。
■日時:平成28年6月15日(水)11時45分~
■会場:ホテル阪急インターナショナル6階「瑞鳥〈北)」
■関連WEB:ユアサ商事20160615_420160615_3

| | コメント (0)

2016年6月14日 (火)

ノルディックウォーキング(No.3948)

ノルディックウォーキングの講座でした。
■ノルディックウォーキングを行うことによって、体のどの筋肉に効果が期待できるか?
1)ポールを強く地面につくことで、上腕裏側や肩まわりの筋肉に効く!
2)ボールを持つことで背筋が伸び、お腹や背中の筋肉に効く!
3)ボールの推進力で歩幅が大きくなり、太腿の前後やすねの筋肉に効く!
4)ボールの推進力で地面を強くけるので、太腿裏側やふくらはぎの筋肉に効く!
■スクワットのやりかた
1)まっすぐに立ち,肩幅に足を開きましょう。
2)両手を前に突き出し、膝を曲げて腰を落としましょう。
3)太ももが床と平行になるところまで下ろしたら、数秒その態勢をキープする。
4) 3秒~5秒ほどキープしたら,腰を上げて元の態勢に戻しましよう。
5)これを,10回をセットほど行いましょう。
■関連WEB:スクワット
■inBody測定
inBody測定は、体を構成する基本成分である体水分、タンパク質、ミネラル、体脂肪を定量的に分析し、栄養状態に問題がないか、体がむくんでいないか、身体はバランスよく発達しているかなど、人体成分の過不足を評価する検査です。
■inBodyの部位別直接インピーダンス測定法は、人体を右腕・左腕・体幹・右脚・左脚の5つの箇所に分けて測定する技術です。
■関連WEB:inBody測定

| | コメント (0)

2016年6月13日 (月)

エネルギーミックス(多様化)(No.3947)

「資源のない日本、将来のエネルギーの姿に関するシンポジウムin 神戸」です。
~化石、再エネ、原子力エネルギーのベストミックスの実現に向けて~
①開会/主催者挨拶
         資源エネルギー庁 資源エネルギー
         政策統括調整官 吉野 恭司
②基調演題1.「エネルギーミックス(多様化)が必要な理由」
         常葉大学 経営学部 教授 山本 隆三 氏
③基調講演2.「ドイツの脱原発はどうなっているのか?」
         作家、拓殖大学日本文化研究所 
         客員教授 川口マーン惠美 氏
■エネルギーミックス(多様化)が必要な三つの理由
1)日本のエネルギー安全保障の面から、エネルギー源と供給地域の多様化
2)気候変動問題への対応は世界的な喫緊の課題、再エネと原子力の活用
3)日本経済復活のカギは製造業の成長。その成長を支える一つは環境・エネルギーに係る新技術。蓄電技術、二酸化炭素の捕捉・貯留、新世代自動車、原子力発電。
■ドイツの脱原発はどうなっているのか?
1)追い詰められた電力会社
2)「エネルギー転換」というはてしない夢
3)再エネ、いまや一大産業に
4)再エネの問題①「買い取り制度」固定価格で20年間全量買取り
5)再エネの問題②生産量はお天気まかせ、品質は不安定
6)再エネの問題③送電線の設置遅延、北の風力電気は南に運べない
7)ドイツと日本とのエネルギー事情の決定的な違い
8)日本の事情
■日本の国情にあった再エネの開発とエネルギーミックスを考えるべきFullsizerender
 

| | コメント (0)

2016年6月12日 (日)

ドイツの財政黒字達成(No.3946)

ドイツ財務省は2015年1月13日、2014年が財政黒字になったと発表した。▼ドイツが財政黒字になるのは1969年以来、45年ぶり。
■関連WEB:ドイツの財政黒字達成は、なぜ批判されるのか   日経オンライン
■関連WEB:ドイツ1年前倒しで財政黒字 14年、45年ぶり 2015/1/13 日経
■関連WEB:ドイツにできて日本はできない財政再建
▼ドイツ全国エネルギー・水利経済連盟(BDEW)の発表によれば、2014年上半期の電力消費に占める再生可能エネルギーの割合が、過去最高の28.5%に到達することとなった 。
▼この値は、前年同時期の24.6%と比較して、約4%増加した計算になる。▼ドイツは、2025年までに総電力消費の40~45%、2035年までに55~60%、そして2050年までに80%を再生可能エネルギーでまかなうという目標達成にむけて、着実に歩みを進めている。
■関連WEB:新記録達成 ドイツの再生可能エネルギー

| | コメント (0)

2016年6月11日 (土)

桑蓬会「始める経営、終わる経営、そして今は?」(No.3945)

6月13日(月)は
「資源のない日本、将来のエネルギーの姿に関する講演会」です。
~化石、再エネ、原子力エネルギーのベストミックスの実現に向けて~
①開会/主催者挨拶
         資源エネルギー庁 資源エネルギー
         政策統括調整官 吉野 恭司
②基調演題1.「エネルギーミックス(多様化)が必要な理由」
         常葉大学 経営学部 教授 山本 隆三 氏
③基調講演2.「ドイツの脱原発はどうなっているのか?」
         作家、拓殖大学日本文化研究所 
         客員教授 川口マーン惠美 氏
----------------------------------------------------
6月15日(水)はユアサ炭寿会大阪支部記念総会です。
6月17日(金)はISO9001のお手伝いです。
6月18日(土)は桑蓬会の6月研究会、総会、懇親会。
  テーマは「始める経営、終わる経営、そして今は?」
  講師は仁禮さんです。
6月19日(日)は日本小集団協会の6月研究会です。

| | コメント (0)

2016年6月10日 (金)

「内部監査」の上手な運用について(No.3944)

136回ISO研究会は14人出席。「内部監査」の上手な運用について議論した。
▼金融機関では検査と監査がある。検査は手続き・ルールどおりか、監査はリスク・課題は何かという視点で実施。▼鉄道の「安全マネジメントシステム」での内部監査の前半は活動目標・計画の妥当性チェック、後半は目標達成へ向けて確認。▼中小製造業での内部監査での成功事例:社長が内部監査の仕方で模範を示す。
▼上場企業の「内部監査」事例:全社の現場の活動はあらゆる注意情報をITで即時に自動発信し、少数の監査員が内部監査を担当している。20160609is_120160609is_3

| | コメント (0)

2016年6月 9日 (木)

2016年版中小企業白書・小規模企業白書(No.3943)

『2016年版の中小企業白書・小規模企業白書』説明会に参加しました。
■2016 年版中小企業白書では、中小企業の置かれている様々な環境変化や課題を明らかにした上 で、中小企業の稼ぐ力を強化し、多様で活力ある発展を目指す取組に対して分析されています。■生産性向上のための IT 活用、売上拡大のための海外展開、稼ぐ力を支えるリスクマ ネジメント等の分析ほか、こうした取組を支える金融や経営力についても言及されています。 201606096

| | コメント (0)

2016年6月 8日 (水)

なつかしい習慣(No.3942)

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから「プラスαの魅力」をいただきました。いつもありがとうございます。
言葉の花束「3556.1-2.doc」をダウンロードしてご覧ください.
☆「ポイントは3つあります」と予告する 相手が思わずメモを取る話し方――――「超一流の雑談力」(文響社)安田 正
☆ 人の生き方の姿勢をつくるのは、日々の習慣、人生の習慣――「なつかしい習慣」(岩波新書)長田 弘
■関連WEB:なつかしい時間20160608

| | コメント (0)

2016年6月 7日 (火)

エレベーターの リニューアル(No.3941)

エレベーターの耐久年数は25年。
■適切なリニューアルをすることで、快適性が上昇。
省エネ効果も期待でき、建物の資産価値もアップします。
■古いエレベーターの気になる振動や騒音は、
リニューアルすることで解決が可能です。
■快適性が向上するだけでなく、インバーター制御にする
ことで 電力消費が減り、省エネ効果も期待できます
■建築基準法改正への対応
平成21年9月エレベーターの安全に関する「建築基準法」の改正が施行され、
戸開走行保護装置・地震時管制運転装置・安全対策の強化等が新たに改正されました。
■リニューアルに関して強制力があるものではありませんが、安全に対する
お客様の取り組みにSECは新法対応のラインナップを行っております。
■関連WEB:SECエレベーター

| | コメント (0)

2016年6月 6日 (月)

ISO9001:2015の仕組みづくり(No.3940)

今日からISO9001:2015の仕組みづくりのお手伝いです。
■ISO9001:2015規格改訂の目的や主な変更点
1)規格改訂の目的
2)他のMS規格との整合化
3)リスクに基づく考え方の採用、トップマネジメントのリーダーシップ強化等
4)プロセスアプローチ採用の強化
5)パフォーマンス重視、結果重視
6)サービス業への配慮、要求事項の明確化
7)改訂規格の活用20160606_2

| | コメント (0)

2016年6月 5日 (日)

自分は正しい(No.3939)

自分は正しい
この思いで
自他共に苦悩す
欣浄寺さんに掲示されている言葉です。20160605

| | コメント (0)

2016年6月 4日 (土)

第5回目の同窓会(No.3938)

前回の職場の同窓会から3年たちました。4日・5日神戸のホテル北野プラザ六甲で開催され、東京・石川・福岡から22人が集い、20160603_2_220160603_3_2 半数の人が宿泊しました。
■関連WEB:営業管理の第4回目の同窓会

| | コメント (0)

2016年6月 3日 (金)

食品企業の監査(No.3937)

アイソス[2016年06月号223号]の特集は2015年版対応組織事例を特集しています。
午後は食品企業の監査を担当しました。

ISO 14001:2015の主な変更点は以下のとおりです。
•戦略的な環境管理
•リーダーシップの強調
•環境保護
•リスクマネジメントへのフォーカス
•目標の測定と変更に関する強調
•コミュニケーション及び認識
•少なくなった要求事項

■関連WEB:アイソス[2016年06月号223号] 20160603

| | コメント (0)

2016年6月 2日 (木)

絶体絶命でも世界一愛される会社に変える! (No.3936)

第3回6月2日(木)大商夕学
▼テーマ:「自然と地域が共生を目指す~共に育み、共に栄える、100年先の企業づくり~」
▼講  師:石坂典子 石坂産業株式会社 代表取締役
■「産廃銀座」が各国から視察で訪れる里山に生まれ変わり、経営の透明化で地域の住民に受け入れられる存在に成長した。現代社会に不可欠なのに嫌われ、虚偽のマスコミ報道から経営危機に陥った産廃企業の経営を受け継ぎ、再生を果たした石坂社長がその軌跡を語られた。
不法投棄の山を美しいくぬぎ山に。
木材はチップに。コンクリは砂利に。
そして2014年。三富今昔村が誕生しました。
「お試し社長」の期限は1年間!成果を挙げられなければ、即解任!
失意のどん底から、社員の心を変え、会社をどう変えたのか?
「所沢ダイオキシン報道」で会社存続が危ぶまれる絶体絶命時に、30歳で社長就任(取締役社長)。
エロ本&ヌードポスターばかりの平均年齢55歳の会社を社員の4割が去っても改革断行。
「脱・産廃屋」を目指し、「産廃屋らしからぬ産廃屋」に変身!
内閣総理大臣も注目!
東京ドーム3.5個分の敷地の8割が里山、2割が工場!
ホタルが舞い、世界中から人がやってくる会社に劇的に変えた著者の処女作!
■「絶体絶命でも世界一愛される会社に変える! ―2代目女性社長の号泣戦記」
【目次】
◆はじめに 所沢「産廃銀座」を立て直した女
◆第1章 なぜ、職人肌の父は、30歳の娘へ社長を譲ったのか
◆第2章 荒廃した現場で50代不良社員に立ち向かい、どうやって会社を変えたか
◆第3章 「地獄の3年間」から「おもてなし経営」へシフトした瞬間
◆第4章 東京ドーム3.5個分の8割が里山! 2割が工場! 見えないブランドをつくる「新・里山資本主義 」
◆第5章 どん底からでも利益を生み出す方法
◆おわりに 世界中から人が集う会社へ
■関連WEB:絶体絶命でも世界一愛される会社に変える! ―2代目女性社長の号泣戦記2016060220160602_2

| | コメント (0)

2016年6月 1日 (水)

癒しホルモンのオキシトシン(No.3935)

6月1日のNHKのガッテンは「癒しホルモンのオキシトシン」の特集でした。
全身の痛みがやわらいだり、認知症の症状が止まったりとすごいことだらけでした。
スウェーデンでおなじみの「ハッピーホルモン」と言われている。ハグすると増える。
オキシトシンはリュウマチ治療にもタッチケア、
高血圧にもタッチケア、認知症にもタッチケア、効果があった。
電話でもオキシトシンが出る。
■タッチケアの方法
体に触られると脳から出てくる「オキシトシン」と言うホルモンが癒しの癒しの効果を持っている。
海外の実験で女性に電話番号を聞くのにボデイタッチを少しするとその成功率は2倍にもなっていました。
番組ではハグを5分間するだけで「オキシトシン」が増えていました
■この番組の再放送は6月7日(火)午前2時からあります。
■WEB関連: 6月1日のNHKのガッテン

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »