« ユアサ炭寿会大阪支部(No.3949) | トップページ | ISOは「仕事の見える化」を求めていますNo.3951) »

2016年6月16日 (木)

「高野山夏季大学」No.3950)

大正時代から毎年夏に開いている伝統講座「高野山夏季大学」(毎日新聞社、総本山金剛峯寺主催)は今夏、第92回。
世界遺産に登録されている「紀伊山地の霊場と参詣道」の一角で、各界から迎える8人の講師の貴重な話に耳を傾けるひと時は、心を豊かにしてくれると共に、「一期一会」の新たな出会いを演出してくれます。
日時:8月5日(金)から7日(日)までの3日間
会場:高野山大学松下講堂黎明館(和歌山県高野町)
【第1日】
▽受 付(12時)
▽開講式(15時)
▽「夢は、努力でかなえる」スキージャンプ最年長メダリスト・葛西紀明
▽「認知症 ともに暮らそうこの街で」認知症の人と家族の会代表理事・高見国生
【第2日】
▽お授戒 
▽「短歌の魅力、言葉の魅力」歌人・俵万智(聞き手、歌人・松村由利子)
▽「よそ事ではすまされない」前高知県知事・橋本大二郎
▽山内見学、阿字観入門、写経会
▽「心とからだの健康―西野流呼吸法」女優・由美かおる
▽「国難に備える」関西大学社会安全研究センター長・河田恵昭
【第3日】
▽「笑いは健康の入り口」喜劇俳優・大村崑
▽「密教的生き方」高野山真言宗教学部長・小籔実英
▽写経奉納式、閉講式、修了証書授与(12時半ごろ終了)

|

« ユアサ炭寿会大阪支部(No.3949) | トップページ | ISOは「仕事の見える化」を求めていますNo.3951) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。