« ISO9001:2015の仕組みづくり(No.3940) | トップページ | なつかしい習慣(No.3942) »

2016年6月 7日 (火)

エレベーターの リニューアル(No.3941)

エレベーターの耐久年数は25年。
■適切なリニューアルをすることで、快適性が上昇。
省エネ効果も期待でき、建物の資産価値もアップします。
■古いエレベーターの気になる振動や騒音は、
リニューアルすることで解決が可能です。
■快適性が向上するだけでなく、インバーター制御にする
ことで 電力消費が減り、省エネ効果も期待できます
■建築基準法改正への対応
平成21年9月エレベーターの安全に関する「建築基準法」の改正が施行され、
戸開走行保護装置・地震時管制運転装置・安全対策の強化等が新たに改正されました。
■リニューアルに関して強制力があるものではありませんが、安全に対する
お客様の取り組みにSECは新法対応のラインナップを行っております。
■関連WEB:SECエレベーター

|

« ISO9001:2015の仕組みづくり(No.3940) | トップページ | なつかしい習慣(No.3942) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。