« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月31日 (日)

スクワットのポイント〈No.3998)

スクワットは足腰の多くの筋肉を鍛える「トレーニングの王様」です。
同時に正しいフォームで行えば良いアライメントを学び、からだのバランスを高めることができます。 自分のフォームを確認し、効果的なスクワットを習得するには、「コーナースクワット」が最適です(美立健康協会HPより)。
■スクワットのポイント(美立健康協会HPより)
1)顔を上げ正面を見る
2)ひざとつま先の向きをそろえる
3)下腹とおしりに力を入れる
4)背筋を伸ばす
5)ひざを曲げたとき、ひざがつま先を越えないようにする。
■関連WEB:スクワット(美立健康協会HPより)。

| | コメント (0)

2016年7月30日 (土)

都市大阪の起源をさぐる(No.3997)

20160801_520160801_1 5世紀に難波津が設けられると、上町台地北部は物流拠点となった。さらに6~7世紀にかけて官が・外交施設、有力氏族の邸宅などが置かれ、ものづくりも盛んになった。このように難波は外交・地域間交流の中心として、さまざまな人や物の行き交う場となり、人口密度の高い都市的な状況が生まれたのである。
 645年の乙巳の変後、大化改新をおし進めるにあたり、既に経済・外交の拠点となっていた上町台地に、新たに王宮や政治機関を移し、首都としての機能を集中させて誕生した宮都が難波宮である。そして、この難波の地で日本は古代国家への大きな一歩を踏み出すのである。
■講演会
演 題:「古墳時代中期のものづくりと王権」
講  師:杉本 厚典氏(大阪歴史博物館学芸員)
■講演会
演 題:「難波屯倉と上町台地北部における都市の形成」
講  師:南 秀雄氏(大阪市博物館協会大阪文化財研究所所長)

| | コメント (0)

2016年7月29日 (金)

真田丸展プレ講座(No.3996)

特別展真田丸展プレ講座
演 題:「夏の陣:信繁最後の戦い 」
講 師:大阪歴史博物館学芸員 大澤 研一氏
真田丸の戦いで苦汁をなめさせられた徳川家康が信繁を懐柔しようとしたことを伝える本多政純の書状、そして有名な「真田日本一乃兵」の言葉を含む夏の陣での信繁の奮戦ぶりを書きとどめた記録など、当時の一級史料から信繁の戦いぶりをリアルに描き出します(案内文より)
20160729
Ⅰ.家康の信繁調略の命を取り次ぐ書状
●No.194本多正純書状本あわのかミ宛
(慶長19年<1614>) 12月14日付 石川・加賀本多博物館蔵
★大阪会場限定展示品
Ⅱ夏の陣大坂方『最後の」作戦軍令状
●No.225大野主馬(治房)書状
(慶長20年く1615>)5月7日付個人蔵
Ⅲ真田隊と井伊隊の激突
●No.226岡本半介書状中助太他宛 (慶長20年<1615>) 5月8日付
大阪歴史博物館蔵
Ⅳ,真田日本一の兵!
●No.230 国宝某条書案(前欠) (慶長20年く1615>)6月11日付東京大学史料編蟇所蔵
★大阪会場限
V.信繁供養のための地蔵菩薩
●No.231石造地蔵菩薩元和元年(1615)5月7日銘福井市立郷土歴史博物館蔵
★大阪・東京会場展示品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月28日 (木)

CSV経営―高収益と社会問題の同時解決を目指す(No.3995)

大商夕学講座は名和教授の「CSV経営」でした。
■演 題:「CSV経営―高収益と社会問題の同時解決を目指す」
■講 師:一橋大学大学院国際企業戦略研究科特任教授
     名和 高司 氏
■マッキンゼーのディレクターとして、20年間コンサルティングに従事した名和教授。「Creating Shared Value」という最先端の経営モデルを踏まえ、日本企業が次世代成長を目指す上で、社会が抱える課題を解決しつつ、経済価値を追求するためには、どうすべきかを提言するCSV経営の講演でした。20160728csv

| | コメント (0)

ポスト軍政ミャンマーの経済政策(No.3994)

20160728 「ジェトロ・アジア経済研究所 夏期公開講座 in 大阪」の
コース 3 「ポスト軍政ミャンマーの経済政策と日本企業の進むべき方向性」を
受講しました。
コース 3 「ポスト軍政ミャンマーの経済政策と日本企業の進むべき方向性」
■日 時:7月28日(木)13.30~16.20
■会  場:第二吉本ビルディング
■主  催:日本貿易振興機構
●演 題:「ミャンマー スーチー政権の挑戦
      ~政治・経済改革のゆくえ~
●講 師:政策研究大学院大学 教授
     工藤 年博 氏
●演 題:「ミャンマーのビジネス環境と日系企業の動向」
      ~政治・経済改革のゆくえ~
●講 師:日本貿易振興機構海外調査部
     アジア大洋州課長代理 
     水谷 俊博 氏
■ことし3月に発足したミャンマーの新政権は、インフラ整備や国有企業の民営化の促進などを柱とする、経済政策に関する新たな方針を明日29日に発表します。■ミャンマーでは、アウン・サン・スー・チー氏が事実上率いる新政権によってどのような経済政策が打ち出されるかが、日系企業を含めた外国企業の間で注目されていました。■こうしたなか、ョー・ウィン国家計画・財務相が、首都ネピドーで政府関係者や各国の外交官らを前に、今後の経済政策に関する方針を発表します。
■ティラワ経済特別区の販売状況は契約済み73社、着工済み36社、創業開始10社となっています。
■関連WEB:ミャンマー企業視察2013.8.03

■関連WEB:ミャンマー成長企業視察へ2013.8.21

■関連WEB:ワイシャツ工場見学2013.8.22

■関連WEB:ティラワ経済特別区2013.8.26

| | コメント (0)

2016年7月27日 (水)

「2015年版で組織は変われるのか?」(No.3993)

第6回テクノファフォーラム大阪に参加しました。
●講演1:プロセスとプロセスアプローチの本質を理解する
    講師: 平林 良人 氏
        株式会社テクノファ 取締役会長
●講演2:「2015年版で組織は変われるのか?」
         ~問われているのは規格の使い方~
    講師: 土居 栄三 氏
        大阪いずみ市民生活協同組合 CSR推進室
        マネジメントシステムサポーター
●パネルディスカッション
     「2015年版で組織は変われるのか?」
                  
    パネラー:福丸 典芳 氏
                           (福丸マネジメントテクノ 代表取締役)
          土居 栄三 氏 
     コーディネーター:青木 恒享 氏(テクノファ 代表取締役)
■日常の仕事の中で当たり前に仕事をするためには(ISO9001:2015序文)
①仕事をプロセスとして管理する。
②プロセスをPDCAサイクルで管理し、必要な資源の確保やプロセスの改善を着実に進める。
③リスクを明らかにして、プロセスが目指す成果を確実に達成できるようにする。

| | コメント (0)

2016年7月26日 (火)

英離脱後の世界(No.3992)

20160726_3 ウエッジ2016年8月号の興味ある特集は下記です。
■ドローンが起こす 空の産業革命
▼ホビー用から産業用へと市場が広がるドローン。
技術進化の一方で、法整備など課題もあるが
「空の産業革命」は実現するのだろうか?
PART 1 急成長するドローン市場の展望
アプリを制するものが空を制す
PART 2 世界最大手のドローン企業DJI 本社幹部に直撃インタビュー
PART 3 実用化に向け視界は良好か?期待と課題抱える参入企業
PART 4 欧米でも始まった実用化 ライバルたちの最新動向
PART 5 操縦のプロが考える ドローン普及に向けたカギ
■WEDGE_OPINION.1
グローバリズムへの逆行をあえて選んだ英国
 中西輝政(京都大学名誉教授)
 吉田健一郎(みずほ総合研究所欧米調査部上席主任エコノミスト)
■WEDGE_OPINION.2
中国が次に仕掛ける海洋を巡る法律戦
坂元茂樹 (同志社大学教授)
 
日経ビジネス2016年7月25日号
■特集 英離脱後の世界 日本も直撃 「失われる10年」

▼徹底分析 英離脱後の世界 日本も直撃 「失われる10年」
PART 1 メイ新首相を待つ険路 広がる衝撃第2波 混迷深める欧州
ゼロから分かるEU 日本人が知らない実像
PART 2混乱はこれから 政治リスクが急浮上 「失われる10年」 の序章
国際政治学者 イアン ・ ブレマー氏 「Gゼロ」 の混乱、10年は続く
影響のドミノは中国経由で日本にも
PART 3 27年ぶりの 「庶民の反乱」 盟主ドイツの試練
PART 4 通商協定、見直し必至 対EU、前提に狂い 企業にコスト増も
米大統領選が分水嶺 試される資本主義
▼有訓無訓
リーダーに必要な爽快感 高齢者も新しい挑戦を学び続け二度、三度生きよう
佐々木 毅[東京大学元学長]20160726_2
■26日の日本経済新聞のトップ記事は
「年金債務最大91兆円、昨年度末」
上場企業の年金債務が2015年度末で91兆円に膨らんだ。年金債務は企業が年金・退職金を支払うために現時点でどれだけ蓄えておくべきかを示す。日銀のマイナス金利政策の影響で金利水準が全般に下がって運用環境が悪化し、年金債務を厳しく見積もらないといけなくなった。この結果、企業年金の未積立額は26兆円に拡大し、業績の重荷になるのが避けられない(2016.07.26日経より)

| | コメント (0)

2016年7月25日 (月)

大阪天満宮の天神祭(No.3991)

夏本番をつげる大阪の風物詩、大阪天満宮の天神祭が25日夜、「船渡御」を迎え、約100隻の船が大阪中心部を流れる大川を行き交った。約5,000発の奉納花火も打ち上げられ、見物者から歓声が上がった。雨の予報でしたが、人出も多く、警備も大変だったと思います。
■何とか無事終えることができ、安心しました。■7月14日にフランス・ニースで起きたテロ事件では、フランス革命の記念日を祝う花火会場の見物客にトラックが突っ込み80人以上が死亡する惨事があったばかりのため。■通行規制にはカラーコーンの代わりに捜査車両でバリケードを設置。■雑踏警備では通常、警察官は拳銃を持たないが今回は配置された1400人のうち最前線に立つ一部は拳銃を所持。2016072520160725_2

| | コメント (0)

2016年7月24日 (日)

催太鼓氏地巡行(No.3990)

20160724_1_2 日本三大祭りの二つ、祇園祭と天神祭へ。
24日16時、「天神祭催太鼓氏地巡行」。
祭りの準備が整うと、催太鼓が大阪天満宮を出発し、氏地を巡行。赤い頭巾をかぶった6人の願人(がんじ)と呼ばれる打ち手が「チェサジャー」という掛け声とともに威勢よく太鼓を打ち鳴らす様子は必見です。外国人の見学者が多くなりました。20160724_112016072410

| | コメント (0)

祇園祭・後祭の山鉾巡行。(No.3989)

祇園祭・後祭の山鉾巡行。
24日(日)、午前9時30分、橋弁慶山を先頭に烏丸御池交差点をゆっくりと10基の山と鉾が動き出す。

| | コメント (0)

2016年7月23日 (土)

トランプ氏の米国第一主義を憂慮する(No.3988)

23日(土)11時からはヨガ教室へ。
■23日の日本経済新聞の一面記事は「トランプ氏、反TPP明言」
▲米共和党の大統領候補、トランプ氏は21日の党大会で指名受託演説をした。▲「グローバル主義よりアメリカ主義が我々の信条になる」と述べ、米国の国益を最優先する考えを示した。▲各国で批准の過程に入った環太平洋経済連携協定(TPP)に反対した。▲同氏の内向きな政策に産業界や投資家は不安を強めている。▲社説は「トランプ氏の米国第一主義を憂慮する」
▲「ポケモンGO]日本熱狂、22日配信開始、ダウンロード殺到。▲ポケモンGOはスマホのGPSの位置情報を利用し、いろんな場所に現れるキャラクターを捕まえて遊ぶ。

| | コメント (0)

2016年7月22日 (金)

とろさばを世界ブランドに!『株式会社鯖や』の挑戦(No.3987)

<第5回食料部会講演会>に参加しました。
「新しいマーケットを拓く
 ‐とろさばを世界ブランドに!『株式会社鯖や』の挑戦‐」
◆日 時: 平成28年7月22日(金) 14:00~16:00
◆場 所:大阪商工会議所 4階 402号会議室
◆内 容:
   1.説明 「‘17食博覧会・大阪について」食博覧会実行委員会
     
   2.講演 「新しいマーケットを拓く
       ‐とろさばを世界ブランドに!『株式会社鯖や』の挑戦‐」
         講師  株式会社鯖や 代表取締役 右田 孝宣 氏
◆「株式会社鯖や」は、鯖寿司の製造や「鯖との出会い」をコンセプトにした飲食店の経営など、「鯖」だけに商材を絞った事業展開で躍進しています。
◆「とろさば」を世界にへ。
◆SABARの「とろさば」の定義
・東北(八戸前沖・三陸沖)で獲れる鯖
・脂質含有量21%以上
・魚体550g以上!大きい程うまい!
◆ この2年間に12店舗出店(14店出店し、2店閉める)。
◆ 同社代表取締役の右田 孝宣氏に、クラウドファンディングを活用した新しい取り組み「クラウド漁業」(出資目標額は国内最高となる1億380万円)の話題も含め、新市場開拓に挑む同社の取り組みについて お話を伺いました。
■早速、阪急百貨店うめだ本店で「鯖棒寿司」を買い求め、次に南森町のSABAR南森町店の店内を見せていただきました。
■関連WEB:『株式会社鯖や

| | コメント (0)

2016年7月21日 (木)

桑蓬会 第362回 「健康経営とメンタルヘルス」(No.3986)

桑蓬会 第362回例会に参加しました。
1.日時 7月21日(木)18.30--20.30
2.場所 エルおおさか 608号室
3.講師  中小企業診断士 衣笠年季さん
4. 演題 「健康経営とメンタルヘルス」
5. 内容
    1)健康経営とは、健康経営のメリット
    2)DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付、「健康経営銘柄」、「健康経営優良法人」
    3)「健康経営」アドバイザー、
    4) メンタルヘルス、ストレスチェック
  5)健康経営の課題
中小企業の「健康経営」は何から始めると良いか?
「トップの決意表明から、まず禁煙の実行か」ほか、
2016072120160721_120160721_220160721_3

| | コメント (0)

2016年7月20日 (水)

なぜ真面目な人は長生きするのか(No.3985)

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから「プラスαの魅力」をいただきました。
いつもありがとうございます。
言葉の花束「3587.15.doc」をダウンロードしてご覧ください
☆ なぜ真面目な人は長生きするのか――「真面目な人は長生きする」(幻冬舎新書)岡田尊司20160720
考えられる第一の理由は、真面目な人は健康を守ることに怠りなく、有害で危険なことをあまりしないということだ。
第二の理由は、真面目な人がもつ遺伝的素因には、そもそも病気になりにくい特性が備わっている可能性があるということだ。
第三の理由として考えられるのは、真面目で自己コントロールのできる人は、健康的な生活環境を手に入れやすいということである。

| | コメント (0)

2016年7月19日 (火)

IoTによる製造ビジネス変革に向けた施策(No.3984)

■□■==================================================================
      大阪・関西IoT活用推進フォーラム 第1回例会
~中堅・中小企業におけるモノづくりとサービスを融合した新ビジネスの創出へ~

==================================================================■□■
◆日 時:7月19日(火)15:00~18:00 (交流会17:00~)
◆場 所:大阪商工会議所 7階 国際ホール
◆プログラム:
 【1】講演(1) 「IoTで変わるものづくり」
     株式会社三菱総合研究所 事業推進グループ グループリーダー 高橋 朋幸 氏
  
 【2】講演(2) 「IoTによる製造ビジネス変革に向けた施策」
     経済産業省 製造産業局 参事官室 坂本 弘美 氏
  
 【3】事業提案 「中堅・中小企業の現場データを管理・分析する共同プラットフォームの構築」
    株式会社NTTドコモ 関西支社 法人営業部 IoT推進担当部長  石川 学 氏
20160719_6

| | コメント (0)

2016年7月18日 (月)

VR 製造も営業も変える第3の波(No.3983)

20160718日経ビジネス【 2016年7月18日号 】の特集は下記です。
 
ゲームだけじゃない、VR 仮想現実の 革新力
デジタル革命「第3の波」
 
■バーチャルリアリティー(VR)は娯楽からビジネスの世界へ広がりつつあります。パソコン、スマートフォンに続くデジタル革命の第3の波になるかどうか。普及には課題もありますが、仕事のやり方を大きく変える可能性を秘めています。
.
1)リアルの限界を超える   
 設計、製造を根本的に変革
 生産性はここまで飛躍する.
 三菱重工仮想空間にプラントを「建設」し、完成度高める.
 ネクスト誰でも簡単に3次元の家を設計できるシステム提供.
2)業務プロセスも革新
 VRは営業も人材育成も変える.
 エイチーム結婚式の疑似体験で成約を促す.
 JALマイクロソフトと整備士向けの訓練プログラム開発.
 明電舎危険な工事現場を再現し安全教育.
 神戸大学患者の体内を3Dデータ化、手術の精度高める.
 NEC熟練技術者の技、オンラインで海外へ.
 参入企業続々、
3)過熱する覇権争い.
 グーグル、サムスン…次世代8兆円市場の覇者は.
4)ⅤR普及への6つの課題とは.
 ①重い、②VR酔い、③高価、④セキュリティ、⑤パソコンなど必要、⑥13歳未満は使用禁止
■快晴の朝、セミが大合唱!  梅雨があけたと発表。

| | コメント (0)

2016年7月17日 (日)

「生物模倣」が国際規格に(No.3982)

バイオミミクリー(生物からの模倣)とは、より持続可能なデザインを創造するために、自然の形、プロセス、そして生態系から学び、模倣する、というものです。■自然は38億年かけた進化の後に多くの課題、例えば、エネルギー、食料生産、気象の制御、環境に優しい化学、交通、コラボレーションなどなどを既に解決してしまっています。■生態系に学ぶモノづくり、バイオミミクリー(生物からの模倣)が実用の段階に入った。

■ドイツの自動制御システムなどを手がける機械大手のフエストは、生物の特徴を生かした「生物模倣」の分野で知られた企業である。■工場内のモノとモノが情報をやりとりする自律分散型の生産システム。生物のシステムは自律分散型なので、制御系にミメティックスの利用が適している。フェストは複数のアリ型ロボットが情報やりとりしながら共同作業により工場内で荷物を運ぶ実証実験を行った。
■新幹線のパンタグラフや先頭車両の形、強固な車、糊のいらないマジックテープなど。
■昼は50℃、夜は0℃を下回るサバンナ地帯に住むシロアリの巣の中の温度はなぜいつも30℃なのか? そこから無電源エアコンが生まれた。■カタツムリの殻から雨が降れば汚れが落ちるビルが生まれた。■水の要らない風呂。■トンボの羽の凹凸から微風でも回る風力発電機が生まれようとしている。
■関連WEB:インダストリー4.0を進化させる「生物模倣」 
■関連WEB:アリの行列から学べ 成田の入国審査、待ち時間半減
■関連WEB:「生物模倣」が国際規格に ドイツ先行、日本は遅れ 
■関連WEB:生体の機能や形状を模倣する技術、特許出願は日米欧で均衡
■関連WEB:ドイツ生産革新 先陣が狙う「リアル・バーチャル融合」 

| | コメント (0)

2016年7月16日 (土)

日米同盟の行方(No.3981)

◯第1019回武藤記念講座の会場は超満員でした。
演題:「日米同盟の行方 」
講師:杏林大学名誉教授 田久保忠衛氏
日時:7月16日(土)午後1時30分~3時
場所:大阪:國民會館 武藤記念ホール
▼日米の行方を検討する際には、2国だけを考えるのではなく、2国に影響を与える国々も含めて検討すること。広い視野で考える。
▼米欧は内向き、中国の膨張主義(海洋進出)▼南シナ海問題を巡っては仲裁裁判所が国連海洋法条約に基づき中国の主張を否定する判決を出したばかり(12日)。
▼日米同盟は一大転機を迎え、中国の勢力 拡大が進む危機の中で日本は戦後から脱却できるか。▼次期米大統領候補のトランプ、クリントンともに米国民に嫌われている。▼アメリカは現在、ロシアや中国などと政治的、軍事的に対決しなければならない立場に追い込まれている。そのため、日本の安全保障を確保する努力をやめる可能性がある。

| | コメント (0)

2016年7月15日 (金)

中国、成長横ばい6.7%(No.3980)

中国国家統計局は15日、今年4~6月期の国内総生産(GDP)の速報値が、物価変動を除いた実質で前年同期比6・7%増となったと発表した。
▼今年1~3月期からは横ばいで、成長率は4四半期ぶりに下げ止まった。
▼ただ、前期に続き、リーマン・ショック後の2009年1~3月期(6・2%増)以来の低水準となっており、中国経済は今後も減速基調をたどりそうだ。
▼都市部の公共工事や企業の設備投資を示す1~6月期の「固定資産投資」は9・0%増と、1~3月期(10・7%増)を下回った。▼国有企業の投資は23・5%増と旺盛だが、民間企業は2・8%増と弱く、格差が際立っている。
▼マンション建設など1~6月期の「不動産開発投資」は6・1%増と、1~3月期(6・2%増)からやや低下した(読売新聞より)。

| | コメント (0)

2016年7月14日 (木)

ISO研究会第137回(No.3979)

20160714iso_3_2 大阪府中小企業診断協会ISO研究会第137回に参加しました。
1)マネジメントレビューとは
▼「マネジメントレビュー」は、経営者が状況を把握したうえで、現状分析の結果と将来とを見越した構想をもとに、この先、組織が何に取り組むか、歩んでいくべき方向性を示していきます。▼品質マネジメントシステムのどの部分を修正・強化するかなどを指示します。▼マネジメントレビューは司令塔の役割をもっています。
2)「小さな会社社長が読むISO」ついての討議
▼対象の読者は? ▼目的・狙いは? ▼経営者の悩みも絞るべきだ 20160714iso_220160714iso_1

| | コメント (0)

2016年7月13日 (水)

稼げる 「7つの技術」(No.3978)

日経エコロジー最新号 2016年8月号は特集 稼げる 「7つの技術」を取り上げています。
■昨年末の「パリ協定」の採択によって、「低炭素化」から「脱炭素化」へ、世界はこれまでと次元の違う温室効果ガスの削減に取り組むことになった。今世紀末までに気温の上昇を2℃未満に抑えるためには、技術のブレークスルーを起こさねばならない。「省エネ」「畜エネ」「創エネ」「CO2の固定化、有効利用」---。温暖化防止の技術は世界が求めており、輸出産業に育つ可能性が大きい、これから10年.20年先に日本が勝てる技術は何か。市場の拡大が見込まれる「7つの技術」 を紹介している。
■稼げる 「7つの技術」 、CO2削減を利益に
1)CFRF:PCFRPより4割軽い“兄弟”
2)セルロースナノファイバー:「変幻自在」 のマルチ素材
3)全固体電池:クルマの電動化で主役へ
4)水素エネルギー:電気の媒介役、輸送に商機
5)ペロブスカイト/量子ドット太陽電池:ナノ技術で変換効率を3倍に
6)超臨界地熱発電:地中に眠るマグマを利用
7)CCU(CO2の原料利用):CO2を 「埋めずに使う」

| | コメント (0)

2016年7月12日 (火)

2009年施行のエレベーター新安全基準とは(No.3977)

エレベーターリニューアル検討委員会に参加しました。
◆2009年施行のエレベーター新安全基準とは
平成17年7月の千葉県北西部地震において発生したエレベーター閉じ込め、および平成18年6月に東京都港区で起きた事故を機に、国土交通省他関係者により対策が検討され、利用者の安全を確保するために建築基準法が改正されました。
◆エレベーターの安全に関わる技術基準の見直しであり、ポイントは大きく2点です。
1)戸開走行保護装置の設置義務付け
2)予備電源を設けた地震時等管制運転装置の設置義務付け
●戸開走行保護装置とは・・・
従来からの安全装置に追加される、エレベーターの扉が開いたまま走行してしまうことを防止する安全装置です。
駆動装置の故障対応としてブレーキの二重化や、制御器の故障対応として戸開走行を検出し、エレベーターを静止する安全回路を別回路として設置することが基本となります。
●地震時等管制運転装置とは・・・
地震等が発生した際に、かごを最寄階へ停止させる管制運転装置です。
今回の改正により、P波感知器付地震時管制運転装置と、予備電源の設置が併せて義務付けとなりました。

| | コメント (0)

2016年7月11日 (月)

夏の訪れ! 生國魂(いくたま)祭(No.3976)

夏の訪れ! 大阪最古の神社の祭り、生國魂(いくたま)祭は、大阪三大夏祭り(天神祭と住吉祭)の一つです。生國魂夏祭は、11~12日の2日間あり、 11日は宵宮祭。 12日には疫病退散を願い、大阪城へ陸渡御します。20160711_120160711_420160711_320160711_2

| | コメント (0)

2016年7月10日 (日)

京阪枚方市駅前の複合商業施設「T―SITE」へ(No.3975)

レンタル大手「TSUTAYA」を運営する「カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)」は、創業の地・大阪府枚方市の京阪枚方市駅前、近鉄百貨店枚方店の跡地に複合商業施設「T―SITE」をオープンした。▼地上8階、地下1階で、全面ガラス張りの外観。15万冊をそろえた蔦屋書店を中心に、飲食店や雑貨店など計43店が入る。▼ゆったりと過ごせるよう、計300席の椅子を設けた。営業は午前7時~翌午前1時。▼1983年、枚方駅前で1号店を開き、国内外の1464店に拡大した。T―SITEは、東京・代官山、神奈川・湘南に続いて3か所目で、新たな生活スタイルの提案を目指すという。
▼家電不況といわれるが、大盛況の家電販売店がある。今年5月、東京・二子玉川の大型商業施設「二子玉川ライズ」にした蔦屋家電だ。▼書籍と家電、カフェなどを融合させた7000平方メートルの売り場には白物家電やオーディオ機器、インテリアなど、こだわりの商品がライフスタイルに応じて陳列されている。
▼ 「『コミュニケーション』も店が勝ちます。商品がずらりと表示されるネットより、対面にして商品知識を持ったコンシェルジュが接客すればよい。リアル世界の優勝劣敗も説明がつく。価格で勝負したスーパー、品ぞろえで勝負した百貨店はともに右肩下がり。しかし身近な店ですぐに商品が受け取れる顧客価値で勝負するコンビニエンスストアは伸びるのです」
▼アパレル不況下、元気なのはマッシュホールディングス(東京・渋谷)だ。コンピューターグラフィックス制作会社を立ち上げた近藤広幸社長は「経営安定のためアパレルを始めた」という変わり種だ。アパレルは流行も早く、参入は難しい。だが制約もない。「創造力で勝負できる」(近藤社長)としてわずか10年で「スナイデル」「ジェラートピケ」など人気ブランドを世に送り出した。20160710_220160710_320160710_4

■関連WEB:枚方T-SITEの全フロアまとめ【保存版】
■関連WEB::5月16日(月)オープン!京阪枚方市駅前にできる巨大蔦屋書店「枚方T-SITE」を取材してきました!

| | コメント (0)

朝の座禅(No.3974)

いつもと違う朝を京都で過ごしました。座禅がよいとわかりながら、すぐ忘れてしまいます。
■座禅は背筋をピンと伸ばし、心をまっすぐにして呼吸を調え、落ち着いた静かな心になること。
■曹洞宗において座禅とは只管打坐(ただひたすら座禅をすること)を指し、臨済宗では公安禅と呼ばれ、これは答えのない問いへ対する問答のことを指します。
In  “Soutoushu” Zen, Zazen practice is called “Shikantaza”.
“Shikantaza” is meditation without object, anchors or content.
■禅に興味を持つ外国人が年々増えてるそうで、近年では日本にまで修行にやってくる人も多いとか。
■ 7月10日(日)午前7時「平成28年度 暁天講座 ~素のこころ~」に参加しました。
■会場:京都タワーホテル
■プログラム
  7:00〔 受  付 〕
  7:30〔 坐  禅 〕
  8:45〔朝粥(喫粥)〕
10:00〔 法  話 〕
12:00〔 終  了 〕
■講師
【法話】丸子 道仁 老師(曹洞宗教化センター布教師)
【坐禅・食事作法】幤  道紀 老師(教化センター統監)

| | コメント (0)

2016年7月 9日 (土)

伊勢志摩の休暇(No.3973)

伊勢志摩の休暇ですが、昨夜からの激しい雨のため早めに帰阪し、不在者投票を済ませ

ました。20160709r_2_3 ▼明日早朝、京都での暁天講座に出かけます。

■関連WEB:海辺ホテルプライムリゾート賢島
▼天満橋 06:01~06:05東梅田、新大阪06:33~06:47京都2016071020160710_1_3

 

 

 

| | コメント (0)

2016年7月 8日 (金)

英虞湾を眺めながら、時がとまる、贅沢(NO3972)

時がとまる、贅沢。
ここにしかない風景の中で、
美味しい時間を過ごす、
時間をとめて、と願いながら。
■スペイン「コスタ・デル・ソル(太陽海岸)」をイメージした、スパニッシュスタイルのリゾート「ホテル海辺ホテルプライムリゾート賢島」へ。英虞湾を眺めながら、のんびりした時を楽しんでいます。
2012年に訪れた「志摩・地中海村」とよく似ています。
■無事に、伊勢志摩サミットが開催された「志摩観光ホテル」が近くにあり、㋅7日リニューアルオープンしました。
■関連WEB:海辺ホテルプライムリゾート賢島
■関連WEB:しまかぜで伊勢志摩の旅(NO3550)2015.5.24
■関連WEB:伊勢志摩サミットと「潮騒」の神島(No3774)2015.12.27
■関連WEB:夕日百選の英虞湾の夕日の眺めもよい「志摩・地中海村」20160708_2

| | コメント (0)

2016年7月 7日 (木)

宇宙へ、「天の川」の大川(No.3971)

七夕。
■大西拓哉さんら三人が搭乗したソユーズ宇宙船が七夕の日、7日午前7.36(日本時間午前10.36)、バイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。ステーションでは、骨や筋肉が弱くなる老化現象を解明するためのマウスの飼育実験や新材料開発のための実験をになう。帰還は10月末の予定。
■天満橋、八軒家浜では、19時から大川に発光ダイオード(LED)が入ったプラスチック製の玉を星に見立てて放流するイベントが行われ、4万個の青白い光、「天の川」の出現で川岸は多くの人でにぎわっていた。
■今夜は、明日の休暇に備えて、本日のISOのお手伝いの報告書、資料類を作成した。

| | コメント (0)

2016年7月 6日 (水)

真の商売はお客様のため(No.3970)

「真の商売はお客様のため」
「こうすることがお客様のためになる」という確固とした考えに
立って判断し、事を行ってこそ、真の商売である。
■6日は久しぶりに大阪市立中央図書館へ出かけました。梅雨があけたようですね。

| | コメント (0)

2016年7月 5日 (火)

命の時間を抱いて (No.3969)

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから「プラスαの魅力」をいただきました。
いつもありがとうございます。
言葉の花束「3572016.7.1.doc」をダウンロード してご覧ください
☆ 祈り――人智を超えた不思議な力――――
☆祈りは目には見えないが、大自然の不思議な働きが存在するように思えてならない――「命の時間を抱いて」(河出書房新社) 石川恭三20160705

| | コメント (0)

2016年7月 4日 (月)

がんこのQC活動とIOT (No.3968)

大商講演会「儲かってまっか! 商い繁盛のコツ」に参加しました。
■日時:7月4日(月)15.00~16.30
■会場:住吉大社 吉祥殿 「明石の間」
■講師:大阪商工会議所 副会頭
    がんこフードサービス株式会社 代表取締役会長
      小嶋 淳司氏
■演題:「儲かってまっか! 商い繁盛のコツ」
   
■企業理念・がんこ宣言の一部です。「我々は、折り目正しい規律と躾で お客様に徹底した満足をしていただく がんこな商いに徹します」。経営スローガンには「高くて美味しい」は当たり前。 「美味しくて安い、そして楽しい」が「がんこ」なのですから。愚直な商いを追及する!
▼お客様に、求めているものをきく、考えることが大切。お客さんが喜ぶ付加価値を上げること。▼自分の周辺にいる師を探し、教えを乞う。
▼サービス品質向上と省力化の同時実現を目指すさまざまな試みが実行されている。
.
■関連WEB:ようこそ、がんこへ2006.8.24
■関連WEB:目指せ和食の商人2008.11.16
■関連WEB:石田梅岩に学ぶ2010.10.22
■関連WEB:「行動観察手法」で“サービス革新”に2010.10.26
■関連WEB:がんこフードの気づきサイエンス研究所
■関連WEB:がんこフードのお屋敷
■関連WEB:がんこフードの企業概要
■関連WEB:がんこ農園野菜
■関連WEB:がんこフードサービス株式会社(ハイ・サービス第2回受賞企業・団体)
■関連WEB:従業員行動計測と可視化によるサービス品質管理活動支援(実世界センシングとその応用)
■関連WEB:がんこの経営とQC活動
■関連WEB:「がんこ」の挑戦―抜きん出たおもてなしを創り出す
■関連WEB:仲居さんにセンサー装着 がんこフードの「科学接客」
20160704

| | コメント (0)

2016年7月 3日 (日)

不満を蓄積している人たちの声にどうやって応えるか (No.3967)

ブレマー氏率いる政治リスクの調査会社、ユーラシア・グループが年初1月4日、今年世界を揺るがしかねない「10大リスク」を発表しました。
▼そのトップは、戦後構築されたアメリカやヨーロッパを中心とする「同盟の空洞化」。
▼2位は「ヨーロッパの閉鎖性」
▼4位は中東の過激派組織、「イスラム国」とその支援者。
▼欧州問題を今年のトップリスクのひとつに予測し、的中しました。
▼英離脱交渉開始は年内難しい。また米大統領が決まるまで読めない世界の進む方向が読めない状況が続きます。
▼トルコ最大の都市イスタンブールのアタチュルク国際空港で㋅28日に起きたテロの死傷者は280人を超え、昨年の首都アンカラの自爆テロに次ぐ被害規模となった。
▼バングラテロ、日本人7人死亡、伊9人含め20人犠牲。イスラム過激派が伸長する背景には、不満を蓄積している若い世代の存在があるとみられる。
▼イラクの首都バグダッド中心部で7月3日朝、爆弾テロがあり、78人が死亡、160人がけがをした。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。▼政治のリーダーたちは不満を蓄積している人たちの声にどうやって応えるかでしょう。

 

| | コメント (0)

2016年7月 2日 (土)

ドローンによる産業革命:課題と展望(No.3966)

「グローバル公共財としての法規制と技術開発
  ~ドローンによる産業革命:課題と展望~」
■日時:2016年7月2日(土)13.30~16.30
■会場:京都産業大学 壬生校地 むすびわざ館2階ホール
■ 【プログラム】
�基調講演   「グローバル公共財学の役割と展望」
�シンポジウム 「ドローンによる産業革命:課題と展望」
           講演1: 「ドローンの法規制:現状と今後の動向」
           講演2: 「ドローンにおけるセキュリティ問題」
           講演3: 「ドローンビジネスにおけるクリエイターの躍進」
�ドローンの展示20160702_3
�総合討論・質疑応答
▼ 現代の急激な技術開発によって生まれた様々なシステムは私たちの生活を豊かにする上で重要な役割を担っている一方、その技術開発のスピードに対して、各国での法整備は遅れを取っています。
▼そのため、技術開発だけではなく、その技術に対する秩序を保つための法整備も重要なテーマとなっています。
▼日本のドローンの活用と規制の法整備状況
・改正航空法(2015.9.11公布、12.10施行)
・小型無人機等飛行禁止法(2016.3.18公布、4.7施行)
▼ビジネスで活用する小型無人機いわゆる「商用ドローン」に関する規制・運用ルール(日本の省令にあたる)が、米国で6月21日に発表された。次代を担う空の新交通システムとして各国で期待が高まっている商用ドローンだが、世界に先駆けて正規なルールを施行することでリードしていこうというのが米国の狙いだ。成長戦略の一つとしてドローンに期待している日本も、引き離されないようにする俊敏な対応が求められる。

| | コメント (0)

2016年7月 1日 (金)

景況感、2期連続低水準…6月の日銀短観(No.3965)

「景況感、2期連続低水準…6月の日銀短観」
■日本銀行が7月1日発表した6月の全国企業短期経済観測調査(短観)は、代表的な指標となる「大企業・製造業」の業況判断指数(DI)が、前回3月調査から横ばいのプラス6となり、2四半期連続の低水準だった。先行きについても厳しい見方が続いている。▼円高の進行で自動車など輸出企業の採算が悪化する一方、石油元売りなど原油価格の持ち直しで改善した業種もあった。▼短観は、日銀が企業約1万社を対象に3か月ごとに行っているアンケート調査。今回は、ほぼ全ての企業が、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る国民投票の前に回答しており、「英国ショック」の影響は織り込まれていない。▼最近の景気が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた企業の割合を引いたDIで、企業の景況感を判断している。日銀短観、横ばいも低水準で追加緩和へ前進 7月下旬に検討か。
■「訪日客が路線価押し上げ…消費に変化、懸念も」
▼国税庁は1日、相続税や贈与税の算定基準となる2016年分(1月1日時点)の路線価を発表した。▼全国の平均変動率は前年比プラス0・2%で、リーマン・ショック前の2008年以来、8年ぶりに下落から上昇に転じた。▼訪日外国人の増加を見込んだ店舗・ホテル需要の高まりや、金融緩和で不動産向け投資が拡大したことなどが要因とみられるが、今年に入って円高や海外経済の減速が続いていることから、上昇傾向が続くかは不透明だ。▼都道府県別で上昇したのは、東京、大阪、愛知など14都道府県。昨年の10都府県に北海道、広島、福岡、熊本の4道県が加わり、地方の中核都市でも回復傾向が鮮明となった。
■14.00~15.00経済産業省経済産業政策局調査課の「我が国経済の現状と先行き」に参加した。20160701

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »