« 桑蓬会 第362回 「健康経営とメンタルヘルス」(No.3986) | トップページ | トランプ氏の米国第一主義を憂慮する(No.3988) »

2016年7月22日 (金)

とろさばを世界ブランドに!『株式会社鯖や』の挑戦(No.3987)

<第5回食料部会講演会>に参加しました。
「新しいマーケットを拓く
 ‐とろさばを世界ブランドに!『株式会社鯖や』の挑戦‐」
◆日 時: 平成28年7月22日(金) 14:00~16:00
◆場 所:大阪商工会議所 4階 402号会議室
◆内 容:
   1.説明 「‘17食博覧会・大阪について」食博覧会実行委員会
     
   2.講演 「新しいマーケットを拓く
       ‐とろさばを世界ブランドに!『株式会社鯖や』の挑戦‐」
         講師  株式会社鯖や 代表取締役 右田 孝宣 氏
◆「株式会社鯖や」は、鯖寿司の製造や「鯖との出会い」をコンセプトにした飲食店の経営など、「鯖」だけに商材を絞った事業展開で躍進しています。
◆「とろさば」を世界にへ。
◆SABARの「とろさば」の定義
・東北(八戸前沖・三陸沖)で獲れる鯖
・脂質含有量21%以上
・魚体550g以上!大きい程うまい!
◆ この2年間に12店舗出店(14店出店し、2店閉める)。
◆ 同社代表取締役の右田 孝宣氏に、クラウドファンディングを活用した新しい取り組み「クラウド漁業」(出資目標額は国内最高となる1億380万円)の話題も含め、新市場開拓に挑む同社の取り組みについて お話を伺いました。
■早速、阪急百貨店うめだ本店で「鯖棒寿司」を買い求め、次に南森町のSABAR南森町店の店内を見せていただきました。
■関連WEB:『株式会社鯖や

|

« 桑蓬会 第362回 「健康経営とメンタルヘルス」(No.3986) | トップページ | トランプ氏の米国第一主義を憂慮する(No.3988) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。