« 不満を蓄積している人たちの声にどうやって応えるか (No.3967) | トップページ | 命の時間を抱いて (No.3969) »

2016年7月 4日 (月)

がんこのQC活動とIOT (No.3968)

大商講演会「儲かってまっか! 商い繁盛のコツ」に参加しました。
■日時:7月4日(月)15.00~16.30
■会場:住吉大社 吉祥殿 「明石の間」
■講師:大阪商工会議所 副会頭
    がんこフードサービス株式会社 代表取締役会長
      小嶋 淳司氏
■演題:「儲かってまっか! 商い繁盛のコツ」
   
■企業理念・がんこ宣言の一部です。「我々は、折り目正しい規律と躾で お客様に徹底した満足をしていただく がんこな商いに徹します」。経営スローガンには「高くて美味しい」は当たり前。 「美味しくて安い、そして楽しい」が「がんこ」なのですから。愚直な商いを追及する!
▼お客様に、求めているものをきく、考えることが大切。お客さんが喜ぶ付加価値を上げること。▼自分の周辺にいる師を探し、教えを乞う。
▼サービス品質向上と省力化の同時実現を目指すさまざまな試みが実行されている。
.
■関連WEB:ようこそ、がんこへ2006.8.24
■関連WEB:目指せ和食の商人2008.11.16
■関連WEB:石田梅岩に学ぶ2010.10.22
■関連WEB:「行動観察手法」で“サービス革新”に2010.10.26
■関連WEB:がんこフードの気づきサイエンス研究所
■関連WEB:がんこフードのお屋敷
■関連WEB:がんこフードの企業概要
■関連WEB:がんこ農園野菜
■関連WEB:がんこフードサービス株式会社(ハイ・サービス第2回受賞企業・団体)
■関連WEB:従業員行動計測と可視化によるサービス品質管理活動支援(実世界センシングとその応用)
■関連WEB:がんこの経営とQC活動
■関連WEB:「がんこ」の挑戦―抜きん出たおもてなしを創り出す
■関連WEB:仲居さんにセンサー装着 がんこフードの「科学接客」
20160704

|

« 不満を蓄積している人たちの声にどうやって応えるか (No.3967) | トップページ | 命の時間を抱いて (No.3969) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。