« 南海トラフ全域で、海底の断層調査に着手(No.4014) | トップページ | 堺ブランド「堺技衆」認証審査基準(No.4016) »

2016年8月17日 (水)

オリンピックの経済効果は(No.4015)

大阪大学 社会経済研究所
第13回行動経済学研究センターシンポジウム『スポーツの経済学』に参加しました。
開催日: 2016年8月17日(水)18:30-20:00
会  場: 大阪大学中之島センター10階
         佐治敬三メモリアルホール
テーマ: 『スポーツの経済学』
講  演: 佐々木 勝氏: 大阪大学大学院経済学研究科教授

    『オリンピックに経済効果はあるのか?』

    安田 洋祐氏: 大阪大学大学院経済学研究科准教授

    『スポーツに潜む戦略的思考』
司  会:
     大竹文雄氏: 大阪大学社会経済研究所教授、
    一般財団法人アジア太平洋研究所上席研究員
■スポーツを対象にして多くの経済学的研究が行われてきました。サッカー、テニス、野球といった対戦型のスポーツでは、戦略の練り方や望ましいルールの制定方法は、経済学の研究テーマとピッタリ対応します。さらに、スポーツ最大のイベントであるオリンピックは、景気の浮揚効果も狙って行われています。
■スポーツと戦略、スポーツと景気の関係についてディスカッションがあり、理解を深めることができまし。20160817_5

|

« 南海トラフ全域で、海底の断層調査に着手(No.4014) | トップページ | 堺ブランド「堺技衆」認証審査基準(No.4016) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。