« スリランカで人気ナンバーワンの世界遺産「シーギリヤロック」(No.4022) | トップページ | 「ピンナワラの象の孤児院」(No.4024) »

2016年8月25日 (木)

ノリタケ・スリランカ見学(No.4023)

25日13時からキャンディにあるノリタケを見学しました。

 

20160825_2

 

 

 

1972年、スリランカに食器の製造会社(NLPL)を設立

▼従業員数1240人(2015年末)、日本人社員7人。
▼1972年設立時の資本内訳は、日本政府25%、スリランカ75%。
▼1999年にノリタケ100%へ。
▼2014年工場の一部改修工事開始。
▼1998年:ISO9001取得、2015年ISO14001、18001取得。
▼絵柄やブランドを印刷した転写紙を食器に手でずれないように貼る作業が印象的でした。そのあと、1200℃で焼き付ける。
▼工場の隣にアウトレットがあります。、

 

 

 

 

■関連WEB:株式会社ノリタケカンパニーリミテド
当社は、1904年に洋食器の製造を目的として創立され、その直後よりセラミックスの技術を核として新たな事業を開拓しながら、今日まで存続してきました。現在、私たちは、4つの事業を通じて、皆さんの食卓から、自動車・鉄鋼などの基幹産業や太陽電池を始めとするエネルギーやエレクトロニクスなど先端技術産業に至るまで、幅広い分野に製品や技術を提供しています。

 

 

▼関連WEB:「食器の事業戦略」
・国内、米州では、高品質で洗練された商品を充実させるとともに、提案力を強化して拡販を図ります。
・アジア、中近東地域では、営業体制を整備、強化して、市場開拓を推進します。
・新商品の開発スピードの向上と生産体制の効率化に取り組みます。

 

 

■関連WEB:株式会社ノリタケカンパニーリミテド 20160825_320160825_4

 

 

 

 

 

 

 

|

« スリランカで人気ナンバーワンの世界遺産「シーギリヤロック」(No.4022) | トップページ | 「ピンナワラの象の孤児院」(No.4024) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。