« ノリタケ・スリランカ見学(No.4023) | トップページ | 中華帝国の歴史と習近平政権の国際戦略(No.4025) »

2016年8月26日 (金)

「ピンナワラの象の孤児院」(No.4024)

26日(金)スリランカの最終日です。
午前中は、古都キャンディ(Kandy)から西へ30kmほどのキャーガッラ(Kegalle)の郊外に、「ピンナワラの象の孤児院(Pinnawala Elephant Orphanage)」へ。
▼ショッピングセンターなどの市場視察後、コロンボ19.45発で帰路「成田」へ。
■スリランカの象の数は植民地支配が始まる前のスリランカには、4万頭以上の野生のスリランカゾウが生息していた。1970年には2000頭にまで減ってしまいました。1986年、スリランカゾウは絶滅危惧種に指定され、ようやく保護の対象になり、現在、象の数は5000頭ほどにまで回復しました。
■関連WEB:ワイルドライフ Wildlife ~世界の野生動物観察日記~
20160826_23 20160826_2120160826_18

|

« ノリタケ・スリランカ見学(No.4023) | トップページ | 中華帝国の歴史と習近平政権の国際戦略(No.4025) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。