« 薬や健康食品では長生きできない(No.4001) | トップページ | レジェンド講義、高野山夏季大学(No.4003) »

2016年8月 4日 (木)

建設現場の生産性革命(No.4002)

講演会「建設技術の新たなステージ i-Construction」
       ~建設現場の生産性革命について~
◆日 時: 平成28年8月4日(木)14:00~15:30
◆会 場: 大阪商工会議所 4階401号会議室
◆講 師: 立命館大学工学部 教授
      建山 和由 氏 
20160804 ◆近年の建設業界は、熟練技術者、現場労働者ともに不足状態にあり、今後も、 人口減少社会や高齢社会の進行を背景に、人手不足が深刻化する懸念があります。
一方で、老朽化が進む建築物の維持管理作業も年々増加傾向にあり、人手不足に左右されず、安定的に社会インフラを提供していくことができる体制を業界全体で構築する必要があると考えます。
このような中、国土交通省は、情報・通信技術(ICT)やロボット技術を建設 現場に応用する取り組みを積極的に進めています。
4月には同省のi-Construction委員会より「建設現場の生産性革命」のタイトル で報告書が発表されるなど、建設技術の飛躍的な革新に期待が集まっております。
◆「i-Construction」とは、国土交通省の建設生産システム革命で、建設現場の生産性向上に向けて、測量・ 設計から、施工、管理に至る全プロセスにおいて、情報化を前提とした新基準が2016年度より導入されます。
◆「i-Construction」の目指すもの
・一人一人の生産性を向上させ、企業の経営環境を改善
・賃金水準の向上を図るなど魅力ある建設現場に
・死亡事故ゼロを目指し、安全性の飛躍的な向上
◆関連WēB:建設現場の生産性革命
~「i-Construction委員会」報告書の手交について~

|

« 薬や健康食品では長生きできない(No.4001) | トップページ | レジェンド講義、高野山夏季大学(No.4003) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。