« 経営改革を行う意思の無い経営者にどうアプローチするか(No.4060) | トップページ | グラヴィティヨガ(gravity yoga)(No.4062) »

2016年9月30日 (金)

大阪の博物学と博物館(No.4061)

大阪歴史博物館の館長講座に参加しました。
■第11回 平成28年 9月30日(金) 14.00~15.30
▼講師:加藤 俊吾氏( 学芸員)
▼「大阪は博物館先進地?!―大阪の博物学と博物館―」
▼大阪では明治8年という、全国的にも早い時期に博物館が設立されました。▼こうした背景には、江戸時代から底流していた博物学の動きがあったと思われます。▼物産会から博覧会そして博物館へという流れを、大阪を舞台に説明されました。
▼「国立博物館の系譜」「日本における博物学者の系譜(江戸初期~明治初期)は加藤さんが多くの資料を参照して一つの図にまとめられ非常にわかりやすい貴重な資料でした。
▼<大阪万博>2025年誘致へ 政府、五輪後の景気浮揚策。2016093020160930_220160930_1

|

« 経営改革を行う意思の無い経営者にどうアプローチするか(No.4060) | トップページ | グラヴィティヨガ(gravity yoga)(No.4062) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。