« ユアサ32会「自然に囲まれた越前古窯の里・温泉料理旅館グルメの旅」(№4088) | トップページ | 秋季講義「山を知る」(№4090) »

2016年10月28日 (金)

ユアサ32会「一乗谷・朝倉氏遺跡見学」(№4089)

10月28日(金)、ユアサ32会の旅2日目は福井市の南東約10キロ、一乗谷にある朝倉氏遺跡は、戦国時代に朝倉氏五代が103年間にわたって越前の国を支配した城下町跡の見学からです。■武家屋敷・寺院・町屋・職人屋敷や道路に至るまで町並がほぼ完全な姿で発掘され、国の特別史跡・特別名勝に指定されています。 ■生憎、一乗谷・朝倉氏遺跡見学の頃から、予報通り、雨が降り出した。
■うるしの里、和紙の里、越前の里・味真野苑のすぐそばにあるタケフナイフビレッジは、若手打刃物職人の研究グループの共同工場で、ものつくりの機械と作業場が興味深く見学ができました。■遠路来たのだから、これもぜひ、見ていただこうと、幹事さんには至れり尽くせりのご案内をしていただき恐縮しました。
■昼食の萬谷へは事前に幹事の石川さんと下見のために、奥様と食事をされ、本日の部屋の予約を確認されました。■しかし、手違いで予約と異なる狭い部屋になり、残念でしたが、今回の幹事さんたちは段取り良くやってくれました。本当に言葉で言い表せない感謝で一杯です。
■関連WEB:一乗谷・朝倉氏遺跡ようこそ
■関連WEB:越前漆器会館
■関連WEB:タケフナイフビレッジ
■関連WEB:萬谷 201610287_220161028_4201610280_2

|

« ユアサ32会「自然に囲まれた越前古窯の里・温泉料理旅館グルメの旅」(№4088) | トップページ | 秋季講義「山を知る」(№4090) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。