« ISO18001のキックオフ(No.4105) | トップページ | 「国際水準から見た日本の危機管理(NO4107) »

2016年11月14日 (月)

成果を出す仕組みの作り方(No41.06)

14日はISO9001の第一次審査での指摘に対する是正指導でした。「成果を出す仕組みの作り方」及び目標の測定可能化とマネジメントレビューのインプット内容でした。
■アイソス12月号の特集は「新・間違いだらけのISO」
【現代版ISOマメジメントシステム構築と効果的な運用】です。
▼52 成果を出す仕組みの作り方 ワンポイントアドバイス
 第3回 「結果責任は組織にある」
▼61 会社を強くする「効果的なQMS診断アプローチ」
   ~形骸化ISOから儲けるISOへの革新~
 第2回 自己適合宣言の仕組み
▼66 ネット情報を読み解く ISO9001:2015の海外動向
 第20回 限られた文書のQMSを監査する
▼70 認証機関が明かす 品質・環境 
   改訂規格への移行の5つのコツ 
 第3回 コツ2:リスク及び機会の考え方
▼75 気候変動の緩和・適応とリスク及び機会への取組み
 第1回 気候変動の緩和及び気候変動への適応とは 
▼80 改訂版対応実践記 組織が明かす2015年版有効活用方法
  第3回 「6計画 6.1リスク及び機会への取組み」
▼食品品質プロフェショナルズが説く HACCP対応最前線
 第9回 飲食業向けHACCPの国際的な潮流と日本の立ち位置
▼「社会起業家」を支援しよう! ~企業価値を高めるCSRのために~  
20161114

|

« ISO18001のキックオフ(No.4105) | トップページ | 「国際水準から見た日本の危機管理(NO4107) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。