« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月31日 (土)

初心者のための上方伝統芸能ナイト (NO4153)

大晦日の夜は近くの山本能楽堂の「初心者のための上方伝統芸能ナイト 大晦日スペシャル」で過ごしました。司会をされた落語家のユーモアあふれる解説と、各出演者による上方伝統芸能をとてもわかりやすく解説をしていただき、楽しい時間が、あっという間でした。抽選会・鏡開き、振る舞い酒を頂戴して失礼したのが新年の午前1時でした。自宅まで徒歩5分で助かりました。
------------------------------------
■日時:平成28年12月31日(土)21.30--1.00
■会場:山本能楽堂 
------------------------------------
■プログラム
司会:桂ちょうば
浪曲・・・春野恵子「神田松五郎」、
講談・・・旭堂南海「真田幸村の真実」
女道楽・・・内海英華
落語・・・桂ちょうば「地獄八景」
文楽・・・「鬼--法眼三略巻 五条橋の段」
能・・・山本章弘ほか「翁」
抽選会・鏡開き、振る舞い酒
-------------------------------------
■関連WEB:浪曲・春野恵子

■関連WEB:講談師・旭堂南海

■関連WEB:女道楽・内海英華でございます

■関連WEB:桂ちょうばの『ちょねっと』

■関連WEB:人形浄瑠璃文楽座 豊竹咲甫大夫

■関連WEB:文楽人形遣い 吉田幸助

■関連WEB:文楽協会人形の部技芸員

■関連WEB:山本能楽堂 2016123148_22016123192016123153_2

| | コメント (0)

2016年12月30日 (金)

ISSUES 2017, 2017大予測, 変わる世界と日本(NO4152)

正月に読む雑誌です。
『ニューズウィーク日本版』特集:ISSUES 2017と『週刊東洋経済』2017大予測 破壊され生まれ変わる 世界と日本です。
■『ニューズウィーク日本版』20120161230_37.1. 3号 特集:ISSUES 2017
▼トランプ就任の衝撃波はアジア、欧州そして中東へ。地殻変動を起こし始めた2017年の世界を読む
展望 先進国と新興国、逆転する希望と失望
米政治 トランプ就任100日の挫折
閣僚 就任できる?トランプの冒険的人事
アジア外交 トランプという激震がアジアを揺さぶる
対中戦略 さらば弱腰外交、南シナ海に嵐の予感
中国 勝負の年を迎えた習近平の綱渡り
ドイツ 虚し過ぎるメルケル待望論
EU 欧州の価値観を守ることこそ最大の防御だ
南米 コロンビア和平の導き方
米ロ トランプとプーチン、蜜月はいつまで
中東 米新政権を待つシリアの墓場
紛争 戦争まみれの中東を救う道は
経済 トランプ相場ははかない幻想だ
環境 温暖化の軽視は国家にとって最大のリスクに
 
20161230_2
■『週刊東洋経済』
2016年12月31日・2017年1月7日合併号
▼「2017大予測 破壊され生まれ変わる 世界と日本」

■世界政治・経済、日本政治・経済、2020年までの焦点、IT・テクノロジー、ビジネス
(企業・産業別予測)、さらに健康とおカネ(株式投資)など、115のテーマで2017年を大胆予測。
■日本企業のピンチとチャンス
 四季報記者注目の52社
 新年相場で勝つ!お宝銘柄ランキング280
■2017年キーパーソン スペシャルインタビュー
 小池百合子●東京都知事 「私の東京改革は終わらない」
 日産自動車社長 カルロス・ゴーンが語る野心
 日本ハム監督●栗山英樹 「逆転の組織論」  ほか

| | コメント (0)

2016年12月29日 (木)

働く人々の健康を精神的な側面を含めて守るマネジメントツール(NO.4151)

OHSAS18001の仕組みづくりのお手伝いでした。
■本日はリスク分析のツールの進め方と目標管理でした。
■労働安全衛生マネジメントシステム(Occupational Health & Safety Management System = OHSMS)は、組織とその従業員及び関係する第三者の安全・衛生・健康面の管理を、企業経営の一環として体系的に取り入れるための戦略的なマネジメントツールといえます。201612292 ■本日の歩数は12466歩。

| | コメント (0)

2016年12月28日 (水)

リスクアセスメント(NO.4150)

明日のOHSAS18001の準備です。リスクアセスメントおよび管理策の確認■労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)の導入により、事件・事故、組織をとりまく脅威などのリスクを特定し管理することで組織の健全・円滑な運営を可能にします。働く人々の健康を精神的な側面を含めて守る、戦略的なリスクマネジメントツールです。
■ISO45001発行の見通しについて
2017年2月 -WG1会議にてコメント、レビュー
2017年3月 -DIS2編集と準備
2017年4月~5月 -DIS2翻訳
2017年6月~7月 -DIS2投票
2017年9月 -PC283及びWG1会議でDIS2投票結果レビュー
▼(DIS2が承認され、最終規格原案(FDIS)段階をスキップする場合)
2017年10月~11月頃 -ISO45001発行
▼(DIS2が承認されるがコメントが多く、最終規格原案(FDIS)が発行される場合)

| | コメント (0)

2016年12月27日 (火)

一年すぎるの早いね(NO.4149)

今年を振り返る。
▼世界を驚かせた6月の英国の欧州連合離脱決定と11月の米大統領選でのトランプ氏勝利。▼所得の2極化とインターネットを通じた人々の「生の情報交換」の結果。▼トランプ次期米大統領の米国第一主義、保護貿易主義でどうなるでしょうか?             ■27日朝刊の一面記事は「日本最大の物流施設」、シンガポール系の物流施設大手GLPは2020年をめどに神奈川県相模原市に日本最大の物流倉庫を開設する。東京ドーム14個分に当たる。好立地を生かし、ネット通販の即日配送の拠点として通販会社に貸す。■27日夕刊は「首相、米国立墓地で献花」「あす真珠湾訪問」「S急便駐車違反逃れ、運送業は慢性的な運転手不足で、駐車違反で摘発され運転できなくなった場合の影響が大きい。駐車違反は点数が累積すれば免許停止処分になる。運送会社によっては、駐車違反を繰り返すと配送業務から外されることもある」
▼写真は欣浄寺さんに掲示されている「ことば」です。20161227
「一年すぎるの
 早いね」

| | コメント (0)

2016年12月26日 (月)

「日本一の知恵工場」の社風づくりを学ぶ「タニサケ塾」(NO4148)

株式会社タニサケさんは多くの改善提案書により、営業力向上やコストダウンを 実現され、「日本一の知恵工場」と言われています。 ▼社内報「フレッシュタニサケ」、毎月開催の「タニサケ塾」、経営者の勉強会の 「大阪松岡会」、各地での松岡会長の講演会、「毎朝の掃除の実践」など 活動で有名です。
■関連WEB:タニサケ塾
■関連WEB:タニサケ塾2011.02.06 

| | コメント (0)

2016年12月25日 (日)

「一途一心、命をつなぐ」 (NO.4147)

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから「プラスαの魅力」をいただきました。いつもありがとうございます。
言葉の花束「368.12.15.doc」をダウンロード してご覧ください
☆一途に一心に自分の信じた道を突き進んでいると、“不思議な力”が湧いてくる
――「一途一心、命をつなぐ」(飛鳥新社)天野 篤 
■関連WEB20161225 「一途一心、命をつなぐ」

| | コメント (0)

2016年12月24日 (土)

週刊エコノミスト特集 日本経済総予測2017の記事一覧(NO4146)

週刊エコノミスト2016年12月27日号

特集 日本経済総予測2017の記事一覧

第1部

    20 トランプでゲームチェンジ 米好景気で日本の内需拡大へ ■松本 惇

    23 GDPトランプノミクスで底上げ 日本の成長率0.3%アップ ■吉川 雅幸

    25 インタビュー 伊東 光晴 京都大学名誉教授

    26 アナリスト予想 為替・株はどう動く

       壁谷 洋和/謝名 憲一郎/山田 一郎/尾河 真樹/唐鎌 大輔/内田 稔

    28 貿易 米TPP離脱はチャンス アジア市場を取り込め ■青木 大樹

    30 内需 補正予算と五輪で公共投資増 消費改善へ ■愛宕 伸康

    32 インタビュー 吉川 洋 立正大学教授・財政制度等審議会長

 

第2部 金融政策の行方

    33 インタビュー 浜田 宏一 内閣官房参与、米エール大学名誉教授

    34 シムズ論文 財政が物価を決める ■藤枝 克治

    35 追い詰められた日銀 次の一手がない黒田総裁 ■熊野 英生

    37 で、どうすれば<1> 財政出動支える金融緩和を ■片岡 剛士

    38 で、どうすれば<2> デフレ脱却の見込みなし ■服部 茂幸

 

第3部 日本の未来を開く産業

    82 シェアリング・エコノミー 利用広がるウーバーイーツ、民泊■松本 惇/藤沢 壮

    85 ロボットが活躍 ハウステンボス、介護施設、携帯ショップでも■山田 紀子/藤沢 壮

    87 インタビュー 石黒 浩 大阪大学教授

    88 自動運転 自動車業界は“再構築”へ ■貝瀬 斉

    90 電力再編 東電救済で膨らむ国民負担 ■高橋 洋

    92 ガス自由化 電力会社などが新規参入 ■橘川 武郎

    94 再開発 銀座、大手町、赤坂… 都心で進む ■編集部

       

週刊エコノミスト2016年12月27日号

| | コメント (0)

2016年12月23日 (金)

LA萌DIEクリスマスコンサート(NO.4145)

20161223die5 風邪のため、高槻のLA萌DIEクリスマスコンサートは欠席しました。

| | コメント (0)

2016年12月22日 (木)

中小、IOTで課題解決(NO.4144)

午前中はOHSAS18001とKESの統合マニュアル案について検討しました。        ▼18.30から大阪府診断協会技術向上研究会のテーマは「Things on IoT」でした。
▼IoTは製造現場(工作機械の稼働状況遠隔監視、部品迅速交換)だけでなく、サービス業や農業など幅広い分野で活用が広がっている.。▼人出不足の解消や生産性向上、長時間労働の是正に役立つであろう。▼風邪気味のため、最後までお話を聞かずに失礼しました。
①クラウド
②環境センサー
③人や物の動きのセンサー
④生体情報センサー
⑤製造用現場機器
⑥ロボット
⑦宅内機器
⑧産業機器
▼通信料金やセンサー類が格段に安くなっており、中小企業でもすでに導入できる段階にある。▼ 課題は経営者が積極的に採用するかどうかの改善意欲にかかっている。▼IoTやAIが活用される時代を迎えて、診断士の業務も変化するであろう。▼これらのシステムの導入支援や得られたデータの経営改善への活用に向けて、多くの実用事例に触れて勉強していく必要があるだろう。
20161222iot16_2

| | コメント (0)

2016年12月21日 (水)

インサート成形(NO.4143)

冬至、歩数は17606歩。▼本日訪問した企業は樹脂と金属の高精度複合成型技術を活用した製品の共同開発で、国内の自動車メーカーや大手電機メーカーから信頼を獲得しています。▼インサート成形で製造することにより、軽量、低コストの製品を提供しています。▼射出成形は、約200℃程度の高温でプラスチックを溶かし、金型の中に押し込んで冷却し固めるという方法。▼インサート成形金型は、金属インサート(金属製の端子や接点などの部品のこと)をあらかじめキャビティ内に挿入(インサート)しておいて、金型を閉じて樹脂を射出成形して金属インサートを樹脂で包んだ射出成形品を作るのに用いられます。▼樹脂は、一般的には電流をほとんど伝えない性質がありますので、金属部分に電流を流し、樹脂部で電流を遮断することで電気回路を形成することができます。この性質を利用した電気部品(リレー、遮断機、コネクター、スイッチなど)が大量に社会で利用されています。201612212

| | コメント (0)

2016年12月20日 (火)

スーパーホテル流人材育成(No.4142)

大商サービス産業部会第2回人材育成分科会に参加しました。
▼講演テーマは「スーパーホテル流人材育成
~従業員のモチベーション向上がもたらす好循環~」
▼講師:株式会社スーパーホテル常務取締役山本健策氏
▼「自律型感動人間」や「ベンチャーの支配人制度」といった独自の取り組みによって従業員のモチベーション向上と顧客満足度アップに成功されている株式会社スーパーホテルの人材育成のお話をうかがいました。
■関連WEB:スーパーホテル大阪・天王寺
 天王寺駅から徒歩8分、天然温泉『秀吉ゆかりの天下取りの湯』完備
201612202_2
 

| | コメント (0)

2016年12月19日 (月)

時間当たりの生産性(No.4141)

主要先進35カ国1で構成されるOECD加盟諸国の2015年の国民1人当たりGDPを みると、第1位はルクセンブルク(102,101ドル/ 1,075万円)であった。以下、アイルランド(65,123ド ル/686万円)、ノルウェー(61,255ドル/645万円)、 スイス(61,042ドル/643万円)、米国(56,077ドル/ 591万円)といった国が上位に並んでいます。▼ 日本の国民1人当たりGDPは、37,372ドル (394万 円)で、35カ国中18位。これは、米国のほぼ2/3。(日経)▼ルクセンブルクの謎は、今年5月10日に訪れたブログをご覧ください。▼アイルランドへは2009年6月14日から21日訪問し、一般の家庭に宿泊させていただき、また行ってみたい国のひとつです。
■小売りや飲食など日本のサービス産業の生産性が、米国の5割にとどまることが、日本生産性本部の調査でわかった。 労働生産性は、従業員1人が一定の時間あたりでどれぐらいのモノやサービスを生み出したのかを示した指標だ。日本生産性本部が、日米の生産性に関する2010~12年のデータを比較した。 その結果、米国を100としたときの日本のサービス業は49・9%と半分の水準にとどまった。業種別では、飲食・宿泊業が34・0%、卸売・小売業が38・4%と米国を大きく下回った。 一方、製造業の生産性は米国の69・7%と、サービス業に比べると差は小さかった(日経)。
■関連WEB:労働生産性の国際比較2016年版
■「日本の働き方の課題(上)(下)」:日本経済新聞経済教室12月19日・20日付け
2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)第5回調査結果発表~セゾン自動車火災が初の顧客満足1位  楽天カードが8年連続、コープ共済が4年連続顧客満足1位

| | コメント (0)

2016年12月18日 (日)

定期健康診断の有所見率と病気リスク下げる活動量(No.4140)

日本小集団協会の12月例会は各自15分の持ち時間の中で最新情報を報告しました。
■場所:大阪府立労働会館608
■日本小集団協会の創設期について
いま勉強会がブームですが、今日の例会は三浦啓親先生が創設され、「日本小集団協会」として、「QC活動を進めるための啓発・研鑽の資料の検討・作成」からスタートし、研鑽研究暦は20年を超えています。
■本日も貴重な情報を皆さんから多数いただきました。
・男のカンタン料理レシピコンテスト,燻製はなぜおいしい?
・病気リスク下げる活動量
・原発、国民負担は長期化、福島廃炉・賠償21.5兆円、想定の倍
・電力、ガス小売り全面自由化について、
・なぜ、被災建物の撤去は進まないのか、益城町覆う36年分の廃棄物
・ISOマネジメントシステムの世界認証件数を発表、
・住所の変更につきまして(報告)
・共通話題「格差、低所得者問題、反グローバル化、トランプ氏、アベノミクス」
・日本が優先すべき外交課題(5項目)、
・世界最古の企業金剛組の事業承継と組織構造
・近江兄弟社ウイリアム・メレル・ヴォーリズ
・家庭用品産地、海南エリアの現況を探る
・「棕櫚」を知っていますか?~野上谷の棕櫚を訪ねて~
・ランサムウェア、脅かされる日本企業 
・「つながる工場」の先に見えたもの、
・ワクワクする中小連携、組んで、学んで、教えて、挑む  、
・KPI,サービス、改善の決定打
・トランプ時代の国際情勢、新・日米同盟の幕開け
・定期健康診断の有所見率の改善方法
・わか杉っ子の「キャリアノート」の活用事例
・中小、IOTで課題解決
・国際水準から見た日本の危機管理、
 天皇のご譲位と憲法改正問題、
・国民の命と暮らしを守るため、憲法に「緊急事態条項」を!2016121855_22016121850_22016121881_22016121884_2

| | コメント (0)

2016年12月17日 (土)

天皇のご譲位と憲法改正問題(NO.4139)

武藤記念講座 第1025回
演題:天皇のご譲位と憲法改正問題
講師:国士舘大学大学院客員教授・百地章氏
 
第一部天皇のご譲位問題
1.7月13日NHKのスクープ報道から、天皇陛下のお言葉まで
2.有識者会議のヒアリング
3.男系の皇統維持のために
 
第二部憲法改正問題
1.今、なぜ「憲法改正」が必要か
2.国家的な危機に備えて「緊急事態条項:を!
3.9条2項を改正し、自衛隊を「軍隊」に!
4.おわりに
 
とても、わかりやすいお話でした。
 
 
■来年1月~3月の予定です。
1月  7日(土): 評論家                                   金美齢氏
2月25日 (土): 慶應義塾塾長                         清家篤氏
3月11日 (土): 公益社団法人國民會館会長  武藤治太氏2016121731_220161217_2
 

| | コメント (0)

2016年12月16日 (金)

領土返還、道のり遠く(No.4138)

領土返還、道のり遠く 「特別な制度」主権の壁
▼安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領は平和条約締結に向け、共同経済活動の協議を始めることで合意した。▼北方領土で双方が受け入れられる「特別な制度」を探る。だが主権が絡む法的立場や活動の対象範囲など課題は山積みで、首相自身「国際的にあまり例がなく難易度は高い」と認める。▼注目を集めた首脳会談は、領土返還への入り口にようやくたどり着くにとどまった。(日経)▼期待がおおきかっただけに、終わってみると、「がっかり!」▼首相には「お疲れ様でした!」
■ISO45001開発状況、2016年10月30日~11月4日、リトアニアでISO/PC283(ISO45001開発)の委員会開催。
▼次回は2017年2月です。

| | コメント (0)

2016年12月15日 (木)

米、1年ぶり利上げ 0.25%(NO.4137)

「米、1年ぶり利上げ 0.25% 」
■米連邦準備理事会(FRB)は14日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、1年ぶりの利上げを決めました。利上げ幅は0.25%。同時に公表した政策見通しでは、2017年中に3回の利上げを中心シナリオとし、引き締めペースの加速を見込んだ。FRBは08年の金融危機後に続いた超低金利からの脱却を目指しており、世界市場を再び揺り動かしそうです(日経)。
■円、一時117円台後半
15日の東京外国為替市場で、円相場は一時1ドル=117円台後半と2月上旬以来、約10カ月ぶりの円安水準を付けた。米連邦準備理事会(FRB)の利上げペースが加速するとの見方から米長期金利が上昇。日米金利差の拡大を見越した米国へのマネー流入を期待し、円売り・ドル買いが優勢となっています(日経)。
■日ロ首脳、山口で午後会談
■改正年金法が成立、現役世代の負担を抑え、将来の年金の安定につなげるのが狙い。
2018年4月から年金支給額の伸びを賃金や物価の上昇より抑える「マクロ経済スライド」を見直し、支給額の抑制を強める
■日経・15日の経済教室「広がるポピュリズム(中)」:「没落する中間層」不満映す、国際化への賛否、対立軸に。
ポイントは下記です。
●没落する中間層はグローバリズムの敗者
●戦後の安定・平等の両立、70年代以降変容
●多文化主義・自由主義の否定、英米で拡大

| | コメント (0)

2016年12月14日 (水)

広がるポピュリズム(NO.4136)

14日の経済教室のテーマは竹森教授の「広がるポピュリズム(上)」でした。
ポイントとして、次の3項目があげられています。
●米の中間層は金銭より影響力回復求める。
●ポピュリズムの弱点は処方箋示せぬこと。
●公約未達成なら他国に責任転嫁の可能性。
米の中間層は金銭より米国の政治・経済に対する影響力(パワー)の回復力を求めています。
■14日の大機小機「グローバル化は終わらない」では、第4次革命の大波を起こして偏狭な国家主義・保護主義をのみ込み、これまでとは理念も方向性も異なる新しいグローバル化が始まるだろうと述べています。■天皇陛下の退位をめぐる有識者会議で、今の天皇に限り退位を認める特例法での対応でまとめることで一致した■日銀短観12月、景況感1年ぶり改善、大企業製造業、円安・株高で■東大阪商工会議所のご紹介でISO9001・14001の2015年版への移行のサポートの依頼を受けました。来年は忙しくなりそうです。■本日の歩数は11700歩。20161129

 

| | コメント (0)

2016年12月13日 (火)

2015年版はこう使う~2015年版の取り組み方~(NO.4135)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆◇ 第23回テクノファ年次フォーラム(大阪)◇◆              
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■日 時:2016年12月13日(火)  13:00~17:00
■会 場:大阪科学技術センター 大ホール
■プログラム:       
================   プログラム   ================
 13:00~13:05 主催者あいさつ
 13:05~13:35
  基調講演
  「2015年版移行で認証審査や組織に期待するもの」
   飯塚  悦功氏
        公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)理事長
 13:35~
  事例紹介1
   「ISO9001:2015を経営のツールとして用い
             事業プロセスへ組み込む
   柳舘 亮 氏
    東洋テック株式会社 専務取締役
  事例紹介2
  「総合マネジメントシステムの
          2015年版移行に際し」
   長瀬 雅彦 氏
    株式会社 長瀬土建 代表取締役
    (2015年3月 第1回JABアワード表彰
           環境マネジメントシステム部門 受賞)
  事例紹介3
   「トップとして思う2015年版への積極的な取り組み」
   更家 悠介氏
    サラヤ株式会社 代表取締役社長
 15:05~ パネルディスカッション
 テーマ
  2015年版はこう使う~2015年版の取り組み方~
  【パネラー】
        東洋テック(株) 専務取締役 柳舘 亮 氏
        (株)長瀬土建 代表取締役 長瀬 雅彦 氏
     サラヤ(株) 代表取締役 更家 悠介 氏
    (一社)日本能率協会 審査登録センター
     システム審査部 部長 兼 技術部長
                鈴木 浩二 氏
    (株)テクノファ 取締役会長 平林 良人
  【コーディネーター】
   (株)テクノファ 代表取締役 青木 恒享
 17:00  閉会2016121323_220161213_2

| | コメント (0)

2016年12月12日 (月)

 新・日米同盟の幕開け(NO.4134)

20161212_3その年の世相を漢字一文字で表す師走恒例の「今年の漢字」が
12日発表され、「金」に決まった。
▼リオ五輪の「金」メダルラッシュや前東京都知事の政治資金問題“政治とカネ(金)”イチロー選手の通算3000本安打達成など「金」字塔、PPAPの「金」色の衣装などが理由に挙がった。
■ウエッジ12月号
 検証・クールジャパン  
 新・日米同盟の幕開け
■週刊エコノミスト12.20号
 粉飾、ダマし方見抜き方
 医師不足と偏在で国vs医師
■プレジデント1.2号
 患者だけが知らない
 医者の診断のウラ側

| | コメント (0)

2016年12月11日 (日)

失敗から学ぶこと(NO.4133)

20161212_2 日経ビジネス12.12号「謝罪の流儀2016
        一夜明ければ社会の敵に」
▼今年も謝罪の記者会見がたくさんありました。▼上手に対応している企業もあれば、うまく行かずに炎上するケースも散見されます。▼この差は一体、どこからくるのでしょうか。
▼毎年繰り返される「ダメな謝罪」から何を学ぶべきなのか。
■1)企業も個人も大炎上、SNSで火力拡大
■2)ネットで爆発的拡散、進化する「炎上メカニズム」
ピーシーデポコーポレーション初動対応にミス、株価が暴落
舛添要一 前東京都知事 謝罪ではなく釈明に終始し世間の反感
■3)「内なる炎上」、社員が見限る口だけ謝罪
電通労働基準法違反問題、公の場での社長説明なし
神戸製鋼会見に内部告発者が出席し、経緯を説明
検証①おわびリリースをプロがダメ出し添削
市場ずし、東京デザインウィークのここがマズかった
■4)思考停止企業になるな
はごろもフーズマニュアルに頼った対応で炎上
●12月11日の日本経済新聞の記事
●乗用車10年で2割高く
●北方領土、日米安保が火種
●ダボスが映す混沌の始まり、習氏参加が話題に
●進化する物流システム、ネット通販成長支える

| | コメント (0)

2016年12月10日 (土)

褒めるOHSAS18001導入で健康経営実現(NO.4132)

12月10日(土)
【桑蓬会 第366回】 
15時~17時は例会。
   『褒めるOHSAS18001導入で健康経営実現へのコンサル』
17時~19時は望年会。
2016121089_22016121090_22016121011_2
 

| | コメント (0)

2016年12月 9日 (金)

GDP改定、31兆円かさ上げ(NO.4131)

ISO9001の審査立合い。73人の社員なのに、内部監査員は3人。ISOの人材育成が課題である。
12月9日の日本経済新聞の主要記事から。
▼働き方税制、半歩前進。配偶者控除150万円まで。
▼ビール系飲料にかかる税制は20年から26年10月にかけて3段階で統一する。▼ビールは350mlあたりの酒税が現在より22.75円安くなり、発泡酒は7.26円、第三のビールは26.5円の増税。
▼福島廃炉・賠償21.5兆円、新電力負担2400億円。従来想定の11兆円から倍増。
▼名目GDP国際基準で31兆円、2015年分は532.2兆円に。▼最も大きな変更点は「経費」とみなしていた「研究開発費」を投資に加えたことだ。これだけで19.2兆円も増えた。
▼真珠湾攻撃75年、7日朝、ハワイで追悼式典。今月下旬には、オバマ米大統領と阿部晋三首相が真珠湾を訪問、日米が恩讐を乗り越え強固な同盟関係を築いたことを内外に示す。

| | コメント (0)

2016年12月 8日 (木)

音楽家・向谷実氏考案の「ホームドア」JR九州で実現へ(NO.4130)

大商夕学講座4回、音楽プロデューサー・株式会社音楽館代表取締役・向谷実氏による「好きなことをビジネスに変える ~音楽と鉄道がいっぱい~」に参加しました。

軽い気持ちで加入した「カシオペア」のキーボーディストとしてメジャーデビュー、日本屈指のスーパーバンドに成長し、音楽で培ったスキルと好きな鉄道を融合させたム「Train Simulator」を開発し、大ヒット。

▼最近は向谷実氏考案のバー式の「ホームドア」がJR九州で近く実現へ。視覚障害者の方にとって、安全なホームをすることができます。

■関連Web音楽家が「ホームドア」を開発するとこうなる

関連Web近は向谷実氏考案の「ホームドア」がJR九州で実現へ

日本信号と共同開発!重量半減、16年度内に

■関連WEB:音楽館

| | コメント (0)

2016年12月 7日 (水)

孫正義社長がトランプ次期米大統領と会談(NO.4129)

ソフトバンクグループの孫正義社長は6日、トランプ次期米大統領とニューヨークのトランプタワーで会談した。米国に5兆円超を投資し、5万人の雇用を創出すると表明した。トランプ次期米大統の政策では雇用拡大が一番の公約になっています。

| | コメント (0)

2016年12月 6日 (火)

激動する世界情勢と日本の課題(NO.4128)

■■「Cybozu Days 2016」■■
◇開催日時: 12月 6日(火) 14:40~18:00
◇会    場:グランフロント大阪 コングレコンベンションセンター
14:40~15:20
▼特別講演 「激動する世界情勢と日本の課題」
~アメリカ大統領選から読む多様性と保守性~
国際政治学者・同志社大学法学部教授 村田 晃嗣 氏
・両候補ともに、低所得者の期待に応えるには無理な候補者だった。
・米国の大学の授業料が大きく値上がりし、多くの人がローンを組んでいる
 
 
17:00~18:00
▼特別講演 「今、日本で何が起こっているのか? 
        ~正しい情報で正しい判断~」
株式会社 大阪綜合研究所 代表・キャスター 辛坊 治郎 氏
・どの情報を捨て、どの情報を残すべきか?
 明日を読み解くために、正しい情報の見極め方
・現代における最大のリスクとは何か?
・年金は大丈夫ですか?201612060_2201612061_2

| | コメント (0)

2016年12月 5日 (月)

京都と心斎橋へ(NO.4127)

午前は京都市内でコンサル活動。最寄り駅から顧問先までの往復1万歩を歩きました。
■午後は歯科医院とメガネ店へ。
▼グラグラしている上の前歯をボンドで固定していただく。
▼心斎橋のメガネの三城で古くなったレンズを交換。201612053_2201612058_2

 

■日本経済新聞12月5日の記事より

・パナソニック、車部品を買収、ライト大手、欧州で1000億円

・社説「企業はビッグデータ元年への備え急げ」

・米4%成長、高い壁、「減税・インフラ投資、効果短く」

・核心「トランプ劇場への舞台転換」

 

 

 

 

| | コメント (0)

2016年12月 4日 (日)

徹底3S(NO.4126)

20161204
3Sの大切さを見直しましょう。
■「 人を育み、利益をもたらす 会社を強くする習慣
~枚岡流「徹底3S」9つのルール~
古芝 保治 著
■3Sサミット2016で最優秀賞に松田安鉄工所
(改善変化率ナンバーワン)
■関連WEB:3Sサミット2016
 

| | コメント (0)

2016年12月 3日 (土)

米大統領選後の日米経済展望(NO.4125)

イタリアは4日、憲法改正の是非を問う国民投票です。レンツィ首相は上院の権限を縮小する改憲案が否決されれば辞任する意向で、同国の政治が混乱する可能性もある。
▼同じ、4日にはオーストリアがやり直しの大統領選挙を実施する。リベラル派と極右政党の2候補が競り合っている。
▼結果次第ではポピュリスト(大衆迎合主義者)の台頭につながるとの見方から、欧州の先行きを占う案件として注目されています。
■■「Cybozu Days 2016」■■
◇開催日時: 12月 6日(火) 14:40~18:00
◇会    場:グランフロント大阪 コングレコンベンションセンター
14:40~15:20
▼特別講演 「激動する世界情勢と日本の課題」
~アメリカ大統領選から読む多様性と保守性~
国際政治学者・同志社大学法学部教授 村田 晃嗣 氏
17:00~18:00
▼特別講演 「今、日本で何が起こっているのか? 
        ~正しい情報で正しい判断~」
株式会社 大阪綜合研究所 代表・キャスター 辛坊 治郎 氏
■■「米国ビジネスセミナー~米大統領選後の日米経済展望~」■■
◆日  時:2016年12月21日(水)
◆会  場:第二吉本ビルディング A+B会議室
◆講演内容:
「米大統領選後の日米経済展望(仮)」
ジェトロ 海外調査部 米州課長 秋山 士郎
ジェトロ 海外調査部 米州課長代理 中溝 丘
【内容】(仮)
・米大統領選結果の振り返り(トランプ勝利の背景、議会・知事選結果等)
・米経済の現状(マクロ経済、雇用、財政等)
・新政権の政策見通し(100日計画、政権人事の動向、TPP等)
・米国のビジネス環境(安定したビジネス環境の紹介)
・日米ビジネス関係(対米投資動向、日系製造業調査結果等)
・米国進出の先行事例(日系進出企業事例の紹介)

| | コメント (0)

2016年12月 2日 (金)

極なき世界の航海(NO.4124)

大手ゼネコンと関係のある製造業のISO9001:2015の審査の立合いでした。▼中小建設業者の生き残る道は、地元のニーズと原価管理がポイントです。
▼2日の日本経済新聞第二部日経創刊140周年特集は「極なき世界の航海」「沈む中間層が反旗、新秩序、米再生から」
●「ヒト×マシン」産業を創出
●未来を支えるエネルギーは
●マイナス金利を卒業する日
●仮想通貨が社会を変える
●中国共産党、一党独裁は永遠か
●アフリカ、「若さ」に潜在力
●女性活躍、企業の成長けん引
●英語の地位は安泰なのか
●再生医療で健康寿命長く
●火星、新たなフロンティアに
●温暖化ストップは正念場
●AIドライバーが高齢者を運ぶ
●東京が見据える「都市力世界一」
●魅力ある田舎は若返る
●競技者の進化はとまらない
●日経とメディアに臨む

| | コメント (0)

2016年12月 1日 (木)

12月1日の日経の記事(NO.4123)

12月1日(木)、審査の立合いです。
■ 12月1日の日経の記事です。
1位:(迫真)電通事件の衝撃(2)コストではなく投資だ
2位:賃上げ中小に減税拡大 法人税、増加分の22%
3位:(春秋)連日、閣僚人事が紙上や画面をにぎわす次期米大統領のトランプ氏だが、
    興味深い話をひとつ耳にした。好きな映画である。西部劇の
4位:OPEC、減産合意 8年ぶり、原油相場回復を優先
5位:(私の履歴書)高田賢三(1)復帰 夢追い人77歳、決意新た
 成功・破産・買収劇の秘話も
6位:象徴天皇 見解に違い 専門家16人、退位への賛否に影響
7位:米経済運営 実業家が要 トランプ氏、主要閣僚に登用
8位:(社説)農家のための全農に生まれ変わるときだ
9位:天皇退位、意見割れる 有識者会議、論点整理を来月公表へ
10位:衣料 値下げの冬 青山・ABCマート・良品計画…節約志向受け集客重視

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »