« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月31日 (火)

接続機能を持つ製品(NO4184)

IoT時代,多くの製品にセンサーやハードウェア、ソフトウェア等々が搭載されている。これら「接続機能を持つスマート製品」によって競争戦略がどう変わるか。「接続機能を持つスマート製品」が、バリューチェーンを変え、製造企業のほぼあらゆる職能の役割を変える。さらに組織形態も大きな変化を迫られる。

| | コメント (0)

2017年1月30日 (月)

「偉大な国」がすることか、大統領令の入国制限(NO.4183)

「偉大な国」がすることか、大統領令の入国制限。

▼シリアなど中東・アフリカ7か国の国民の一定期間の入国停止や難民受け入れを凍結した。米国内で混乱が続いている。▼スターバックスのハワード・シュルツ最高経営責任者(CEO)は「難民1万人を向こう5年かけて世界中の店舗などで採用する計画」を明らかにした。▼シュルツ氏は従業員に宛てた書簡で、スターバックスは入国禁止措置の影響を受ける従業員と直接連絡を取り合っているほか、「混乱期を乗りきるためにできる限りの支援とサポートを行う」と言明した。

▼シュルツ氏はまた、「メキシコとの間に壁ではなく橋を架ける」と明言。▼メキシコのコーヒー農家などへの寄付や投資などを通じ、トランプ政権が検討している関税や入国制限などに対応する考えを示した。▼同社の従業員に対しては、「あなたたちの声と一票が何より大切になっている」として、政治家に個々の思いを届けるよう呼びかけた。朝日新聞2017.1.30より

| | コメント (0)

2017年1月29日 (日)

「泣きの文楽、笑いの狂言、その魅力」(NO.4182)

北大江地区まちづくり実行委員会は今年も災害訓練をされました。
▼ 大阪国際女子マラソンの日、今年も北大江公園でお祭りがあります。非常食体験、救出・搬送体験、消火ポンプ体験、煙中避難体験などもあります。13時過ぎに選手が通過します。
■「トーク×文楽×狂言」で古典芸能三昧!!
・対談「泣きの文楽、笑いの狂言、その魅力」
・泣きの文楽
 「艶容女舞衣 酒屋の段より お園のくどき」
・笑いの狂言
 「延命袋」
あなたはどっちを先に観る?!
会 場:大槻能楽堂2017012920170129_220170129412017012943

| | コメント (0)

2017年1月28日 (土)

いじめにはしるトランプ政権(NO.4181)

1月28日の日経の社説は「目に余るトランプ政権のメキシコたたき」と題する内容です。
▼ 「メキシコとの国境に築く壁の建設費を100%メキシコに払わせるとの主張を続けているほか、高関税の賦課や北米自由貿易協定(NAFTA)からの撤退をちらつかせて同国から米国への輸入を減らそうとしている。▼主張が理不尽であるのはもちろん、こうした攻撃によってメキシコ経済が危機に陥る懸念もある。▼都合の良い「取引」につなげるための手口かもしれないが、友好国に対するこうした仕打ちは新政権への警戒感を世界的に高める可能性がある。」

■『YOGA STUDIO 4Tree
.
■図書館ビジネス講座元気塾
テーマ:「成功する起業者は数値力を重視する」
講  師:中小企業診断士・恩村政雄氏
■27日から中国の春節が始まった。
天王寺公園でのイベント
「2017年中国春節祭 in 大阪天王寺」。2017012811_2201701281320170128162017012820
 

| | コメント (0)

2017年1月27日 (金)

世界の成長をどう取り込むのか(NO.4180)

公益財団法人りそなアジア・オセアニア財団セミナー
2017年新春セミナー
                 世界の成長センター・アジア
                 ~その成長をどう取り込むのか~
 第1部 良品計画の海外展開
     <講師>株式会社良品計画 名誉顧問(前会長)
                           松井 忠三 氏
 第2部 アジア経済の動向と展望
     <講師>野村證券株式会社 投資情報部
         チーフ・マーケット・エコノミスト   木下 智夫 氏
 
■店舗数758店舗のうち、海外が344店舗、昨年訪れたドイツのケルンにもありました。大阪市の天満橋にも。海外で勝ち続ける無印良品の海外戦略に興味がありますね。海外での改善事例をご披露いただきました。
■米国のトランプ政権下では、米国が保護貿易主義的な動きを、「二国間関係」の枠組みで強める可能性がある。米国に対する財・サービス黒字が最も多い関係から米中貿易摩擦では、電気製品・部品、繊維、家具に影響が出る。中国向けに輸出する国に影響が出る可能性がある。日米貿易摩擦、通貨問題も避けなければならない。

| | コメント (0)

2017年1月26日 (木)

トラックドライバー不足問題の対応(No.4179)

あいおいニッセイ同和損害保険 運送業者様向けセミナーに参加しました。
▼日時:1月26日(木)14.30~17.00
▼場所:フェニックスタワー16階
▼テーマ:今日からできる! 低コストで効果大!
     『トラックの事故防止とドライバー教育』
▼講師:株式会社 プロデキューブ 
      インストラクター 大林 謙太氏
▼主な内容
 今日からできる! コストをかけない事故防止対策
  ◇至高の安全対策「添乗指導」の活用方法
  ◇始業点呼で事故防止、終業点呼は離職防止
  ◇管理者が今やることとできること
  ◇トリプルA(あんぜん・あいさつ・ありがとう)のドライバーを目指す
▼トラックドライバー不足が問題となっています。
今こそ、この人のためなら「頑張れる」と思われる管理者(上司)を目指す。ドライバーの姿は管理者の姿を映し出す鏡。管理者以上のドリバーは育たず。管理者が「率先垂範」で「動くマニュアル」になる。
管理者が社内でできる安全対策として、
声をかける(伝達)
手間をかける(確認)
時間をかける(継続)
もう二度と会えないかもしれない---ドライバーに「近寄る・触れる・見送る」ことが大切です。
▼関連WEB:トラックドライバー不足問題の要因と対応について
■1月の技術向上研究会は大丸梅田店14F 燦での懇親会でした。4月から新テーマで取組みます。2017012679_2201701269320170126942017012603

| | コメント (0)

2017年1月25日 (水)

「間」の悪さは治せる!(No4178)

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから「プラスαの魅力」をいただきました。
いつもありがとうございます。
言葉の花束「3701.15.doc」をダウンロード してご 覧ください
☆日記はあなたの「間」の悪さのパターンを教えてくれる――
――「間」の悪さは治せる!(集英社新書)小林弘幸。20170126

| | コメント (0)

2017年1月24日 (火)

ツイッター政治(NO4177)

大商の中小企業のためのビジネス講演会は「関西ペイントのグローバル化戦略」~リソースの少ないグローバル中堅後発メーカーのチャレンジャーとしての戦略~
▼講師は関西ペイント株式会社 代表取締役社長 石野 博氏
■関連WEB:関西ペイント株式会社 
▼トランプ米大統領は23日、環太平洋経済連携協定(TPP)から「永久に離脱する」とした大統領令に署名した。
▼ トランプ米大統領は政権の実質的な初日だった23日、米企業の経営者らとの会談の場で日本の自動車貿易を「不公平だ」と名指しで批判した。
▼ニューズウイーク日本版1.31号は「トランプ就任とツイッター政治」「トランプの読み解き方」です。20170124131

| | コメント (0)

2017年1月23日 (月)

大阪・関西IoT活用推進フォーラム(NO.4176)

寒い一日でした。午前10時から午後2時過ぎまで、大阪市立中央図書館へ。午後3時から「大阪・関西IoT活用推進フォーラム」へ参加しました。
========================================================================
大阪・関西IoT活用推進フォーラム 第3回例会
~中堅・中小企業におけるモノづくりとサービスを融合した新ビジネスの創出へ~
==================================================================■□■
あらゆる事業・情報をデータとして収集し、ネットワークでつなぐ「IoT」の進展により、製造業とサービス業の垣根を越えた、新たなビジネスが生まれ つつあります。
◆日 時:平成29年1月23日(月)15:00~18:00
 
◆場 所:大阪商工会議所 7階 
◆プログラム:
【1】講演「都市におけるIoTの活用」
      大阪大学サイバーメディアセンター 
           センター長・教授 下條 真司 氏
    (概要)
    国内外の都市におけるIoT活用事例をもとに、大阪・関西のまちづくりで望まれるIoTの活用策を解説。
【2】事例発表「未来型サービス業の実験場『変なホテル』での取り組み~世界初のロボットホテル誕生」
     ハウステンボス株式会社 変なホテル事業開発室 
      総支配人 大江 岳世志 氏
    (概要)
    世界初のロボットホテル「変なホテル」などで導入した様々な先進技術やその活用成果、今後の事業展開などを紹介。
【3】共同事業提案「オープンデータを活用した新ビジネスの創出」
     大阪市 ICT戦略室ICT戦略担当課長代理  中道 忠和 氏
    (概要)
    大阪市オープンデータポータルサイトなどを活用し、ビジネスに役立つデータの可視化ツールの共同開発を提案。
【4】事業紹介「来年度のIoT活用推進事業について」
     大阪商工会議所  経済産業部長  中野 亮一氏

| | コメント (0)

2017年1月22日 (日)

トランプの時代に動じない「サステナブル経営」(NO.4175)

「米国第一」を繰り返し、経済・外交政策の抜本転換を訴えたトランプ大統領の就任。▼初日からTPPからの離脱表明、NAFTAの再交渉表明や医療保険制度改革(オバマケア)の撤廃に向けた措置など、大幅な政策転換に動き出した。▼高率関税など周辺国への圧力も辞さない構えで、世界経済を支える自由貿易体制は動揺が避けられない。▼大統領選を経た米国社会の分断は解消されていない。▼女性を中心とする抗議デモが世界各地に広がっています。▼世界が培ってきた民主主義、自由、人権擁護など国際的な規範が軽視されつつあります。▼日本は健全な民主主義を大切にする国として維持することが重要であろう▼稀勢の里が初優勝、19年ぶりの日本人横綱の活躍が期待されます。2017012220_2

| | コメント (0)

2017年1月21日 (土)

避難所開設訓練と災害用伝言ダイヤル(171)(No.4174)

阪神大震災から22年を迎えました。
午前10時に大きな地震が発生したことを想定し、ご自身・ご家族・お住まいの安全を確認した上で、ご近所同士、声を掛け合って中大江小学校に避難しました。もしもの時に備えて、みんなで訓練に参加しました。
■中大江小学校避難所開設訓練
日時: 1月21日(土)午前10時
場所:中大江小学校
大阪市危機管理室による防災の心構え等の講習や中央消防署による消化器などを使った消防実技体験訓練などがありました。今日は避難者受付カードに記入し、受付に提出しました。
■関連WEB:市民防災マニュアル(音声読み上げ対応)
■関連WEB:災害用伝言ダイヤル(171)(電話サービス)20170121122017012110
 
■災害用伝言ダイヤル(171)(電話サービス)
災害時以外にも、災害用伝言ダイヤル(171)(電話サービス)をご体験していただけるように「体験利用日」を設定しています。是非、家族・親戚・友人間で体験していただきますようにお願いします。1月21日は災害用伝言ダイヤル(171)が使えました。家族でぜひ、毎月1日及び15日に体験してください。
【体験利用日】
毎月1日及び15日 00:00~24:00
正月三が日(1月1日00:00~1月3日24:00)
防災週間(8月30日9:00~9月5日17:00)
防災とボランティア週間(1月15日9:00~1月21日17:00)
20170121152017012116

| | コメント (0)

2017年1月20日 (金)

大阪城公園梅林が、明るくなっています(No.4173)

2017012004_2 20170120972017012001201701200220170120 一年でいちばん寒い季節です。大阪城公園梅林、ぱーっと、あたりが明るくなっています。
昨年末から大阪城ののぼりが「幕末・維新150年」に変わりました。
■関連web:大阪城公園梅林

■関連web:大阪城公園梅林の開花状況

■関連web:幕末・維新150年」のぼり

| | コメント (0)

2017年1月19日 (木)

『IoTを活用したビジネスモデル変革による飛躍』(No.4172)

桑蓬会 第367回例会
1.日時 :1月19日(木)18.30--20.30
2.場所 エルおおさか 608号室
3.講師  中小企業診断士 井上朋宏さん
4. 議題 『IoTを活用したビジネスモデル変革による飛躍』
5. 内容
IoT/M2M市場は2020年までに500億台規模になると予測され、自動車、スマートメーター等で大きな拡大が見込まれます。▼現在、様々なIoT活用について議論がされていますが、IoTは定義が広く、捉えどころがないということから、今後の活用方法について疑問を抱いている企業も多い。そのような中、中小企業診断士はどのように企業へ提案していくべきか、その考えかたをとてもわかりやすくIoT活用と今後について紹介していただきました。
◆IoTやITの最新動向を知る機会の一部をご紹介いただきました。
◆関連WEB:Japan IT Week 関西 2.15--2.17インテックス大阪
関西】IoT/M2M展

◆関連WEBIT百撰フォーラム申込: 3月6日
20170119862017011988201701198920170119922017011994

| | コメント (0)

2017年1月18日 (水)

ドナルド・トランプがついに米大統領就任へ(№.4171)

雪が残る京都の丘陵地、最寄り駅から徒歩25分、OHSAS18001のお手伝い。
◆過激発言を繰り返すトランプ次期大統領がいよいよ20日(日本時間21日午前1時半)に就任式です。
■週刊ニューズウィーク日本版〈2017年1/24号〉
「特集:トランプ・ワールドの希望なき幕開け」
ドナルド・トランプがついに米大統領就任へ──
「異次元の政治家」にできること、できないこと
◆トランプ・ワールドの希望なき幕開け◆
米政治 トランプ政治はエセ現実主義
提言 新大統領が知る権力の幻想と現実
■発言 ツイッター大統領の放言が止まらない!
警鐘 規格外の大統領を見くびるな
経済 トランプが始める米中貿易戦争
軍事 国防長官は大統領の暴走を防げるか
東アジア 日本と中国の仲を「台風」接近がつなぐ?
2017011720170117_
 
 
■ 週刊エコノミスト 2017年01月24日号
〔特集〕トランプ襲来!
・閣僚人事を大解剖
・ツイッター介入主義で米国の衰退が始まる
・日米注目30銘柄はこれだ
・FRBとの対立 「批判」から「称賛」に転向も
・積極財政の罠 景気はオーバーヒート
・トランプ政権で変わる世界、揺らぐ社会
・オバマケアの行方 廃止論者を担当閣僚に
・メディア不信 「脱真実」を求める米国民

| | コメント (0)

2017年1月17日 (火)

サイバー攻撃の最新動向と中小企業のセキュリティマネジメント(№.4170)

「サイバー攻撃の最新動向と中小企業のセキュリティマネジメント」
いま被害が急増しているウイルスが「ランサム(身代金)ウエア」。▼メールに添付されたファイルを開くなどで感染。▼金銭を払えばファイルを開けるのに必要な電子鍵を送るという手口である。▼調査では被害にあった企業の担当者の63%が「身代金を支払った」と回答。システム復旧などを含めた被害額は合計500万円以上という回答が半分近く。▼身代金を要求して脅迫するランサムウェアと呼ばれるコンピュータウイルスによる被害や、標的型攻撃による情報漏えい事件などが急増しており、情報セキュリティ事故に備えた事業継続計画(BCP)の策定など、その対策が必要になりつつあります。
▼ウイルスを防ぐには対策ソフトや基本ソフト(OS)を最新の状態に保つといった防御策の徹底が重要。「日ごろから重要なデータをコピーし、保管することも大事」。
▼情報セキュリティの専門家が、サイバー攻撃の最新動向に基づき中小企業が取り組むべき課題とその対応について解説していただきました。
 
●日時:1月17日(火)14:00~16:00
●場所:大阪商工会議所ビル6階
●プログラム
【第一部】
・「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」について
    経済産業省 近畿経済産業局
・サイバー攻撃の最新事例紹介とデモンストレーション
    大阪府警察本部、近畿管区警察局
【第二部】
・「中小企業のセキュリティマネジメント」 講演
         講師:シソーラス株式会社 代表取締役 荒井 雄彦 氏201701174

| | コメント (0)

2017年1月16日 (月)

世界の富裕層上位8人の資産、下位50%と同額、 NGO報告書(№.4169)

【ダボス=共同】によると、国際非政府組織(NGO)オックスファムは1月16日、世界で最も裕福な8人と、世界人口のうち経済的に恵まれていない半分に当たる36億7500万人の資産額がほぼ同じだとする報告書を発表した。貧富の格差拡大は社会の分断を招き、貧困撲滅の取り組みを後退させると警告。▼各国政府や大企業に「人道的な経済」の確立を求めた。
▼報告書は、8人の資産が計4260億ドル(約48兆7千億円)に上り、世界人口73億5千万人の半分の合計額に相当すると指摘。▼1988年から2011年にかけ、下位10%の収入は年平均3ドルも増えていないのに対し、上位1%は182倍になったとしている。
▼オックスファムは貧富拡大の一因として、大企業などが政府の規制や国際政策に影響力を及ぼす「縁故資本主義」を挙げた。富める者の資産の3分の1は相続によるもので、43%は縁故主義に関係していると分析した。
▼スイス東部ダボスで17日に開幕する世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)ではこの報告書を基に議論が行われる。--日本経済新聞2017.01.16記事より             ■関連WEB:2016年、Forbes世界の億万長者ランキング一覧

| | コメント (0)

2017年1月15日 (日)

防災訓練と互例会(№.4168)

マンションの管理組合の防災訓練と互例会。
クイズ「消火器は、消火できる時間はどれだけ」「15秒間」。
防災訓練集合の前に、各戸の避難ラベルを貼り、非常階段を使った。
今年で築38年のマンション、2年後に40周年記念パーティですね。
お酒とお寿司で、皆さんとの楽しい話のひとときでした。
この懇親会も防災訓練の効果がある。
■関連WEB:消火器の使い方の動画 201701153_2201701157_22017011582017011569

| | コメント (0)

2017年1月14日 (土)

地域の消防実技体験訓練(№.4167)

阪神大震災から22年を迎えます。「災害はまさかではなく、いつか起きるもの。自分は大丈夫と思わないでほしい」。
■中大江小学校避難所開設訓練
日時: 1月21日(土)午前10時
場所:中大江小学校
午前10時に大きな地震が発生したことを想定し、ご自身・ご家族・お住まいの安全を確認した上で、ご近所同士、声を掛け合って中大江小学校に避難します。もしもの時に備えて、みんなで訓練に参加しましょう。
大阪市危機管理室による防災の心構え等の講習や中央消防署による消化器などを使った消防実技体験訓練などがあります。
希望者参加が希望者に「命のカプセル一式」を無料でお配りします。
当日は避難者受付カードに記入し、受付に提出してください。「2017.01.21中大江小学校避難所開設訓練10時より.pdf」をダウンロード
■第13回 「あったかまち祭り」
日時:平成29年1月29日(日) 正午~午後3時
場所:北大江公園
大阪国際女子マラソンの日、今年も北大江公園でお祭りがあります。今年も、中央区役所、中央消防署等の協力で、非常食体験、救出・搬送体験、消火ポンプ体験、煙中避難体験などもあります。「2017.01.29あったかまち祭りチラシ.pdf」をダウンロード
■関連WEB:第13回「あったかまち祭り」

| | コメント (0)

2017年1月13日 (金)

工場設備にセンサーを後付けで,褒めることができる(№.4166)

(№.4159)20134月にISO9001を取得した企業を訪ねた。

▼取引先の大手企業から「時間帯ごとの生産個数や、設備の停止時間と理由を把握し、より効率的な生産を目指す改善」を促された。▼なかなかうまくいかない。「決められた時間に生産個数を見られない」「個数や停止時間を書いている暇がない」「自動で集計できない」。▼取引先の大手企業がプレス機にセンサーをとりつけてくれた。

▼今後はさらにレベルをあげて、設備の可動率(正常に稼働している時間の割合)を正確に把握する。▼各生産設備につけられた無線の子機から、稼働時間の情報が親機に届く。これがクラウドに送られ、工場全体の設備の状況をスマートフォンなどで見ることができるようにする。

▼ものづくりでは常に生産性向上の努力が欠かせない。そのためには不良0を目指す。

不良が発生したときの状態、4M情報を把握し、原因追求を徹底的に行うことが重要となる。▼機械に取り付けたセンサーから、機械の加工状態をつかむ。異常がどのように発生しているかデータで分析する▼ちよこ停の発生データを正確に把握(記録)でき、不良原因を分析する。▼中小企業でも、今ある工場設備にセンサーを簡単に後付けで、詳細がわかるので、作業者を褒めることができるようになる。▼データ分析が生産性向上の決め手となる。

| | コメント (0)

2017年1月12日 (木)

さいたま市へ(№.4165)

さいたま市でのお通夜へ。
通夜 :1月12日(木) 17時
告別式:1月13日(金) 13時
▼13日の午前は企業訪問を予定しています。201701122201701127

| | コメント (0)

2017年1月11日 (水)

一日に一回は、声を出して、心から笑ってみましょう(№.4164)

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから「プラスαの魅力」をいただきました。
いつもありがとうございます。
言葉の花束「3691.1.doc」をダウンロード してご 覧ください
☆ 充実した時間を得るための工夫――「暮らしのヒント集」(暮らしの手帖社)
☆一日に一回は、声を出して、心から笑ってみましょう。楽しいことやおかしいことに興味を持つことは、健康法にもなります――「暮らしのヒント集」(暮らしの手帖社)。

| | コメント (0)

2017年1月10日 (火)

新元号は平成31年元日から(№.4163)

新元号は平成31年元日から 皇室会議を経て閣議決定へ 法案提出は今年5月連休明け
▼産経新聞の一面トップ記事です。
▼平成31年(2019)年1月1日に皇太子さまの天皇即位に伴う儀式を行い、同日から新元号とする方向で検討に入った。と、伝えています。Img_0628_2

| | コメント (0)

2017年1月 9日 (月)

ウインドウズ10のスタートボタンが動かない(№.4162)

8日(日)朝からウインドウズ10のスタートボタンが動かくなり、また最下段のタスクバーが消えてしまった。▼虎の巻を調べ、修復策を試みるが解決せず、2年前にお世話になった「スマホドッグ24の長堀橋店」がお休みのため、9日(月)10時半、「本町店」にPCを持込んだ。▼すぐ解決した。万歳!20170109

| | コメント (0)

2017年1月 8日 (日)

「200人の高砂」(№.4161)

8日は山本能楽堂の「200人の高砂」に参加し、一緒に
大きな声で「高砂」を謡いました。
▼日本古来の発声法で、大きな声をお腹から出して、
健康にも良くなります。
■動画:高砂
201701084


201701083

| | コメント (0)

2017年1月 7日 (土)

第1026回武藤記念講座 金美齢氏の「世界の中の日本」(№.4160)

第1026回武藤記念講座は評論家 金美齢氏の「世界の中の日本」でした。
▼「世界の中の日本はどう対処すればよいか」についてお話をお聞きしました。会場はテーブルなしで、別室まで超満員の人気でした。金さんは来月83歳になられるそうです。▼昨日まで台湾におられ、台湾から大阪へ直行されたそうです。大変お元気でした▼会場から自宅まで5分。お陰様で、至福のときを過ごさせていただきました。▼次回、第1027回は2月25日(土)、
慶応義塾塾長、清家篤学長です。テーマは「社会保障制度の将来への継続」です。20170107_3


201701076_2


2017010710







| | コメント (0)

2017年1月 6日 (金)

COP22の結果及び日本の温暖化対策戦略(№.4159)

2016117日~18日にモロッコ・マラケシュで開催された国連気候変動枠組条約第22回締約会議(COP22)の出席者が会議の結果を報告し、パリ協定発効や実施段階にあるJCMのさらなる展開について、今後の方向性と取るべき対応策について、具体的な事例を交えながらご説明していただきました。

 

大阪カーボンカンファレンス2016

~COP22の結果(パリ協定の制度づくりの状況)及び日本の温暖化対策戦略~

 

■日時:201716日(金)13時から16

■場所:大阪歴史博物館 4階講堂 

 

■プログラム

▼基調講演「COP22の結果と今後の気候変動交渉の展望」

  高村 ゆかり(名古屋大学大学院 環境学研究科 教授)

▼講演「COP22の結果と今後の方向性」

 工藤 里恵(環境省 地球環境局 国際地球温暖化対策室 室長補佐

▼講演「COP22における市場メカニズムに関する交渉結果とJCMの取組み」

 伊藤 貴輝(環境省 地球環境局 市場メカニズム室  国際企画官)

 

▼講演「JCM支援事業 設備補助事業の利用実績」

 菅 邦弘((公財)地球環境センター 気候変動対策課 課長)

▼講演「JCMプロジェクトの実例;太陽光発電システムの導入」

 佐藤 立哉(シャープ株式会社 エネルギーソリューション事業本部外事業統括部長)

20170106cop2206

▼COP22では、地球温暖化対策の新たな国際的な枠組み「パリ協定」に実効性を持たせる詳細ルールを2018年までに決めることで合意し、閉幕した。

▼先進国から途上国への支援を年間1千億ドル確保し、さらに引き上げについて17年に会合を開いて議論することも決めた。

▼18年に予定されている各国の温室効果ガス削減目標の見直しをどのように進めるかは、来年5月の作業部会で協議。さらに、来年11月にドイツのボンで開かれるCOP23で報告することとしている。

▼パリ協定は昨年末に開かれたCOP21で採択された。産業革命前からの平均気温上昇を2度未満に抑えるために、すべての国が温室効果ガスの削減目標を示して実行することを求めている。2大排出国の中国と米国が今年9月に締結し、今月4日に発効した。

日本の排出削減目標は、東日本大震災後の2013年を基準年とするしかなく、2030年までに26%の削減目標を国連に提出した。

我が国の26%削減目標を達成するためには、家庭部門で約4割の削減が必要。これを達成するためには、全ての照明をLEDに置換えることや省エネルギー性能の高い製品(統一エネルギーラベル5つ星家電等)への買換えを促進させる対策が必要。消費者の行動を「値段で選ぶ」ことから「省エネ性能の高いものを選びCO2削減に貢献する」ことへ転換するさせるとともに、販売事業者には、「買換えるときは五つ星家電」というCOOL CHOICEの旗振り役となっていただくことで、消費者意識行動の定着につなげることを目的として事業を展開。

一方、次期アメリカ大統領に決まったドナルド・トランプ氏が、COP22最中の11月8日、「パリ協定からの離脱」発言をして、この会議中の交渉関係者のうちだけでなく、世界に衝撃が走った。

| | コメント (0)

2017年1月 5日 (木)

今年の海外視察先はメキシコ、日本企業のメキシコ進出は約1000社(NO.4158)

工業経営研究学会グローバリゼーション分科会の今年の見学先はメキシコです。見学先は未定ですが、日本企業のメキシコ進出は約1000社です。▼次期米大統領のトランプ氏はメキシコからの輸入品には関税をかけると選挙中にも発言しています。

▼メキシコでの自動車生産台数の首位は日産で、2015年現在, 82 台、2 位はゼネラルモーターズ(GM)で、 69 、ホンダは20 台、トヨタは10万台。

▼フォード・モーターはメキシコでの工場新設計画を取りやめ、代わりに米ミシガン州の工場を増強すると発表した。「米国第一」を掲げるトランプ次期大統領が同社のメキシコ生産を強く批判してきた経緯があり、その意に沿う決定となった。

▼トランプ氏は米ゼネラル・モーターズ(GM)に対しても、メキシコから米国への逆輸入車に「高関税をかけてやる!」とツイッターでつぶやき、生産体制を見直すよう迫っている。

▼トヨタ自動車も2019年に生産開始の予定。日本車だけでなく、独BMWや韓国・起亜自動車も現地生産を進めており、対米輸出の道が閉ざされれば、世界の自動車産業が打撃を受けるだろう。過去の日米経済摩擦が思い出される。

関連WEB:メキシコの概況

■関連WEB:トヨタの海外の生産拠点

■関連WEBトヨタがメキシコに新工場 、進出先は“ミニ・デトロイト”週刊ダイヤモンド特別レポート2015.4.16201701152_2

 

 

| | コメント (0)

2017年1月 4日 (水)

笑門来福、天満天神繁昌亭へ(NO.4157)

笑門来福、天満天神繁昌亭へ。落語公演。2017010401201701040220170104032017010404

| | コメント (0)

2017年1月 3日 (火)

元旦の新聞各紙の一面記事と社説(NO.4156)

1月1日の新聞各紙の一面記事と社説を一覧表にしました。
■一面記事
日経---断絶を越えて、30兆円覚醒、私たちの手で
朝日---民主主義の試練、我々はどこから来て、どこへ向かうのか
読売---中国、海底命名で攻勢、日本EEZ周辺など
毎日---多文化主義に影、現場報告トランプと世界-
産経---大阪万博関西一円で開催、2025年誘致計画
 
■社説
日経---揺れる世界と日本①自由主義の旗守り、活力取り戻せ
朝日---憲法70年の年明けに、「立憲」の理念をより深く    
読売---反グローバリズムの拡大防げ、トランプ外交への対応が必要だ
毎日---歴史の転記・日本の針路は、世界とつながってこそ
産経---自ら日本の活路を開こう20170101

| | コメント (0)

2017年1月 2日 (月)

新年恒例の大般若会(NO4155)

正月2日は奈良の三松寺の新年恒例の大般若六百巻を心読し大願成就の祈願法要へ。
▼今年の「禅をきく会」は2月6日(月)です。
■今年の山焼きは1月28日(土)18.15から、雨天の場合は翌日へ。山焼きが良く見えるスポットは西の京駅近くの大池(勝間田池)です。
■関連WEB:転読大般若 曹洞宗
■関連WEB:奈良県へようこそ「若草山」 20170102872017010283

| | コメント (0)

2017年1月 1日 (日)

「ウィーン・フィルニューイヤーコンサート2017」(NO.4154)

2017年は大阪城のラジオ体操でスタート。役員の皆様のご厚意で、ビールで乾杯!! 2017010156
■ウィーンで元日に開催の「ウィーン・フィルニューイヤーコンサート2017」の模様、NHKのTV放送を、自宅でビールを飲みながら堪能する贅沢に感謝します。▼今回は、ヴェネズエラ出身のグスターボ・ドゥダメルが指揮を務める。▼これまでに国立歌劇場やミラノ・スカラ座などオペラを指揮したほか、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団などと共演を重ね、そのエルギッシュで清新な指揮は日本でも人気が高い。▼30代が新春の舞台を飾るのは初めて。
■21.00からのNHKスペシャルは「どうなる? ”トランプ大統領の世界”」
歴史的な転換点を迎える世界の行方を大胆に展望する。20日、米国の大統領にドナルド・トランプ氏が就任する。「米国の利益が最優先」と唱え、そのためには国境に巨大な壁を築くと公言する型破りな大統領の誕生によって、これから世界はどうなっていくのか。 ▼日本はどう対応すればよいかを問う。▼トランプ氏の勝利で勢いづく極端なナショナリズムは、米国や欧州でどこまで広がるのか。また、新たな世界情勢の鍵として動き出すロ2017011_1_2 シア・プーチン大統領の次の一手とは。

| | コメント (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »