« 笑門来福、天満天神繁昌亭へ(NO.4157) | トップページ | COP22の結果及び日本の温暖化対策戦略(№.4159) »

2017年1月 5日 (木)

今年の海外視察先はメキシコ、日本企業のメキシコ進出は約1000社(NO.4158)

工業経営研究学会グローバリゼーション分科会の今年の見学先はメキシコです。見学先は未定ですが、日本企業のメキシコ進出は約1000社です。▼次期米大統領のトランプ氏はメキシコからの輸入品には関税をかけると選挙中にも発言しています。

▼メキシコでの自動車生産台数の首位は日産で、2015年現在, 82 台、2 位はゼネラルモーターズ(GM)で、 69 、ホンダは20 台、トヨタは10万台。

▼フォード・モーターはメキシコでの工場新設計画を取りやめ、代わりに米ミシガン州の工場を増強すると発表した。「米国第一」を掲げるトランプ次期大統領が同社のメキシコ生産を強く批判してきた経緯があり、その意に沿う決定となった。

▼トランプ氏は米ゼネラル・モーターズ(GM)に対しても、メキシコから米国への逆輸入車に「高関税をかけてやる!」とツイッターでつぶやき、生産体制を見直すよう迫っている。

▼トヨタ自動車も2019年に生産開始の予定。日本車だけでなく、独BMWや韓国・起亜自動車も現地生産を進めており、対米輸出の道が閉ざされれば、世界の自動車産業が打撃を受けるだろう。過去の日米経済摩擦が思い出される。

関連WEB:メキシコの概況

■関連WEB:トヨタの海外の生産拠点

■関連WEBトヨタがメキシコに新工場 、進出先は“ミニ・デトロイト”週刊ダイヤモンド特別レポート2015.4.16201701152_2

 

 

|

« 笑門来福、天満天神繁昌亭へ(NO.4157) | トップページ | COP22の結果及び日本の温暖化対策戦略(№.4159) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。