« 新たな販路開拓手段として「越境EC」(No.4206) | トップページ | 『e-文書法』の効果(No.4208) »

2017年2月22日 (水)

サービス提供現場を科学的・工学的アプローチで見える化(No.4207)

午前中は八尾でコンサルでした。今日の歩数は14891歩。
15.30から「がんこフードサービスの取組み」のセミナへ。
講師:がんこフードサービス株式会社 取締役副社長 新村猛氏
▼サービス提供現場を科学的・工学的アプローチで見える化し、その構造を把握することによって、サービスの設計や現場の オペレーション改善に役立てようとしています。▼最新のテクノロジーを駆使して業務改善を進める同社の取り組みについて、新村副社長よりお話を伺いました。
▼NHK総合テレビの「ガッテン!」で血糖値を下げるデルタパワーの謎について放送されました。
■関連WEB:「がんこ」の挑戦―抜きん出たおもてなしを創り出す
■関連WEB:顧客,従業員計測によるレストランのサービス改善
■関連WEB:屋内行動の情報循環で サービスイノベーション 2017022228_2201702223520170222

|

« 新たな販路開拓手段として「越境EC」(No.4206) | トップページ | 『e-文書法』の効果(No.4208) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。