« 天草エアラインの「奇跡をもたらす変革力」(No.4186) | トップページ | 「ネットワークビギナーのための情報セキュリティハンドブック」(No.4188) »

2017年2月 3日 (金)

情報とマーケティング、中小企業の健康経営とリスクマネジメント(No.4187)

節分。今日のセミナーでは、4人の新鮮な情報をいただき、刺激的で興奮する素敵な一日でした。
 
■阪南大学スプリングセミナー
日 時:2月3日(金)14.00~
会  場:阪南大学あべのハルカスキャンパス
テーマ:「あなたの知らないコンピュータインフラとソフトの世界」
講  師:阪南大学経営情報学部教授   花川典子氏
    大阪工業大学情報科学部助教 尾花将輝氏
世界中のコンピュータを仮想的に連結した大規模なコンピュータインフラとソフトについて。コンピュータの仮想化することで、データ化される。データ化されることでコピーが可能。クラウドのメリット、デメリット。
 
■関西大学次世代経営者塾 第8回オープンセミナー
日 時:2月3日(金)18.00~20.00
会  場:関西大学 梅田キャンパス
▼テーマ:「売れない時代のマーケティング戦略と消費者行動」
講  師:同志社大学大学院 ビジネス研究科 教授 山下 貴子氏
    
マーケティングとは、企業による市場創造、つまり、企業が消費者に働きかけ、消費者がそれに応じることを指します。ここ数年、なかなか景気が回復せず、モノが売れない時代が続いているとされていますが、そんな中でも消費者の購買意欲をうまくとらえて売上を伸ばしている企業があります。マーケティングの基本概念に則り、そのような企業の戦略について検討していきます。TVからスマホの時代、人を動かすマーケティングの新戦略は?
 
▼テーマ:「中小企業の健康経営とリスクマネジメント」
講  師:関西大学 社会安全学部 教授 亀井 克彦氏
 
リスクマネジメントの考え方は、「企業を取り巻くリスクを発見し、現実の事故につながればどうなるかを予測し、そのリスクにどのように対応するかを決断すること」である。リスクマネジメントの概略、中小企業のリスクマネジメントとしての健康経営、中小企業の経営者自身の健康・メンタルヘルスに関わる問題について、事例を用いてわかりやすくお話くださいました。

|

« 天草エアラインの「奇跡をもたらす変革力」(No.4186) | トップページ | 「ネットワークビギナーのための情報セキュリティハンドブック」(No.4188) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。