« 「IoTプラットフォームと協創で加速するスマートインダストリー」(No.4202) | トップページ | 大阪城梅林の梅見(No.4204) »

2017年2月18日 (土)

先進的IT活用への期待(No.4203)

工業経営研究学会
人間・技術・情報研究分科会・西日本部会に参加しました。
 
日時:2 月 18 日(土)13.00~17.00
 
場所:大阪市立大学・杉本キャンパス・商学部棟 2 階会議室
 
内容:
 
◆招聘講演
 
講師: 春日正男氏(作新学院大学経営学研究科
       ・特任教授・宇都宮大学名誉教授)
 
演題:「新しい時代の工業経営を拓く先進的IT活用への期待
    -やわらかい情報処理を利用した新たなビジネスへのチャレンジ-」
 
◆萌芽的研究奨励発表
 
(1)「データの現地化要求政策のビジネスへの影響度に関する研究」
   河内淳子氏(追手門学院大学大学院)
 
(2)「中小企業の社会的責任に関する研究動向
   ~日欧米比較を通じて~」
   木下和紗氏(大阪市立大学大学院)
 
■2月16日の日経の経済教室「サービス産業の生産性(下)
 ~米国の半分、格差一層拡大~」で、「IT関連の投資・人材カギ」が重要と述べていたのを思い出しながら、IT活用を考えました。2017021874_2201702177320170218762017021897

|

« 「IoTプラットフォームと協創で加速するスマートインダストリー」(No.4202) | トップページ | 大阪城梅林の梅見(No.4204) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。