« チリの現状(NO.4232) | トップページ | 稼げないサービス産業が 東京の経済成長マイナスの衝撃(NO.4234) »

2017年3月20日 (月)

生産性後進国(NO.4233)

ウェッジ2017年4月号の特集は
「さらば生産性後進国 解は効率化の先にある」

■特集
「さらば生産性後進国 解は効率化の先にある」
【Part 1】人手不足を好機に変える サービス業生産性向上の術
【Part 2】米国に空けられた大きな差 低生産性国ニッポンの惨状
【Part 3】付加価値を生み出すイノベーションの起こし方
【Column】
・効率化だけでは維持できぬ宅配モデル 現場崩壊に抗うヤマト運輸の苦境
・TWG、オロビアンコに学ぶ付加価値の築き方
【Interview】
・「変なホテル」の仕掛け人が語るロボット時代のサービス業
 澤田秀雄(ハウステンボス社長)
・〝280円均一〟の鳥貴族社長が語る生産性向上
 大倉忠司(鳥貴族社長)
・生産性向上を阻む日本企業の「悪弊」と決別せよ
 坂本幸雄(元エルピーダメモリ社長)
■OECDの統計によると、日本の労働生産性は主要先進7カ国で最下位だ。「働き方改革」と同時に生産性の向上を図らなければ、日本経済は落ちこんでいき、国民の豊かな生活は維持できない。
文、談・Wedge編集部、澤田秀雄、 大倉忠司、滝澤美帆、中西 享、入山章栄、 坂本幸雄、川端由美

|

« チリの現状(NO.4232) | トップページ | 稼げないサービス産業が 東京の経済成長マイナスの衝撃(NO.4234) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。