« ダイバーシティに向けて(№4263) | トップページ | うどんと寿司(№4264) »

2017年4月20日 (木)

これからの品質(№4263)

桑蓬会 例会 第370回
日  時:平成29年4月20日(木)18時30分~
会  場:エル・おおさか  608号室
講  師:楠田 貴康 氏
テーマ:『今までの品質、これからの品質』
      ~なぜなぜと学び~
内 容:1)自己紹介
    2)品質とは
      重要な品質関係の問題と7つの課題
      TQCとISO900
      PDCAの2つ、管理力と改善力、5S
      統計的品質管理、ばらつきを抑える
      突発型、慢性型、変動型、 
   
    3)今までの品質、これからの品質
      はじめの演習問題①1分間 ②1分間
      過去に起きたトラブルをあげる。
      最後の演習
     ・これからの品質について
      受動的→能動的
      下流  →上流
      専門知識(知識と経験重視)→素人視点(思考力重視)
      問題解決→問題発見
      枠内の最適化→枠の再定義
      完璧主義→スピード主義
      内向きの閉じた系→外向けの開いた系
      特異点を否定→特異点を受け入れる
      変数を固定→変数を変える
 
    4)まとめ
     ・「不連続な変化」が生じた場合、従来の手法では解決
            できないことがある。
     ・これからの品質は、守りから攻めの要素が必要となる。
     ・攻めの問題解決は、新しい視点(WHY)の発想が
            必要である。
     ・アインシュタインの名言「学べば学ぶほど、自分が
             どれだけ無知であるか思い知らされる。 自分の無知に
             気づけば気づくほど、より一層学びたくなる」2017042078201704208020170420812017042084

|

« ダイバーシティに向けて(№4263) | トップページ | うどんと寿司(№4264) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。