« 自分が言われてうれしいことば(№4256) | トップページ | 玉串川の桜並木(№4258) »

2017年4月13日 (木)

業務の繁閑の対策は(№4257)

第146回ISO研究会は出版プロジェクト関連で執筆構成について話し合った。5月度研究会例会で全員の執筆原稿について討議することになった。
■「季節変動の対応ができていない」の悩み?の回答は。
■業種によって異なるが業務の繁閑による人員の不足や余剰は、多くの企業にとって課題となっています。業務量の少ない時期に合わせて固定人員を配置し、業務量の増加時に、正社員以外の労働者の活用が多いでしょう。人材派遣を活用することで、柔軟な対応が可能になります。20170413iso53

|

« 自分が言われてうれしいことば(№4256) | トップページ | 玉串川の桜並木(№4258) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。