« 仏大統領にマクロン氏 (№4281) | トップページ | 京都イメージの創造 (№4283) »

2017年5月 9日 (火)

コリア・リスク (№4282)

9日、朴槿恵(パク・クネ)大統領の罷免に伴う韓国大統領選は9日に投開票され、最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)候補の当選が確実になった。2代続いた保守政権から9年ぶりに革新政権が誕生する。 政経癒着の疑惑で朴氏を弾劾に追い込んだ民意は、「旧弊の清算」を訴えた文氏を韓国大統領に選んだ。 北朝鮮に融和姿勢を示す新政権の登場は、日本を含む北東アジア情勢に影響しそうだ(日経、9日)。
■ニューズウイーク日本版5.16号は「コリア・リスク」を特集しています
10年ぶりに左派大統領誕生が確実視される韓国-----
難題山積の朝鮮半島は新たなグローバル・リスクになるか?
【政治】:左派政権を待つ韓国の根深き問題
【経済】:韓国経済のドミノが倒れる日
【報道】:韓国再生を阻害するメディア
【北朝鮮】:生き残りを賭けた金正恩のロジック
【視点】:国際力学の変化が試す日本の覚悟20170509

|

« 仏大統領にマクロン氏 (№4281) | トップページ | 京都イメージの創造 (№4283) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。