« ものづくりIoT強化支援補助金 (№4302) | トップページ | かざぐるま (№4304) »

2017年5月30日 (火)

エレベータリニューアル工事 (№4303)

5月22日(月)から30日(火)までのエレベータリニューアル工事が終了しました。
次の新しい機能が付きました。
1)地震管制運転装置
 震度約3以上の揺れ(揺れ方により誤差があります)を感知した時に作動します。
エレベーター走行時は進行方向の最寄階で着床し、ドアが開きます。その後タイマーによりドアが閉まり、乗り場・かご各呼びボタンの登録を受付けなくなります。かご開ボタンのみ動作しますので、中に閉じ込められる心配はありません。
停止中に感知した時は、ドアが閉まった状態で呼び登録を受付けません。S波地震感知検(初期微動)のみ作動時は、1分後に自動で復旧します。
 
2)停電時自動着床装置
停電を感知した場合、エレベーター走行時は、その場所で一旦、強制的に停止させ約1分後、非常電源に切り替え最寄り階に低速運転で着床し、ドアが開きます。その後タイマーによりドアが閉まり、乗場・かご内、各呼びボタンの登録を受付けなくなります。かご開ボタンのみ動作しますので中に閉じ込められる心配はありません。
一次側の電源が供給されると、自動復旧し正常運転に戻ります。停止中に停電した場合は、ドアが閉まっている状態から呼び登録を受け付けません。
 
3)マルチビームドアセンサー
エレベーター乗降時の人、台車、ベビーカーなどを検知するとドアを開き、閉じ動作を規制します。

|

« ものづくりIoT強化支援補助金 (№4302) | トップページ | かざぐるま (№4304) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。