« 最強のプレゼン(№4308) | トップページ | 季節変動の対策(№4310) »

2017年6月 5日 (月)

2017年の消費トレンド(№4309)

大商・小売部会主催講演会
「日経MJから見る2017年の消費トレンド」
 
◆日 時: 平成29年6月5日(月)14.45~16.00
      
◆場 所: 大阪商工会議所 4階 401号会議室
◆講  師:日経MJ編集長・中村直文氏
■顧客の消費行動がめまぐるしく変化する中、そのトレンドを理解し消費者の心を掴んでいくことが、小売業はもちろんのこと、各業界で重要なポイントとなります。
▼「欲しい」がない、あるいは見つけにくい時代
▼国内のスーパーの衣料品売上高を合計してもユニクロ1社にかなわない
▼モノが売れない。ヒット商品番付で過去と比較してみると、
10~20年前はモノが7~8割を占める。
2016年は3割がモノ。7割がコト(サービスなど体験型消費)。
▼モノ中心の思考では売れない。
▼顧客の問題解決による市場の付加価値創造
▼「欲しい」を創る話題作り、イベント×SNS×店頭で即時販売20170605m96

|

« 最強のプレゼン(№4308) | トップページ | 季節変動の対策(№4310) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。