« ISO 45001 の発行時期はいつごろか?(№4318) | トップページ | お好み焼日本一の感動経営(№4320) »

2017年6月15日 (木)

違いを“チカラ”に!(№4319)

PREXシンポジウム「違いを“チカラ”に!~国や価値観の違いを越えて~」
◆日 時:6月15日(木)14:00~17:20
◆会 場:大阪産業創造館 4 階イベントホール
◆プログラム:
(1) 基調講演 松山 大耕 氏(京都 妙心寺退蔵院副住職)「人と人の相互理解」
(2) パネルディスカッション 「違いを“チカラ”に変える方法」      
コーディネーター 久保田 真弓 氏(関西大学 総合情報学部 教授)
パネリスト    
西島 大輔 氏 (㈱中農製作所 取締役社長)
毛  丹青 氏 (作家、神戸国際大学 教授)
吉富 志津代 氏((特活)多言語センターFACIL 理事長、
◆PREXシンポジウム「違いを“チカラ”に!~国や価値観の違いを越えて~」
◆国が違う。価値観が違う。違うからこそ新しい発見があり、違うからこそ補いあえる。
自分と違うものを排除する心の壁を乗り越え、交流によって「違い」を「チカラ」に変えられないだろうか。 
◆今回のPREXシンポジウムは、基調講演に京都大本山妙心寺の退蔵院副住職の松山大耕氏をお招きし、日本人の寛容の精神や独特な宗教観、人と人との相互理解の大切さについてお話しいただきます。
◆後半のパネルディスカッションでは、異文化との交流を「チカラ」に変えて活動されているパネリストから、異文化への関心が生み出す国を超えた相互理解、中小企業のグローバル化の背景にある外国人社員との信頼関係、そして、地域の課題の発見・解決につながる日本で暮らす外国人との共生についてご紹介いただき、人と人の交流の意義やその可能性について意見交換を行います。 身の周りにある「違い」を乗り越えて、「チカラ」に変えるヒントをつかんでいただけるはずです(案内文より)。
◆松山大耕氏は外国人に禅体験を紹介するツアーを企画、外国人記者クラブや各国大使館で講演を多数されています。禅は実践や体験を大切にします。違う宗教に接すると学びが生まれる。1)いろんな疑問をタブーなく質問できる。2)相手のことをよく聞く。3)得た体験を周囲と共有する。20170615prex6520170615prex6720170615prex68

|

« ISO 45001 の発行時期はいつごろか?(№4318) | トップページ | お好み焼日本一の感動経営(№4320) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。