« いくたま夏祭 (№4344) | トップページ | 第149回ISO研究会,「出版プロジェクト」 (№4346) »

2017年7月12日 (水)

超速・変幻自在モデルの中国に勝つには(№4345)

ITの重要な分野で日本は中国に追い越されてしまった。超特急で走る中国にかじりついて日系企業が稼ぐための秘訣とは。                                  『週刊ダイヤモンド7月15日号』の第1特集は「中国に勝つ〜超速・変幻自在モデルに勝つ〜」です。
20170712 PART1.沸き立つ「一帯一路」の現場
PART2.「超スピード・変幻自在モデル」
PART3.日系企業の「勝ちパターン」
PART4.習近平政権が向かう先
■7月12日付け日本経済新聞のトップ記事は「中国国有企業、9割が財務不正 大手20社の監査公表 」です。
▼中国の国有企業にはびこる財務不正の実態が明らかになった。
▼日本の会計検査院に当たる中国審計署が最近公表した主要大手20社の調査結果によると、9割に当たる18社で不正計上が発覚し、売上高の水増しは過去数年で計2001億元(約3兆4千億円)に上った。中国当局が国有企業の不透明な経営を裏付ける異例の公表に踏み切った形で、国内外で改革を求める声が強まりそうだ。
▼審計署はこれまでも国有大手の財務調査を実施してきたが、今回は不正計上の合計など全体像を公表した。5年に1度の共産党大会が秋に迫るこの時期の公表には、党内に反腐敗を徹底する姿勢を改めて示し、指導部人事の主導権を確実に握ろうとする習近平国家主席の意向がにじむ。2017071243

|

« いくたま夏祭 (№4344) | トップページ | 第149回ISO研究会,「出版プロジェクト」 (№4346) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。