« 「攻めのIT投資の強化」「大阪のプラスチック射出成形業」 (№4358) | トップページ | 生産性向上と官民連携 (№4360) »

2017年7月26日 (水)

大商夕学講座第5回 「日本酒リノベーション」 (№4359)

大商夕学講座第5回は 「日本酒リノベーション」でした。
日時:平成29年7年26日(水)
講師: 佐藤 祐輔 氏
      新政酒造株式会社 代表取締役社長
演題:「日本酒リノベーション」
▼1852年創業、全国で使われている酵母6号を提供した 秋田の老舗。東大卒のエリート記者で、日本酒と疎遠だった8代目の人生はある酒との出会いで一変した。醸造システムを変革し6号酵母と秋田米だけで醸す純米酒。▼清酒は全酒類の6%程度。日本酒は42年ほど、ほぼ毎年落ち続けている。▼他にはない酒造りに挑戦し 新たな市場を切り開く佐藤氏が考える日本酒の未来は?
▼木桶を将来、自社で作成するため、職人を教育中。原料米を無農薬栽培、天然酵母による酒造り、山間農村付近の景観保護のために自伐採型林業の開始、山間農村の民家の茅葺屋根などのメンテナンスの技術の獲得、▼日本酒を中心とした関連ある伝統文化を結集し、山間農村を復活する。日本文化リノベーションへとつなげる。酒造りに込めた美学の佐藤社長のお話でした。
■関連Web:新政酒造株式会社
 

|

« 「攻めのIT投資の強化」「大阪のプラスチック射出成形業」 (№4358) | トップページ | 生産性向上と官民連携 (№4360) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。