« 難波遷都の歴史を考える (№4361) | トップページ | 「未来の年表」人口減少日本でこれから起きること (№4363) »

2017年7月29日 (土)

外観検査システムの自動化 (№4362)

『超人材難でも稼げるスゴい工場』(著者:清水英敦)が「工場管理」(2017年3月号)の「書籍紹介」(Book Review)P.126 に掲載されました。
▼特に中小企業に向けて「人に依存しない工場」という言う戦略を提案する1冊。
▼新規採用の難しさ、作業者の高齢化などの厳しい社会環境を見据えると,人による作業を自動化に切り替えていくことが唯一の生き残りの道かもしれない。
▼本書では自動化システム商社の社長である著者が自社で手がけた自動化の事例を取り上げ、生産性の向上、人件費の削減などの効果を数字で明らかにする。
▼品質管理・検査には、最近技術革新が目覚ましい外観検査システムが抜群の投資効果をもたらす。
▼国の設備投資支援が用意され、ベテラン社員がまだ健在の今こそ自動化に舵を切るチャンスである。20170730

|

« 難波遷都の歴史を考える (№4361) | トップページ | 「未来の年表」人口減少日本でこれから起きること (№4363) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。