« 老舗料亭が伝える芸術文化と人の歴史 (№4341) | トップページ | 物足って心足らず (№4343) »

2017年7月 9日 (日)

ユニクロ柳井正 最後の破壊(№4342)

週刊ダイヤモンド7月8日号の特集は「ユニクロ柳井正 最後の破壊」です。
【特集】ユニクロ柳井正 最後の破壊
「Prologue」大変革の拠点で起きた知られざる混乱の真相
(Interview)組織も働き方も大変革,異業種間格闘技に勝つ:
                     柳井正●ファーストリテイリング会長兼社長
                   (破壊と創造の33年)「成功体験の否定」が成長の源泉
「STAGE1」田舎企業からの出発
「STAGE2」フリースで大躍進
               「ヒートテック」誕生の舞台裏ヒット商品の陰に東レあり
                見切りの早さも天下一品ユニクロ流・失敗の哲学
「STAGE3」安定という病
                利益率に粗利、販管費と在庫数字で見るZARAとの差
「STAGE4」脱ユニクロ
「STAGE5」世界一への遠い道のり
                新興企業に異業種からの新規参入,
                狭まるユニクロ包囲網
(Interview)福田三千男●アダストリア会長兼CEO(最高経営責任者)
(Interview)瀬戸健●RIZAPグループ代表取締役
        (家業から企業へ)土着の家業を世界企業に柳井正のルーツ
(Epilogue)待ち受ける究極の課題,後継者の座は誰の手に?2017070838

|

« 老舗料亭が伝える芸術文化と人の歴史 (№4341) | トップページ | 物足って心足らず (№4343) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。