« 中小企業診断士理論政策更新研修 (№4417) | トップページ | 白内障の検査 (№4419) »

2017年9月24日 (日)

日本小集団協会の9月研究会 (№4418)

日本小集団協会の9月研究会
〇日 時:9月24日(日)9.00~12.00
〇会  場:大阪府立労働センター608号室
 
〇報告テーマ:
・東芝、日米韓に売却決議
・コーチング研修
・TA理論を応用した事故分析「エコグラム」
・リース業界の特徴と実態
・トップポイント9月号を基礎とする考察
・改革に終わりなしit経営不滅のキーワード
・日経マンスリーレポートiot事例
・人とロボット.二人三脚工場
・生産性10倍の新型状歯車
・マルチスタンダードsensor tagキッド
・ソニー変身、収益源多彩、
・「リカーリング」モデル継続型で稼ぐ
・hoomdoorのビジネスモデルと成功要因分析
・情報セキュリティ10大脅威2017
・iot事業化セミナー
・事業承継に関する支援と施策動向
・日本人が見習いたい、陽気なメキシコ人の「すばらしい働き方」
・倉本長治、商売十訓の教え、
・小さなスーパーの世界一のサービス
・iot装備自販機が、情報提供でコンビニ参入
・EV革命、基幹産業の自動車を失うわけにはいかない
■竹内準治先生、本日の小集団協会研究会にご出席いただき、月刊知的情報誌「トップポイント」による講義・演習、研鑽に関するご教訓を賜りお礼申し上げます。
▼メキシコ視察で、ドイツとの共通点は移民を受け入れ、家庭を大切にする文化、日本の働き方改革でも学ぶ点があります。
▼ICT化では、中国に追い越されています。乞食までもスマホで投げ銭やお賽銭受領、電子マネー、EC取引、シエア自転車、電気自動車化など。中国政府は自動車産業の育成を国家戦略として推進しています。...
▼マルチスタンダードSensor Tagキッド、Raspberry Pi2 Model Bのご紹介など、大きな変化は「好機」ととらえ、変化を先取りしたい。大変刺激ある勉強会でした。20170924032017092498 2017092493_22017092494

|

« 中小企業診断士理論政策更新研修 (№4417) | トップページ | 白内障の検査 (№4419) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。