« アベノミクスの効果は? (№4452) | トップページ | センサーデータなどの分析による生産現場の改善 (№4454) »

2017年10月29日 (日)

文楽とルネサンスダンスの邂逅 (№4453)

【宗教改革500年記念公演】
楽 劇『ル タ ー』 -文楽とルネサンスダンスの邂逅(かいこう)-
 
■10月29日(日)15:00--16.30

■日本福音ルーテル大阪教会
■演   目

▼文楽 新作「ルター」創案・詞章 植村寿一
     太夫 六代 豊竹呂太夫
     三味線 竹澤團吾
 
▼ゴスペル・イン・文楽 特別賛助出演
     人形 桐竹勘壽 他
 
▼ルネッサンス・ダンス「カタリーナ」
     ダンス・振付・演出 湯浅宣子
     ダンス 和気ユリ
     ソプラノ 平井満美子
     リュート 佐野健二
浄瑠璃太夫をつとめられた豊竹呂太夫師はクリスチャンにしてプロテスタント、ルター派の敬虔な信徒でいらっしゃいます。
今回の公演では文楽(義太夫浄瑠璃)とルネッサンスダンスという東西の両芸術が、ルターの宗教改革をテーマとして邂逅し、統合されていきます、
2017102973201710296920171029742017102978_2
 

|

« アベノミクスの効果は? (№4452) | トップページ | センサーデータなどの分析による生産現場の改善 (№4454) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。