« HACCPの義務化と環境法の動向 、ISO研究会へ(№4436) | トップページ | 雨天用プログラムの運動会 (№4438) »

2017年10月13日 (金)

江戸時代の大坂にとって蔵屋敷の役割は (№4437)

10月 13日(金)は
第20回 館長講座「館長と学ぼう 新しい大阪の歴史」
▼日 時:10月 13日(金)14.00--15.30
▼会 場:大阪歴史博物館 4階 講堂
▼演 題:「大坂にとって蔵屋敷とは何だったか?」
▼講 師:豆谷 浩之氏
 
■「天下の台所」と称された江戸時代の大坂には、数多くの蔵屋敷が置かれていました。蔵屋敷には、年貢米の流通拠点という以外にも様々な側面がありました。そうした点を、都市大坂とのかかわりは?(案内文より)
20171013692017101370_2

|

« HACCPの義務化と環境法の動向 、ISO研究会へ(№4436) | トップページ | 雨天用プログラムの運動会 (№4438) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。