« 文楽とルネサンスダンスの邂逅 (№4453) | トップページ | 可視化経営システムづくりのノウハウ (№4455) »

2017年10月30日 (月)

センサーデータなどの分析による生産現場の改善 (№4454)

10月30日(月)ザ・リッツ・カールトン大阪
SAS Analytics Network OSAKA 2017
 
◇「Analytics Economy」 代表取締役 堀田哲也氏
-------------------------------------------------------
◆将棋の現役名人を倒したコンピューターソフト『Ponanza』の作者が特別講演
 「人工知能の隆盛と今後の発展」
 愛知学院大学 特任准教授、東京大学先端科学技術研究センター客員研究員
 HEROZ(株) リードエンジニア
 山本 一成 氏
-------------------------------------------------------
◇「データサイエンス構想から3年、全社PJ設立から2年での成果」
 コニカミノルタジャパン株式会社
 経営企画本部 データサイエンス推進室 室長
 矢部 章一 氏
-------------------------------------------------------
◇「人工知能技術と業務改善」
 塩野義製薬株式会社 解析センター
 北西 由武 氏 / 藤原 正和 氏
------------------------------------------------------
◇「製造業における効果を出すビッグデータ活用
  ~センサーデータなどの分析による生産現場の改善と科学的管理の実践~」
 株式会社村田製作所
 モノづくり強化推進部 情報活用推進課
 新野 隆司 氏
------------------------------------------------------
◇「SASを活用した製造業における異常検知の事例紹介」
 有限責任監査法人トーマツ
 デロイトアナリティクス パートナー
 矢部 誠 氏

|

« 文楽とルネサンスダンスの邂逅 (№4453) | トップページ | 可視化経営システムづくりのノウハウ (№4455) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。