« 階段垂直マラソンとハルカス気象大学 (№4466) | トップページ | 泊園書院跡の標識 (№4468) »

2017年11月13日 (月)

泊園書院と大坂の絵画 (№4467)

(№4466)11月13日(火)の公開講座フェスタ2017は
 
◆演題:「泊園書院と大坂の絵画」
 
◆講師は関西大学東西学術研究所
             泊園記念会 
             関西大学文学部教授 中谷伸生氏
 
◆講演の目次
1.泊園書院。藤澤南岳と大坂の絵画をめぐって
2.江戸時代の写生派、円山応挙
3.沈 南蘋の来日と写生派の流行
4.木村蒹葭堂と大坂画壇
5.大坂の西山芳園の絵画
6.森一鳳、玉手棠洲(とうしゅう)
7.藤澤南岳の芸術趣味
 
◆講演の要旨
江戸時代後期の大坂に藤澤東畡が開いた漢学塾の泊園書院は、明治初期にその子の藤澤南岳によって再興され、多くの門弟を抱えた。南岳は大坂の絵画をこよなく愛し、画集の出版にも深く関わっている。大坂の絵画」を紹介しながら、南学の芸術趣味を明らかにしたい。
◆関連WEB:藤澤南岳2017111393

|

« 階段垂直マラソンとハルカス気象大学 (№4466) | トップページ | 泊園書院跡の標識 (№4468) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。