« いつの間にか「仕事熱心」をやめた日本人(No4521) | トップページ | 世帯所得格差「ジニ係数」は上昇傾向、ITが雇用を奪う(No4523) »

2018年1月 7日 (日)

天満橋の「水上さんぽ」は楽しそうです(No4522)

7日(日)ラジオ体操の次は天満橋の「水上さんぽ®」教室の見学。午後は風邪引きかけのため休む。本日の7374歩。
 
■「水上さんぽ®」は、今注目のスタンドアップパドル(Stand Up Paddle/通称SUP:サップと呼ぶ)に乗って、普段見慣れた街の景色を水上から眺め発見するアクティビティのことです。大きなボードの上に立ってパドルで漕ぎ進むスタイルは、エクササイズにも効果的です。2009年、都心の水辺の魅力を知ってもらうため、公共の水辺施設(船着場や雁木等)を有効活用した水辺体験イベントとして大阪府・大阪市の協力のもとスタートしました。*201801079120180107992

|

« いつの間にか「仕事熱心」をやめた日本人(No4521) | トップページ | 世帯所得格差「ジニ係数」は上昇傾向、ITが雇用を奪う(No4523) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。