« 15日から19日の行事(No.4527) | トップページ | マンション管理組合の恒例の新年会(No.4529) »

2018年1月13日 (土)

世界史の潮流を見極める-2035年の世界を展望して(No.4528)

1月度の新春武藤記念講座に参加しました。別室のテレビでご覧になられた方も出る超満員の盛況でした。
◇第1040回の記念講座
演題:「世界史の潮流を見極める-2035年の世界を展望して」
講師:京都大学名誉教授 中西輝政氏
日時:1月13日(土)午後1時30分~3時30分
場所:大阪:國民會館 武藤記念ホール
要旨:十月の党大会で毛沢東以来の絶大な権力基盤を確立した
   中国の習近平政権は直ちに画期的な国際金融の市場開放
   に踏み切った。他方、米国のトランプ大統領はアジア歴
   訪でも一国主義の立場を鮮明にした。切迫する北朝鮮危
   機の中にも、「地政学から地経学」への世界史の潮流変
   化の流れは変わらない。2035年の世界とアジアとい
   う展望の中で日本の新しい国家戦略の方向を探る。
      ■1)米中関係の変遷
   インド、中央アジア、中東アフリカ、ヨーロッパへと西
   へ西へと向かう。2035年中国は米国のような一流国
   になり、2049年建国100年を迎える。
   中国の動きに対して、米国はどう動くか。米中関係が日
   本の将来を決める。多極時代を迎える。 
    ■2)新しい社会主義
   米国のサンダースブーム、英国のチャバスをののしる。
   3月4日の投票のイタリア選挙結果はEU離脱のカギを
   握る。世論調査での各党の支持率は、欧州連合(EU)
   に懐疑的な新興政党「五つ星運動」が約28%とトップ
   となっている。、
   ■3)中国がスタンダードをとる
   自然エネルギー利用推進、海洋国家から大陸国家へ、
   「一帯一路」へ。   日本は中国に対して「1/4戦略」を。201801130820180113102018011311

|

« 15日から19日の行事(No.4527) | トップページ | マンション管理組合の恒例の新年会(No.4529) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。