« 次は情報セキュリティマネジメントシステムの整備を(No.4572) | トップページ | 筋肉のように「英語脳」を鍛える(No.4574) »

2018年2月27日 (火)

「話す」ための、ライザップ式英語勉強法(No.4573)

東京の書店で「ライザップ式の英語トレーニングを自宅で体験できる本」を見つけました。
あのライザップが展開する英語事業「ライザップイングリッシュ」のオリジナルメソッドを初公開。
英語で言いたいことを表現するために不可欠なアウトプットスキルを最短2カ月で徹底的に鍛え上げる。
厳選した391構文の音読・暗唱を反復するトレーニングで、英語を「話す」反射スピードが身につきます。
オンライン音声付録付き。
【出版社】株式会社プレジデント社
発売日: 2017/12/29;
 
【Contents】
1.「話す」ための、ライザップ式英語勉強法
なぜ、TOEIC800点でも英語を話せないのか?
筋肉のように「英語脳」を鍛える
挫折しないための、3つの鉄則
英会話の土台となる「単語」の暗記法
バイリンガル脳になる「リスニング力」の鍛え方
停滞期を乗り切るメンタルの保ち方
脳研究者が教える、「超」効果的な勉強法 ●池谷裕二
忙しい人のための、勉強時間のつく方 ●西成活裕
Coffee Break 1 なぜ、日本人の発音は伝わらないのか
 
2. 「英語脳」を鍛える「超反復」トレーニング
「超反復」トレーニングの進め方
オンライン〈音声付録〉の使い方
 
3. 徹底取材で体感した「ライザップイングリッシュ」
3カ月間W体験│ライザップ・メソッドは本当に「 結果にコミット」するのか 
統括責任者が語る│なぜ、ライザップが英語なのか ●山口正也
マネージャーに聞く│ライザップイングリッシュのトレーナーに求められるもの ●荻野晶子
受講生に直撃取材│ライザップイングリッシュは何が違うのか

|

« 次は情報セキュリティマネジメントシステムの整備を(No.4572) | トップページ | 筋肉のように「英語脳」を鍛える(No.4574) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。