« 「話す」ための、ライザップ式英語勉強法(No.4573) | トップページ | 「挫折しないための,3つの鉄則」(No.4575) »

2018年2月28日 (水)

筋肉のように「英語脳」を鍛える(No.4574)

英語は学ぶものではなく鍛えるもの。「超反復」トレーニングで英語を発話する感覚を身につけていきます。

ライザップ式「発話トレーニング」のルール
1.
中学英語レベルの単語・構文を使って繰り返し暗唱する

ライザップイングリッシュは、ビジネスの現場で実際に使えるように、一部、ビジ ネス向けの語彙を採用しています。 


2.身体になじませ、口に記憶させて、発話する感覚を身につける
何度も反復することで、英語を話す口の動かし方が脳にインプットされていきます。スピード感を持って、脳に叩き込んでいくイメージで行います。脳科学的に効率的なメソッドです。


3.
毎日2~3時間の勉強時間を確保する

  筋トレも間隔を置き過ぎると効果が薄れてしまうように、英語も基本的に毎日触れることが大事。ダラダラと続けるよりも、最短2ヶ月の短期集中トレーニングだからやり切ることができるのです。
「ライザップ式『超反復』英語トレーニング」 P11より20180228_2

|

« 「話す」ための、ライザップ式英語勉強法(No.4573) | トップページ | 「挫折しないための,3つの鉄則」(No.4575) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。