« 北船場ゆかりの6家に伝わる雛人形(No.4578) | トップページ | IoTで生産状況の可視化、不良率の低減4.5→1.9%(No.4580) »

2018年3月 4日 (日)

近世大坂周辺農村の経済成長を考える(No.4579)

■日時:3月3日(土)14.00~16.00
■会場:大阪市立中央図書館 5階 大会議室
■演題:近世大坂周辺農村の経済成長を考える
■講師:萬代 悠氏 大阪市史料調査会調査会員
今年度、大阪市史編纂所は、西成郡の村々を取り上げた「新修大阪市市第11巻」を刊行します。その記念に講演会が開催されました。
西成郡は現大阪市北部・中央西部です。近世後期の西成郡の農村部で、雇用労働者を使い商品を生産する「富裕な農業経営」が存在し、都市化の進展と非農業部門(製造業やサービス業)の発展から大坂周辺農村の経済成長へとつながっていった歴史についてご説明をいただきました。20180303162018030317

|

« 北船場ゆかりの6家に伝わる雛人形(No.4578) | トップページ | IoTで生産状況の可視化、不良率の低減4.5→1.9%(No.4580) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。