« コンサルタントに求められる声の力(No.4592) | トップページ | コインロッカー革命! ecbo(エクボ)荷物預かりサービス」(No.4594) »

2018年3月18日 (日)

閑静なたたずまいの奈良の名勝「依水園」、「吉城園」(No.4593)

墓参りのあと、平成30年5月1日、新センター開院予定の奈良県総合医療センターの周辺を見学しました。バスは昨日17日から新停留所「七條西」からスタートしています。
■関連WEB:奈良県総合医療センターが平成30年5月1日新センター開院予定 
■いつもどおりの近鉄奈良駅から奈良県庁、名勝「依水園」、吉城園を巡った。■「天の原 ふりさけば 春日なる 御嵩の山に 出でし月かも」阿倍仲麿。依水園という名は万葉集に詠われた吉城川の水に依っていることと、杜甫の漢詩の「名園依緑水」を引用しているとも伝えられています。
▼ここは周りから隔絶された別世界、若草山、御蓋山、 高円山の三山が見える場所に奈良晒を扱う将軍ご用達商人だった清須美道清が「三秀亭」を建て、庭園をつくりました。■「依水園」の隣に、吉城園の庭園も閑静なたたずまいを呈しています。
▼ 吉城園(よしきえん)は、「興福寺古絵図」によると同寺の子院の摩尼珠院があったところとされています
■関連WEB:依水園
■関連WEB:吉城園
第19回依水園文化講演会
日時:4月21日(土)13.30~15.00
演題:「依水園と翠門翁」
受講料:2000円
定員:50人、要予約
申込:電話:0742-25-07812018031864

2018031879_22018031880_2

|

« コンサルタントに求められる声の力(No.4592) | トップページ | コインロッカー革命! ecbo(エクボ)荷物預かりサービス」(No.4594) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。